こんにちは。たちばなです。
本日は月曜日。新潟の自宅からのブログ発信です。

18320520_440011506332925_4123538127434639336_o


昨夕に新潟の自宅に戻りました。
帰りましたら、「たまには外食しない!?」と妻が。
「ふーん・・・いいよ。」とワタシ。

母と妻と三人娘とワタシ。6人で出かけました。
子どもたちがね・・・・・食べる量が増えているんですよ。
当たり前っちゃ当たり前なんだけどね。

長女は昨日、水泳の記録会だったようで、「おなかすいてるんだよぉ~」を連発。
次女も三女も、日曜日の日中は遊びつくしたようで、「おなかペコペコぉ~」と。


ウチは、生活費とか家計に充当するおカネはモチロンワタシが出していますが、ワタシの給料を全部妻に預けるワケではありません。
ですので、「貯蓄」はワタシが担当しています。
妻は、私たちの家計にどのくらいの貯蓄があるのかは知りません。
「貯蓄が無いかもしれない」とは思っていないようですが(笑)

一方で、妻も地元の美容院に勤務し美容師の仕事をしていて、いくらか給料をもらっています。
ワタシは妻がいくらもらっているのかを知りません。
だから、ワタシ達夫婦は、お互いにいくら持っているのか?を知らないんです。


そういう経緯があり、外食する時の支払いは、当然ワタシがするワケです。
ひところより、支払金額が格段に増えました。
子どもたちが良く食べるんでね(;´∀`)

今年喜寿を迎えた母も、元気いっぱい。酒量が落ちません。
生ビールを二杯。その後ハイボールを・・・・・数杯飲んでいました。
妻も酒が過ぎでね・・・・。


「自己破産させない屋」が破産するわけにもいかないので、
今後も一生懸命仕事して稼いで・・・・チョイチョイ外食に連れて行けるように稼がなければいけないですね(笑)



さて、本日もSNSに投稿した記事にお付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間をワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧になるのでしたら幸いです<(_ _)>

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

10月14日 東京神田小川町の事務所にて

たちばなです。
週末土曜日・・・いかがお過ごしですか?
 
ワタシは昨日も飲み過ぎました。
少々頭が痛いですが、ご相談者がおいでになるので休んでもいられません。
その前に、一件投稿しようと思います。

22424343_1264705387008919_1656592472492263845_o

 
【たちばなはじめの基本線】
その④ 「“平時の資金繰り対策” と “有事の資金繰り対策” の違い」
 
事業主でもサラリーマンでもいい。
みんなお仕事する時には「儲けよう!」という欲求の下に仕事を進めるのですよ。
口に出すか?出さないか?の違いはあるけど、敢えて「損しよう」と思って仕事をする人はいない以上、人は必ず儲けようと思って仕事をするんだよ。
 
でね・・・その「儲ける」という事の達成の為に皆さんが出来る事と言うのは・・・・・
① 売上伸ばす事
(客数増やす・客単価上げる)
② 経費減らす事
(仕入原価抑える・販管費抑える)
基本的にはこの2つしかないのです。
 
この①と②の差が、大きければ大きいほど「儲ける」という構図が鮮明になるのですよね??
ビジネスマンである以上、この①と②の行動を日々模索し継続し飛躍しようとしているワケですよ。
ワタシはこれは「平時の資金繰り対策」と呼んでいるのです。
 
ワタシは、ここに関しては「プロ」ではないのです。
① と②の達成の為にサポートする人間は、ワタシ以外に精通していたり、造詣の深い人物は数多います。
 
「平時の資金繰り対策」を実行したいなら、あなたのご相談相手は「たちばなはじめ」ではありません。
なぜなら・・・・たちばなはじめは「有事の資金繰り改善論者」だから。
 
【“有事の資金繰り改善策” は 平時の時とは、思考回路と実行手段を徹底的に変えないと乗り切れない!】
と、ワタシは言っているのです。
 
有事の時に、売上伸ばしたり経費を削減する行為は、完全に間違っています。
だって・・・今までそれをやり続け、
考え続けて・・・“有事” に陥ったのだから、
それを継続する事に意味が無いでしょう?
だから、有事になった時に、平時の対応をしてはいけないのです。
  
  
“有事” の時に当事者がやらなければいけない事は・・・・・
“借りたカネを返す事をやめる事” です。これしかない。これ以外にないです。

 
だって・・・・事業や仕事の継続に、必要なものと必要でないものを選別すると、最も要らないコストって・・・・借入金の元金と利息だもん。
 
有事において・・・・“事業の継続” と言う観点で考えてみようよ。
有事の時に必要なものと必要でないものの選別をするんだ。
 
・顧客の支持を得る為に顧客の為にお金を使う事は重要だよね?
・取引先から円滑に物品を仕入れたりする事にお金を使う事は重要だよね?
・従業員に頑張って貰う為に給料や賞与でイロをつける事って重要だよね?
・家族を養うために生活費を投入する事って重要だよね?
じゃあさ・・・・カネ貸してくれない銀行にカネを返す事って・・・・事業の継続と言う観点からは、重要??
 
ワタシは有事においては、借入金の元金と利息の支払いが、事業継続の邪魔をしていると思うし、これ以上の「足かせ」せは無いのではないか? と考えているんだ。
 
 
だから、有事の時には邪魔をする対象者を排除しなければいけないのだから、
顧客は必要であり、取引先・仕入先は必要であり、従業員は必要であり、家族が必要であり。
カネを貸さない銀行は・・・・必要ではないね。
  
どう??
ワタシって「目的と手段」がそろっているでしょう??(笑)

13173031_273892282944849_4926008228848638625_o


こういう事を発すると、すぐに多くの人が言うんだ。
「お前は道義的責任と言うものを考えたことが無いのか!」ってすぐ怒るんだ。
 
そういう人に言うんだよ。
「破産したら道義的責任が無くなるのかよ。
踏み倒すための資金を弁護士に支払うんだろう?
そこに道義的責任は無いのかよ。」って。

21544188_498274350506640_6417015881592788955_o

  
「会社の信用問題にかかわるじゃないか!」って言う思慮の浅い人間もいる。
そういう人にはこう答える
「顧客の信用は? 取引先への信用は? 従業員への信用は? 家族への信用は? 銀行なんかカネ貸してくれないんだから、もう信用なんかされてないじゃんか。」って。
  
ワタシが、かつて小売業の社長やっていて、返済停止した時に銀行の担当者と、こんなやりとりをしたことがある。
 
銀行員:「先月分の返済が実行されていません」
はじめ:「カネが無い。出来次第払う。」
銀行員:「払ってくださいよ」
はじめ:「払うから貸してよ」
銀行員:「貸せないですよ」
はじめ:「じゃ返せないわ」
銀行員:「ウチはプロパーですよ」
はじめ:「そりゃあんたがオレを買い被ったんだよ」
銀行員:「そんなこと言っていたら信用無くなりますよ」
はじめ:「まだ信用してるのか?じゃあカネ貸してくれ」
銀行員:「貸せるワケないでしょう」
はじめ:「じゃあ信用無いんじゃん(笑)」
銀行員:「今後どうされるおつもりなんですか?」
はじめ:「時間の経過による借金問題の解決を図る。5年か10年で借金はゼロ円だよ。帰っていいよ。帰らなかったら不退去か不法占拠で告発するけど、どうする?」
 
こうしてワタシは、月額元利返済約180万円の返済を停止し、
そこで浮いた月額180万円で、家族・従業員・取引先・顧客への貢献を果たしたんだ。
銀行はカネがあるから6億円返せなくても絶対につぶれない。
顧客・取引先・従業員・家族は・・・・つぶれる可能性が高い。
だから、銀行以外に迷惑をかけない為に、銀行に迷惑を集中させる事こそが、「有事における唯一の資金繰り改善法」なのですよ。
 
要るモノと要らないモノの選別をするのです。それが嫌なら、儲けるしかない。
儲ける為に仕事をしているんだろう?
だからその通りに儲けていれば、こんな事を考えずに済むよね?だから儲けなさいって!(笑)
だけど、資本主義経済社会である以上、必ず勝者と敗者が生まれるんだ。
そしてその比率は・・・・勝者が1割以下で敗者が9割以上だよ。
 
「必ず勝者になる!」という意気込みは大事だけれど、「勝者になる事」を保証できる?
あなたの保証無き金儲けレースに付き合わされる、客や取引先や従業員や家族がいる事を考えてほしい。
敗者になった時、敗者になりそうな時に・・・・・
「負けても痛みが最小限にとどまる思考や知識」
それがたちばなはじめのメソッドなのですよ。
  
  
「そんな事やって・・・・ヤバいんじゃないの?」って思った人に言っておく。
「借りたカネ返せなくてパクられたヤツなんかいないよ。
融資が投資だからね。カネは貸したヤツが悪いの。」と。
  
ワタシは確かに小売業の事業で失敗した。
でも、銀行がカネを貸さなかったらワタシは事業に失敗しなかった。「融資が投資」だから。
 
 
「貸し手側の責任を問う」なんて言うのは欧米先進国じゃ当たり前の発想ですよ。
ワールドワイドでインターナショナルなたちばなはじめ。
そして、不要で浅はかな「道義」を持ち出すドメスティックな日本国民。
この違いですよ(笑)
更には・・・・法律の本当の事を教えずにやたら破産させたがる無知で不勉強な法律家。
してそ、それを妄信する不勉強な経営者。
この違いなのですよ(笑)
  
  
  
  
本日は、午後から八丁堀に出かけます。
不動産投資家グループの勉強会で講師のお招きを受けています。持ち時間は180分。
銀行出身者もいらっしゃいますので、丁寧に・・・面白おかしく・・・飽きられないように頑張って参ります(^^)v

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!


■インターネットTV 「なにわTUBE ・ KAZUの頭見切れてる!」 に出演しました!



■たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ

問い合わせバナー