こんにちは。たちばなです。
本日は水曜日。新潟の自宅からのブログ発信です。

22219761_505879003079508_2332747462279089401_o


10月も中盤に入りました。
おかげ様で、各地で多くのセミナー依頼を受けました。

公開型も非公開型も含めて、「たちばなはじめの現地訪問日程」という形で報告致します。
非公開型セミナーでも、現地での個別面談対応を致します。
よろしかったら個別面談要請下さいませ。

10月13日(金)~15日(日) 東京都内
10月19日(木) 東京都内
10月20日(金) 千葉県船橋市
10月21日(土) 静岡県浜松市
10月22日(日)~24日(火) 大阪市内
10月24日(火)~25日(水) 名古屋市内
10月25日(水)~27日(金) 東京都内

10月中の行動計画はこんなところです。
セミナーにお出かけ頂ける方がいらっしゃいましたら、11月の開催分も含めて 「たちばなはじめ公式サイト」にてご案内しております。
http://tachibanahajime.net/%e8%ac%9b%e6%bc%94%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%ab/

よろしかったらお出かけくださいませ<(_ _)>



さて、本日もSNSに投稿した記事にお付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間をワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧になるのでしたら幸いです<(_ _)>

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

10月7日 東京神田小川町の事務所にて

たちばなです。
 
お陰様で、SNSやブログ、メルマガ等で発信しているワタシの情報に関しまして、ここ一年間ほどで読者が飛躍的に上昇しました。
 
それに伴い、ご相談者の数も増えておりまして、まだまだヒマではございますが、慌ただしく日々を過ごさせて頂いております。...
 
ワタシのWEB上での情報が多すぎて、ブログやメルマガなどを全部読もうとすると・・・一週間や十日ほどかかってしまうのも現状であり、また一方で、
「たちばなさんのブログ読んで、ご相談に来ました!」
と言ってくださり、気をよくしてワタシもおしゃべりするのですが、「ブログを読んでいる前提」でお話しすると・・・かなり知識が欠落している方が殆どです。
 
改めて・・・セミナーで直に聴講者にご説明申し上げる事が肝要であるかを日々感じながら、本日も投稿しているワケです。
 
そこで今回から数回に分けて、「たちばなはじめの基本線」を文章としてしたため、改めて「法律家が絶対に話さない借入金のホントの話」の基礎知識の構築をして頂こうと考えました。
本日は、その第一弾と致します。
 
 
 
 
【たちばなはじめの基本線】
その① 「融資は投資である、という事」
 
そもそも「投資」とは?
自分の主融資金を対象マーケットに投下して、上手に運用して利ザヤをハねようとする行為。
一方で当事者は、「元本割れ」のリスクも念頭においた上で投資の運用をする。
 
はからずも、利ザヤを生むに至らなかった時は「投資の失敗」であり、その失敗責任は当事者にある。これは社会の常識であり、世界の常識。
それを踏まえ・・・・。
 
事業主が銀行に融資の依頼をし、銀行がその要請に対して審査をして判断をして融資を実行する。
銀行は、
「対象事業主に融資を実行すれば、数年後に全額返済され、その上に利息がのっかって戻ってくる」
と審査・判断をしたから融資を実行する。
 
しばらくして、その銀行の「期待」に事業主が応えられなくて、銀行がその貸付金を回収しきらず、損をしてしまった時の「失敗責任」はいったい誰にあるのでしょうか??
 
法的には明らかに貸し手側(銀行)の責任なのですが・・・・。
事業主が、事業が不調に陥り、借入金の返済が出来ず、破産・任意整理・個人再生・会社更生法・民事再生法等の法的整理を実行するときの費用負担は借り手側(事業主)がそれを負担するのです。
 
投資の失敗責任は自己責任であり、法的見地から明らかに融資の回収が出来なかった失敗責任は貸し手側にあるのに、法的整理はその失敗責任は借り手側に押し付ける。
これ、おかしくない??
 
だから、日本国民たるものの中で、法的整理などしなければいけない人間など一人もいない。
 
法的整理は、借金に困った人を救済する為のものではなく、喰えない弁護士を食わせる為の制度に過ぎない、という事。
 
そもそも、融資が投資である以上、借りたカネが返せない事を取り締まる法律が無い以上、法的に整理する必要など全くない。

融資は投資
 
法的に借金を踏み倒すことが法的整理であることは紛れもない事実。
でも・・・踏み倒すことは破産しなくても出来る事では??
 
無論、たちばなはじめは、借金を踏み倒すなどと言う下品な事は基本的には致しません。
ただ、依頼人がそれを望むのであれば、その段取りをすることは言うまでもありませんが。
 
19667461_466204490380293_4701532457466173845_o
  
  
私、たちばなはじめは、かつて経営していた小売業の会社で事業に失敗し、現在も約6億円の負債を抱える多重債務者です。
ワタシは現在も6億円の負債の返済は出来ていません。
でも破産なんかしていません。する必要がありません。
あんなものにカネ使うなら、家族や従業員の為にカネを使います。
6億円返済出来ていませんし、破産もしていません。
でも、クレジットカードは使っています。
新潟県内に自宅がありますが、住宅ローンは6年前に29年分のローン残高を一括返済し、住宅ローンを終えました。
クルマは二台あります。
神田神保町に仮の住まいも借りています。審査通ります。
6億円返せていないし、破産もしていなけど、です。
 
 
 
その①はここまで。
本日は東京神田小川町定例セミナー。
土曜日開催ですが、聴講者は4名。頑張ります(^^)v


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

  問い合わせバナー

 ■たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ