こんにちは。たちばなです。
本日は木曜日。東京神田小川町の事務所からのブログ発信です。

DSC_0173 (002)


ここ一か月ほど・・・・左肩が痛くってね。
誤魔化し誤魔化し仕事してきたんだけどさ・・・・どうにも痛みが我慢できない。
左腕が肩から上に上がらないんだ。

「四十肩?それとも五十肩?」と気に病んでいたんだ。
とうとう我慢ならなくなって・・・・仲良しの柔道整復師を呼んだ。

千葉司君。
元 独立リーグのプロ野球選手。
日本ハムの入団テストも合格したことあるんだってさ。

3年前くらいにWEBを通じて仲良くなった。
「飲みに行きたいです!」って言えば、連れていく感じ。
一度、新潟のワタシの家まで来た事もあるんだ(笑)
飲みにつれて言ったら、「銀だらの味噌漬け」を2切れも喰いやがった(笑)


彼は、「一円以上なら、施術の評価はお客様が決めてください」って言うのがウリなんだ。
相当の自信家(笑)

「わりーんだけど、肩が痛くて上がらないから、一円払うから事務所来てくれ」って連絡したら・・・・来た(笑)


DSC_0172 (002)
DSC_0171 (002)


いやいや・・・・痛ぇーのなんの!
千葉君曰く、「そうとうナマってますね」と(+_+)

「お客さんが痛がると、施術を止めたり、弱めたりする人が殆ど。
痛いところを乗り越えないとダメだから、性悪じゃないと、良いマッサージは出来ません。」

これ言いながら、痛がるワタシを無視して・・・・どんどんモミモミ・・・・・。
施術時間約20分。
汗だくな千葉君(笑)
すげー仕事だ!( ̄▽ ̄)

「たちばなさん、四十肩とか五十肩とか、そう言うのじゃないです。
ヘンな寝かたをしただけ。痛いから動かさない。だから廻りの筋肉がガードしちゃうから痛みが治まらないんです。動かしてください。」と。

正直言って、肩はまだ痛い。
でも、これでいいんだって。
確かに、肩より少し上には上がっている。
「痛いの我慢して動かしてください!」と指令を受け、彼は「次の予約がある」との事で、帰宅。

施術費用は・・・・・ナイショ。
でも一円じゃないからね(笑)
今度、飲みに連れて行ってやろう!(笑)


さて、本日もSNSに投稿した記事にお付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間をワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧になるのでしたら幸いです<(_ _)>

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2月21日 Yahoo!ニュース ・ 朝日新聞デジタルより
【シェアハウス投資、前社長「だますつもりはなかった」】 から
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00000005-asahi-soci

たちばなです。
 
「カネを貸すか?貸さないか?」の判断は、「貸す側」に100%の権限が委ねられる以上、借入依存度の高かったスマートデイズ社(以下・スマート社)の存否の最終決済権は銀行が握っていた、という事。

手術中に、「輸血をするのか?しないのか?」の判断を、患者がせずに医師がするのとおんなじ。...
 
つまり、自らの判断で高属性の ”にわか投資家” に、「投資」する事を決め、実行したのも銀行。
それに関わるスマート社の融資を停止し、同社の息の根を止めたのも銀行。
だから、「諸悪の根源は銀行にある」という事。
 
なぜ、こういう報道をマスコミがしないのか??
それは、大事なスポンサーさんだからだよな(笑)
  
 
たちばなはじめは、亡父から「弱きを助け 強気を挫け」と教えられ、育ち、今日に至っている。
 
”にわか投資家” も、弱いから助ける。
スマート社も、所詮は中小企業。助けないけどイジメない。
銀行は、強いから・・・・フフフ( ̄▽ ̄)
 
 
 
ワタシはワタシに出来る事を、法律守って、親父の教えを守って仕事をし、収益を上げる。
 
あぁ・・・・なんて、たちばなはじめってカッコイイんだろう!
誰も言ってくれないから、自分で言う事にする(笑)  

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
シェアハウスに投資した会社員らのオーナーに賃料が払われないトラブルが相次ぐ問題で、オーナー約700人を抱える不動産業者スマートデイズ(東京)の前社長、大地則幸氏が20日、朝日新聞の取材に応じた。
賃料不払いの状況に陥っていることについて「だますつもりはなかった」と釈明した。

スマートデイズは長期の賃料収入を保証してシェアハウスのオーナーを勧誘。
割高な物件を売って利益を上げた。昨秋から賃料支払いが滞り、年初からは不払いになっている。
大地氏は1月12日付で退任した。

大地氏は、オーナーへ物件を売って得た利益で約束した賃料を払う「自転車操業」だったことを認めた。
「(事業の)スタート段階では『自転車操業』の時期も必要。規模を増やせば家賃以外の収入で軌道にのせられた」とした。
自らもシェアハウス2棟を買って賃料が未払いになったとし、「だます人が自分では買わない」と主張した。

シェアハウス投資では、多くのオーナーが地方銀行のスルガ銀行(静岡県沼津市)から融資を受けた。
その融資関係書類の改ざんなどが確認されている。
大地氏は「(不正は)聞いたことはあるが、不正をする会社は排除した」と話し、売買や融資関連の実務は仲介業者任せで関わっていないとした。
スルガ銀の融資が多いのは「審査が早く融資額も大きいからだ」と説明。同行の支店幹部と定期的に情報交換もしていたと明かした。

オーナーが物件購入の融資と同時に、フリーローンを受けるケースなどが多いのは「ノルマが大変だからだろう」と語った。(藤田知也、久保智)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2月21日 見田村元宜 税理士のSNS投稿から

たちばなです。
 
要は「お前ら・・・遊び過ぎだ!」って役人が指摘してる、って事だろう(笑)
 
「地域貢献」に名を借りて、好き勝手やり過ぎなんだって。...
  
ワタシも当時はよく遊んだわ(笑)
遊び過ぎて、小売業の会社潰して6億円の多重債務者になった(笑)
カネも無いくせに、カネあるフリして・・・夜の街を闊歩した。
39でカネ無くなって、中途退会したから、ワタシはルール上OBではない。
 
「委員長!」だの「副会長!」だの呼ばれてご満悦だったのは、今となっては恥ずかしい思い出だよ。
オレは、「虚栄心の塊」だったから。
今でも付き合いが続いているのなんか・・・・1%も無い。

毎年1月に「京都会議」と称して、全国のメンバーが京都に集まる。
「日本中のバカが、毎年1月に京都に集まる」と揶揄されている。
 
JCは楽しかった。
でも、感謝、と言うのとはちょっと違う。
 
【一定規模の組織体の中で、諸問題に関して、自分の思考や、自分の行動が、周辺から客観的にどのように判断されるのか?】

を検証する上で、丁度よい組織体だった。
 
弁舌も多少は・・・・JCで磨いたこともあるだろう(笑)
 
JCでの最大の収穫は・・・・妻をめとった事だな(笑)
JCの仲間との合コンで知り合ったのだから(笑)
妻の獲得は、損金では落とせない(爆)

レーコちゃんとの婚姻関係も、5月で14年目を迎える。
仲いいよ。たまにしか会わないからね(笑)
レーコちゃん、来週の火曜日に帰りますね( ̄▽ ̄)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

JC(青年会議所)の活動費は経費になるのか?

これは約1年前のメルマガにも書いたネタですが、最近、質問があったので、ここにも書きます。

これを経費にしているケースが「よく」ありますが、役員賞与として否認されます。

全額が損金不算入で、給与として源泉所得税の対象にもなります。

結果として、仕事が取れているかどうかは関係ありません。

実際、過去の国税不服審判所の裁決事例でも「新規事業の開拓などになったとしても、副次的な効果にすぎず、事業の遂行上必要なものであったということはできない。」と判断されています。

社長が現役の時代に二代目が人脈を広げる目的でJCに参加しているなどのこともよくありますが、どういう状況であれ、これは否認されますので、ご注意頂ければと思います。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

 問い合わせバナー

 ■たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ