こんにちは。たちばなです。
本日は水曜日。東京神田神保町の「仮の住まい」からのブログ発信です。

26198509_543569879310420_2175979670217016439_o

ずっと酒席が続いていました。
昨日も・・・・二日連続の新年会でした。

昨日は、少々日本酒などを頂きながら、日本料理を頂きました。
オイシイお酒と、オイシイお料理、そして楽しい相手。


ワタシね・・・・いつも思うんですよ。
「今月もこうやって酒が飲める。自分で働いたお金で。自分で稼いだお金で。妻や子供や母親を養って、今日もこうやって酒が飲める。来月もまた飲みに出かけられるように頑張ろう!」って。
いつも飲みに出かけるたびに思うんです。


今日はね・・・・・日中に一件事務所にご相談者がおいでになって、その後の二人はSkypeでの面談でした。
その内のお一人は二年ぶりに面談要請を受けたんだ。

二年間で、負債も債権者数も増え、当事者の資金量は減り、前の職場はクビになり、転職をしたものの給料は下がり・・・・二人のお子さんは大学生真っただ中でカネはまだまだかかる。

今更言いたくも無かったが、やはり、言わざるを得なかった。
「二年前にやっときゃ、なんてことなかったのに・・・・」って。


知識・スキル・戦略はなにも事業主だけに必要なものでもない。
日本には、「カネ」について学ぶ環境があまりにも少なすぎる。
そして、「頑張ればどうにかなる」って思い過ぎる。
逃げる事は負ける事、と思い過ぎるんだ。

いざ、資金に余裕が出来なくなった時に、あまりにも無力すぎるんだ。



一昨日と昨日と・・・・主席が続いたので、本日はノンアルコールでおとなしくしています。
明日は東京神田小川町の定例セミナー。
お陰様で6名の定員満了を頂きました。


少しでも、日本人におカネに関する知識が増えるように。
少しでも、日本人におカネに関するスキルが備わるように。
少しでも、日本人におカネに関する戦略が立てられるように。

たちばなはじめはおしゃべりを続けます<(_ _)>
セミナー日程のご案内はコチラ↓
http://tachibanahajime.net/%e8%ac%9b%e6%bc%94%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%ab/



さて、本日もSNSに投稿した記事にお付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間をワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧になるのでしたら幸いです<(_ _)>

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1月16日 Yahoo!ニュース・読売新聞より
【てるみくらぶ社長宅、700万押収…資産隠しか】 から
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00050140-yom-soci

たちばなです。
 
彼女のやった行為は決して肯定されるべきでない。
しかしながら・・・・「破産」をしようとしたから管財人が資金管理をするようになり、それによって700万円が没収されたワケ。


という事は、彼女が「破産せず、事業を続けて債権者への弁済に努める」という選択をしたら、破産はしないのだから、管財人は設定されず、自らが資金管理をするワケで、それによって700万円は「弁済の為の資金」から「再生の為の資金」として残り続けただろう。
 
700万円回収出来て「良かったね」とはならない。
資金の大半は、管財人報酬や裁判費用に消え、数多くいる債権者にはほとんど廻らない。

だから、破産なんかしちゃダメなんだって。
弁護士なんか使っちゃダメなんだって。

ロクなことになりはしない。
彼女にとっても然り。
債権者にとっても然り。

喜ぶのは、法律家と裁判所だけ。
他はだーれも喜ばない。
 
繰り返すが、彼女の犯した行為は決して肯定されるべきではない。
   
 
追伸・複数のお方から、
「 ”てるみクラブ” と ”はれのひ” は、たちばなさんの仕事?」とメッセージを(笑)
ジョーダンじゃありません!
彼らのは「素人の仕事」です(笑)
ワタシが関われば、こんなに社会的非難を浴びるようなことにはなりません。
いや、そうならないための我々であると認識してくださいませ(^_^)v

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
破産手続き中の旅行会社「てるみくらぶ」(東京都渋谷区)の社長山田千賀子被告(67)(詐欺罪などで起訴)の自宅から、警視庁が現金約700万円を押収していたことが捜査関係者への取材でわかった。

破産管財人に申告していない金で、同庁は、隠し資産の疑いがあるとして、破産法違反(詐欺破産)容疑で捜査している。
同庁は、山田被告らを融資金の詐欺容疑で再逮捕した後、資産隠しの捜査を本格化させる。

同社は昨年3月27日、東京地裁に破産申請し、破産手続きの開始決定を受けた。
翌4月には、山田被告個人も破産手続きの開始決定を受け、破産管財人が現金と預金計数百万円を回収した。

同社の負債は、旅行代金など約151億円に上るとみられているが、昨年11月時点の資産は総額で約1億8800万円とされていた。
破産法は、破産者の財産は裁判所が選任した破産管財人が管理すると規定しているが、山田被告は自宅で発見された約700万円について、破産管財人に申告していなかった。
同庁は、没収されないよう、現金を隠匿していたとみている。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

  問い合わせバナー

 ■たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ