こんにちは。たちばなです。
本日は木曜日。名古屋駅前の「名鉄ニューグランドホテル」からのブログ発信です。

20265011_476353286032080_3726518369462477052_n


昨日は、23回目となりました、名古屋での定例セミナー。
名古屋はここ数年間でも一番の寒波が来ましてね・・・・・雪が降っちゃったよ(笑)

この荒天じゃ、セミナー聴講者も・・・・・6名でした。
いやいや、逆に良く6名も来てくださいましたよ。

遠くは浜松からお出かけくださった方もいる。
絶対助けなきゃいけないよね!
WEBでチラリと見かけただけのワタシに、いっときとは言え、人生を託してくれるんだからさ。

今日はこれから3件の方の個別面談の対応するんだけどさ、東海道新幹線動くんかね?
今日も今日で16時から東京神田小川町の定例セミナーだから、早く東京に戻らなきゃいけない。

新潟では妻が一日に二度も三度もも除雪しているらしい(笑)
出稼ぎのとーちゃんも頑張らなきゃね(笑)


3人ならば3通り。
10人ならば10通りのお悩みがある。
どれ一つとして同じものはない。

でも、問題の根幹が「借金問題」である以上は、法律は同じだよ。
国内法に基づいて、粛々と準備をしておけば、後は時の経過を待つ事で借金問題は解決するんだよ。



さて、本日もSNSに投稿した記事にお付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間をワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧になるのでしたら幸いです<(_ _)>

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1月23日 Yahoo!ニュース ・ ねとらぼ より
【結局、リボ払いって何がこわいの? 「残高が減らない仕組み」と注意点】 から
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00000026-it_nlab-bus_all


たちばなです。
 
「借金を払っても終わらない」のではなくて、
「借金は払っちゃうから終わらない」のです。
払うのを止めれば、基本的には5年で借金は終わります。
 
【商法第522条】を検索してみてね(^_-)
https://ja.wikibooks.org/wiki/%E5%95%86%E6%B3%95%E7%AC%AC522%E6%9D%A1
   
銀行の融資も同じ。
銀行員は、全額返済されちゃったら、もう儲けられない。
だから返済を続けると「終わらせないように」頑張る。
 
だから返済を続けると借金は終わらない。
返済をやめるといずれ借金は終りますね。
 
生きてるうちに、
元気なうちに、
子々孫々に借金を残さないために、
少しでも高く事業を売却するために、
家族や従業員や顧客や取引先を守るために……。
 
一番速効性があり、
一番費用がかからず、
一番事業に影響の少ない事業再生の手段が「借金返すのをやめること」なんですよ。
 
 
「道義的見地から借りたカネは返すべきだ!」と言う人は多い。
でもワタシは
「道義的見地から借りたカネは返すべきでない!」と主張する。
 
 
なんで、弁護士は世間にこういう法律を教えないのか?
その理由を良く考えようね。
 
「出来ない理由」を探すことに意味など無い。
「出来る理由」を探して仕事を頑張りましょうや!( ̄▽ ̄)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
今回はクレジットカードの機能の1つ、リボ払いのお話。
なんというか、評判悪いですよね。特にネット上では良い意見をあまり聞かない気がします。
ですが、実際のところはどうなのでしょうか。

リボ払いの基礎知識

そもそもリボ払いとは何なのでしょうか?
正式名称は「リボルビング払い」で、語源は英語のrevolve(回転する)。拳銃のリボルバーと同じですね。
この支払い方法の大きな特徴は「あらかじめ定められた金額以内の利用であれば、毎月の支払額が一定に保たれる」ということ。
限度額内で残高が上下しても毎月決まった額を払う「定額方式」、限度額内でも残高があらかじめ定められた閾値を超えると、支払いも決められた額まで増える「残高スライド方式」という2つの方式があります。

例えば、分割払いを何度も繰り返すと「前々回の残高に、前回の残高と今回の残高が乗る」という風にして、支払額がどんどん増えていきます。
うっかりすると「思ってたより支払額が多い!」と驚く事態になるかもしれません。
リボ払いでも、繰り返し利用すると残高にどんどん積まれていく点は変わりません。
しかし、支払い金額は基本的に毎月決められた分だけで済みます。

しかし、リボ払いでも、残高が増え過ぎると困ったことになってしまいます。
リボ払いの手数料は、毎月の一定の支払額の中に含まれており、支払額の全てが残高から減っていくわけではありません。
特に、限度額内で残高が上下しても毎月決まった額を払う「定額方式」の場合、残高が増え過ぎると、支払額内の手数料との比率が逆転することがあります。
こうなると「支払額の大半が手数料で埋まってしまい、残高が減らない」状態に陥る可能性も。

以上の内容を踏まえて、リボ払いの長所と短所をまとめてみましょう。
<リボ払いのメリット>
・支払う額が毎月同じ(残高スライド方式は残高次第で変わることもある)
 <リボ払いのデメリット>
・定額方式:残高が増え過ぎると、支払額中の手数料の割合が増える → 払っても払っても減らないという状態に陥りやすい
・残高スライド方式:残高が増えて閾値を越えると、急に支払額が増えることがある

いくら利用しても基本的に支払金額が変わらない点がリボ払いの魅力ではありますが、快適かつ安全に使うためには残高をきちんと管理して、増え過ぎないようにする必要があります。
多くのクレジット会社では会員専用のWebページが設けられていて、登録すれば逐一ネット上で利用明細が確認できるようになっています(※利用当日には反映されない場合も)。
リボ払いを使う時は細かくチェックして、残高が増えすぎないように調整することが大切だと思います。
あくまでも「ご利用は計画的に」ですよ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

  問い合わせバナー

 ■たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ