こんにちは。たちばなです。
本日は金曜日。上京中の上越新幹線車内からのブログ発信です。

26841105_550480851952656_4053382816909912851_o


今日から、また国内各地を行脚するのですが・・・・今回はいつもの出張とは違います。
なんと・・・・新潟に帰る日が、まだ決まっていないんです。

一週間後に、一日だけ新潟に帰れるかどうか・・・・でも、面談要請が多ければ、そっちを優先しなきゃいけないし・・・・。

そんな感じで、スケジュール管理をしなければいけない環境になりました。
最長で11泊12日の旅程になります。

あちらこちらと・・・・各地をセミナーで巡ります。
詳細やお申し込みは・・・【たちばなはじめ公式サイト】から。
http://tachibanahajime.net/


たちばなはじめの行動計画を下記の通りご案内します。

2月16日       都内
2月17日~18日  大阪市内
2月18日~20日  名古屋市内
2月20日~21日  都内
2月23日~24日  都内
2月24日~25日  熊本市内
2月25日~26日  福岡市内
2月26日~27日  都内

取り急ぎ、2月いっぱいのスケジュールです。
予定が埋まっている時もあります。
予定が空いている時もあります。

まずは一度面談要請されてください。
お目にかかれなくても、Skype面談対応します。
移動交通費も削減出来ますし、時間的拘束の負担も減ります。

資金繰り改善は、一人で抱え込んでも絶対に光明は見出せません。
最悪、ワタシでなくてもいい。
誰かに声を発してください。
SOSを出してください。

何もしないよりは、まだその方が良い。
でも出来れば、その相談先がワタシであった方が良いです。
それはワタシの為ではなく、あなたの為に、です。



さて、本日もSNSに投稿した記事にお付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間をワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧になるのでしたら幸いです<(_ _)>

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2月14日 LiveDoorニュース・朝日新聞デジタル より
【奨学金破産、過去5年で延べ1万5千人 親子連鎖広がる】 から
http://news.livedoor.com/article/detail/14288560/


たちばなです。
 
「日本の学生を支援する国の機関」が、苦学生の足下を見て、ニンジンぶら下げて、パクつかせて、利息をハねる。
ハネる事が出来なくなると、その親や親族に肩代わりさせる為に、連帯保証をつけさせる。
返せない様になると、第三者にその情報を流布して、苦学生やその周辺の信用情報を棄損させ、将来が不安定なものになるように画策する。
 
これが、「日本学生支援機構」という看板を背負っているんだ。
カネが無い学生の親や親戚も・・・・たいていカネが無ぇーんじゃねーかな!!
  
本音と建前が横行する、ダブルスタンダードの偽善国家、ニッポン!
 
「借りたカネを返すことは当たり前だ!」という思考が、資金的困窮者を更なる窮地に追い込んでいる事が解らない不勉強国家、ニッポン!
 
「法律の事は弁護士さんに・・・」という社会的評価にあぐらをかき、法律の本質を教えない弁護士が40000人もいる国、ニッポン!
 
「弱きを助け 強気を挫く」という教えは受けているのに、資金的に困窮すると、資金的強者への対応を優先し、弱者が後回しになる国、ニッポン!
 
子どもには、「欲しいものがあったらお小遣い貯めて買いなさい」と教育するのに、自身はカネが不足するとすぐ借りようとする国、ニッポン!
 
連帯保証人制度なんて、G8の中で存続しているの・・・日本だけなんだよ。
日本以外は、「貸し手側の責任を問う」なんて当たり前の発想だよ。
そして・・・国内法は、既に貸し手側の責任が問えるように法律は出来上がっているよ。
  
連帯保証人になっていて、先々を不安に思っている人。
連帯保証人になって、既に連帯保証債務に苦しんでいる人。
子どもの奨学金の為に、連帯保証人になろうとしている人。
 
ワタシの情報が、必ず役に立ちます。必ずです。
「子供の為に、子供を助ける為に、子供の連帯保証人になる。」なんてことが美談になること自体、不勉強であり、娑婆知らずです。
 
だからさ・・・・一度、セミナーにおいでよ。
だからさ・・・・一度、個別相談申し込んでよ。
 
東京神田小川町に来てくれてもいい。
Skypeで話すのもいい。
 
 
 
SNSで、30代後半と思しき男性が、「奨学金の返済が終了した!」って投稿した記事を見た。
奨学金の返済が終了した事が記事になる時点で、返せないヤツが山ほどいる事に思案が及ばないかな???
 
返せる人は、無論返すべき。
でも、その返せた、と言う情報が、返せない人への「負のプレッシャー」になる事を知って欲しい。
 
でもさ・・・この人、返済終了に何年かかったんだろうね!?
もし、この人が、奨学金の返済を停止したら・・・法律で5年か10年で終わるんだよね。
 
「事実は小説より奇なり。」  
 
全てのお問い合わせは・・・・【たちばなはじめ公式サイト】から!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

奨学金破産

国の奨学金を返せず自己破産するケースが、借りた本人だけでなく親族にも広がっている。

過去5年間の自己破産は延べ1万5千人で、半分近くが親や親戚ら保証人だった。
奨学金制度を担う日本学生支援機構などが初めて朝日新聞に明らかにした。
無担保・無審査で借りた奨学金が重荷となり、破産の連鎖を招いている。

 
機構は2004年度に日本育英会から改組した独立行政法人で、大学などへの進学時に奨学金を貸与する。
担保や審査はなく、卒業から20年以内に分割で返す。
借りる人は連帯保証人(父母のどちらか)と保証人(4親等以内)を立てる「人的保証」か、保証機関に保証料を払う「機関保証」を選ぶ。
機関保証の場合、保証料が奨学金から差し引かれる。16年度末現在、410万人が返している。


機構などによると、奨学金にからむ自己破産は16年度までの5年間で延べ1万5338人。
内訳は本人が8108人(うち保証機関分が475人)で、連帯保証人と保証人が計7230人だった。
国内の自己破産が減る中、奨学金関連は3千人前後が続いており、16年度は最多の3451人と5年前より13%増えた。


ただ、機構は、1人で大学と大学院で借りた場合などに「2人」と数えている。
機構は「システム上、重複を除いた実人数は出せないが、8割ほどではないか」とみている。
破産理由は「立ち入って調査できず分からない」という。


自己破産は、借金を返せる見込みがないと裁判所に認められれば返済を免れる手続き。その代わりに財産を処分され、住所・氏名が官報に載る。一定期間の借り入れが制限されるなどの不利益もある。


奨学金にからむ自己破産の背景には、学費の値上がりや非正規雇用の広がりに加え、機構が回収を強めた影響もある。
本人らに返還を促すよう裁判所に申し立てた件数は、この5年間で約4万5千件。
16年度は9106件と機構が発足した04年度の44倍になった。
給与の差し押さえなど強制執行に至ったのは16年度に387件。04年度は1件だった。


奨学金をめぐっては、返還に苦しむ若者が続出したため、機構は14年度、延滞金の利率を10%から5%に下げる▽年収300万円以下の人に返還を猶予する制度の利用期間を5年から10年に延ばす、などの対策を採った。だが、その後も自己破産は後を絶たない。


猶予制度の利用者は16年度末で延べ10万人。その期限が切れ始める19年春以降、返還に困る人が続出する可能性がある。(諸永裕司、阿部峻介)


〈国の奨学金制度〉 1943年に始まり、現在は日本学生支援機構が憲法26条「教育の機会均等」の理念の下で運営している。2016年度の利用者は131万人で、大学・短大生では2・6人に1人。貸与額は約1兆円。
成績と収入の要件があり、1人あたりの平均は無利子(50万人)が237万円、要件の緩やかな有利子(81万人)が343万円。
給付型奨学金は17年度から始まり、新年度以降、毎年2万人規模になる。

高校生向けの奨学金事業は05年度に都道府県に移管されており、全額が無利子の貸与となっている。大学生向けで給付型を採り入れている自治体もある。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2月14日 Yahoo!ニュース・朝日新聞デジタル より
【奨学金受けた息子亡くし8年、夫婦に265万円の督促状】 から
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000058-asahi-soci


たちばなです。
 
これでも、借りたカネを返すのは当たり前だと思う!?
 
「レアなケースだ!」と、臭いものにフタをする!?
 
「オレにはかんけーねー」と、受け流す!?
 
 
「道義的見地から、借りたカネは返すべきだ!」と言う人は多い。

でも、ワタシは言うよ。
「道義的見地から、借りたカネは返すべきでない!」とね。
   
これでワタシは今日も怪しまれ、批判を受ける(笑)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
■奨学金破産

手元にはA4封筒の束がある。
中には奨学金の貸与が決まったことを告げる、日本学生支援機構からの通知。
埼玉県立蕨(わらび)高校の仲野研(けん)教諭(59)は高3の生徒たちに配り、呼びかけた。

【写真】申込書類を書いたのは?

「開ける前に、自分が月々、いくら借りることになるのか封筒の端に書いてごらん」

正しく書ける生徒は約100人のうち7割ほど。
「じゃあ、大学を卒業したら、どれぐらいの金額になる?」「毎月、いくらずつ返す?」。ペンをもつ生徒たちの手が止まった。

仲野教諭らが担う「奨学金」事務は、申請書類を集めて機構に送るなど、手続きを支えるのが役割だ。
作業は単純だが、数百万円単位のお金に関わるだけに責任は大きい。

 「私が借りた40年前と違い、いまは利子がつく場合もあるし、回収は厳しい。
借りるデメリットも知らせないと、子どもたちを窮地に追いやりかねない」。
生徒や保護者には、「奨学金といってもローンです」と伝えている。

      ◇

 0・37%――。
機構が2016年度、回収が難しいと見込んだ奨学金約1690億円のうち、実際に債権回収をあきらめた割合だ。
同じように税金をもとに事業を運営する機関では、教育ローンなどを貸す日本政策金融公庫(国民生活事業)12・3%、個人向けに融資する商工組合中央金庫6・4%。比べると、桁違いに低い。

機構は、債権放棄の基準をこう定めている。
〈返還未済額が1万円未満でかつ2年以上無応答〉

つまり、1万円でも残額があり、2年前まで連絡がついていれば請求を続ける。
例外は自己破産、行方不明など。本人が死亡しても、債権を放棄するとは限らない。

12年秋、北海道の港町に暮らす夫婦のもとに、265万円の一括返還を求める督促状が届いた。
39歳の息子を膵臓(すいぞう)がんで亡くし、8年がたっていた。
「なんで、いまごろ」。連帯保証人である夫宛ての書類を見ると、息子は借りた185万円のうち80万円ほど返していた。
残金と利息の合計123万円に加えて、延滞金が142万円。延滞金は死後の分も含まれていた。
妻(77)が機構に電話をすると、担当者は言った。「払えなければ裁判になります」。
脅されているようだ、と感じた。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

  問い合わせバナー

 ■たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ