こんにちは。たちばなです。
本日は火曜日。新潟の自宅からのブログ発信です。

FB_IMG_1505358188958 (002)


長女がね・・・・小学六年生で人生の岐路に立っています。
中学校に進学して・・・・・水泳を続けるのか?陸上を続けるのか?・・・・って言う岐路に(笑)

水泳をやっている長女は楽しそう。
でも、市内大家では勝てるが、県大会に行けば予選すら通過できない。

陸上は本格的にはやっていない。
でも、マラソン大会は2年生の時以外は全て学年一位。
男子の同級生の中に混じっても負けていない。

それなりに迷っているようです。
親バカと思って、読み流してください。
勉強も・・・結構出来るんです。
正直言って・・・・・通信簿見ていても・・・・父親のワタシが、「お、スゲ・・・」って思うくらい。

長女も、これから色々と悩み多き年頃に差し掛かるわけですが・・・・ワタシに出来る事は・・・ただただひたすら仕事を続けるのみ。
長女が出した選択肢に、迷いや躊躇を少しでも軽減するために、資金的応援を続けるのみです。




9月後半から10月いっぱいくらいまでのセミナースケジュールを更新しました。

9月26日(火)  名古屋市
9月28日(木)  東京神田小川町
9月30日(土)  熊本市
10月1日(日)  福岡市
10月7日(土)  東京神田小川町
10月13日(金) 東京神田小川町
10月19日(木) 東京神田小川町
10月21日(土) 浜松市
10月22日(日) 大阪市南船場
10月26日(木) 東京神田小川町

公開型のセミナーは上記の通りです。
お問い合わせは全て 「たちばなはじめ公式サイト」 にてご案内しております。

さて、本日もSNSに投稿した記事にお付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間をワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧になるのでしたら幸いです<(_ _)>

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

9月16日 帰郷中の上越新幹線車内にて

たちばなです。
 
大阪セミナーはいつも喋りやすい。
リアクション大きいし、ジョークには大きな声で笑ってくれる。
ワタシのおしゃべりにも熱心に耳を傾け、懇親会でもたくさん質問。

1

2
 
みんなとあっという間に仲良くなれるから、大阪セミナーはいつも楽しみ♪
 
3
 
 
半年前くらいの大阪セミナーの聴講者の保険屋さん。
「私のお客様なんですが、病身でセミナーを聴かせることは困難です。
私からかいつまんで話してありますので、直接面談して欲しい。」
と言うご依頼で、保険屋さんの付き添いで、梅田の新阪急ホテルでお目にかかったTさん。
40代男性。独身で所有不動産なし。

かつては、近畿地区でカリスマ性を持った美容家だったらしい。
周辺のトラブルや客の取り合いなどで、心を痛め、身体を壊し…………現在は近畿の某所で病の身体の様子を見ながら細々と仕事をしているんだそうだ。
 
病の回復よりも、資金繰り悪化の進行が早いようで、保険屋さんにぼやいたところ、ワタシを知るに至ったんだとさ。

お目にかかっての第一印象は、「顔色ワルいな」。生気を感じない。
 
詳しく話を聴けば、某信金で700万円ほどの借入残。全てマルホ。
他にクレジット数社で200万円ほどの借入残。
他、税金や国保の滞納が数十万。
 
今後やって来るであろう債権者の回収の対応を心配しているんだそうだ。
 
・信金に保証協会からの代位弁済を要請することは契約通りの行為であり、何ら信金に楯突く事ではないし、保証協会は税金を財源に成り立っている組織体だから、こんなものは借金ではない旨。

・クレジットは、資産も何もないTさんが返済出来なくても大丈夫な様に、金利が高いから、法律通りに「貸し手側の責任を問う」と言うスタンスで対応すれば良い旨。

・税の滞納を取り締まる法律は無いから、差押対策の準備をしたあとは、ただただ資金の捻出が困難である事を切々と訴え、返済停止して浮いた資金で少しずつ分納しながら、今後の対応をすれば良い旨。
 
 
「要は、ほっときゃいい、って言う事ですよ。
あなたがワタシの言った通りに対応すれば、やがて時が解決します。
債権者の動きなんか気にしなくていい。
債権者の動きなんか追いかけなくていい。
お客様の動きを気にして欲しい。
お客様の動きを追いかけて欲しい。
あなたは見るべき方向や、追いかけるべき方向を間違えている。
借金問題も税金問題も、債権者を見ていても解決しないです。
お客様を見続け、お客様を追いかければ、やがて解決する話です。
かつてのカリスマの光を取り戻すべく、
先ずは身体を治す。
そして顧客へのフォローに取り組む。
債権者対策は、その後でいいです。
カリスマから落ちぶれたあなたを見捨てず、残ってくれたお客様もいるでしょう?
その方を大切にして、そこから復活をはかりましょうよ。
あなたは見るべき方向性を間違えていただけです。
もう、面談を終わっていいですか?
Tさん、ワタシにとって、カネにならない相談者だから、早く終わりたいんだけど(笑)」
 
 
面談時間は、約20分。
面談料の2000円を頂戴しようとしたら……
「感動した!元気が出た!10000円払います」と。
税金滞納してるくせに(笑)
 「下さるものは頂きます」とワタシ。下衆野郎(笑)
 
 
東京戻って残務片付けて、新潟に帰る。
10000円貰ったから、夕食は新幹線で奮発。
ワタシはこの写真を撮影したあと、タルタルソースを服にこぼす( ̄▽ ̄;)

5

6

  
皆さん、良い週末を~(⌒0⌒)/~~

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

9月17日 一年前の自分の投稿から

たちばなです。
 
日本の経済状態は、一年前と大きく変わっていないと考えています。
「アベノミクスの効果」・・・あった?
「インフレターゲット2%」・・・達成した?...
 
政治がダメなんじゃない。
政治頼みの仕事スタンスがダメなんだよ。
 
もう高度経済成長の再来は無い。
日本政府が立て直せないのだから、一般的に中小企業は立て直せない。
ワタシの、この「ヘンな仕事」が、もう7年続いている事を冷静に考えてほしい。


今日は、日曜日。
みんな時間あるだろ?
5分くらいで読み終わるから、一読してさ・・・もっかい「事業の資金繰り」や「今後の事業トレンド」を考えようよ。
  
オレは・・・・ちょいと長野に行ってくるわ。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

たちばなです。
思わぬところから「日本の現状」を感じさせられたよ。

先日、6歳上の姉貴と都内で食事したんだ。姉は、20数年前にシンガポール人と結婚して、もう20年近くシンガポールに住んでいる。
数年前にその旦那も死んじゃって、今は二人の娘と現地で暮らしているんだ。


ワタシが子供の頃、死んだ親父の会社は高度経済成長の波に乗っていて、夫婦同伴とか言ってしょっちゅう不在。
ワタシって・・・幼少期の半分くらいは、ばーちゃんと姉貴に育てられたんだよね。
だから、世の中で言う「姉と弟」とは違う関係かも。
いわゆる「主従関係」なんだ。
ワタシ、基本的に姉には逆らわないんだ。銀行には逆らうけど(笑)

ついこの前まで、日本企業の現地法人で管理職やってたんだけど、そこを「半分やめた状態」にして最近独立した。
現地と日本の文化や技術を交流させる事業を始めたんだ。
 元々、死んだ夫がいわゆる現地の「勝ち組」ってヤツでさ。
20年以上、その連れ合いをやっていたもんだから、人脈は相当なものらしいんだ。その人脈を使って仕事を廻してるんだって。


この度、東北の何かとシンガポールをつなげるらしくて、来日するって言うんで、空いている時間に合わせて恵比寿でイタ飯喰ったんだ。
姉の親友で、ワタシのライフプランナーでもある人間を交えてさ。

イタ飯喰って、六本木行って、二件廻った。
「ポルチーニ茸のソテー」・・・チョー美味かった。
姉貴と六本木で呑む・・・ってナカナカ無い。でも、一所懸命ご接待申し上げた(笑)


帰りの別れ際に、姉貴が言うんだ。
「あんた・・・・今日のコレで幾らくらい使ったの!?」って。
半分ママだから、ワタシに問いただすんだ(笑)

「〇〇〇円くらいかなぁ~・・・でもいいじゃん姉貴せっかく来たんだから。」って、言って姉貴が恐縮するかと思ったら、全然違うリアクションが来た。
「え~!!あのクオリティで、その値段なの???ものスッゴイ安いね!」だって。


日頃、経済的困窮者とばかり会っていて、その方々の相談に乗っているから、なんとなくわかっていはいた事なんだけど、
やっぱり心のどこかでは思っていた事・・・・それは、「え!?日本って物価が高くて、GDPが高くて、お金持ちの国じゃないの!?」って言う先入観・・・・それがもろくも崩れ去った。

今、シンガポールには盛会のカネと富裕層が集まっているいる事は知っている。
それでも東南アジアの小国じゃないか・・・という考えも少しはあったんだけど、本当に物価はシンガポールはべらぼうに高い。

日本が、如何にひどいデフレ状態を継続していて、実は貧困にあえいでいる国だと、改めて気づかされた。
日本が「激安の国」である、という事が国際的な認識になっているという事。

モチロン、それでかつて経済状況の様な所得が維持できているのなら、問題は無いのだろうけど、物価安に伴って同様に・・・・いやそれ以上に所得は下がり続ける。


郵政民営化がどう貢献した?
地域振興券がどう作用した?
1000円高速でどのように景気を浮揚させた?
アベノミクスが何をした?


ワタシは政治を批判しているんじゃない。
「政治に景気を浮揚させる事なんか不可能だ!」と言いたいんだよ。
「政治の経済対策になんか期待なんかしちゃダメだ!」と言いたいんだよ。


一度ワタシと面談した方で、コンサルテーションを希望せず、自力での再建を目指すと決めた方は多い。
その中の2~3割くらいの方が、時を経て再度ワタシの所へ戻ってくる。

その方々の誰もが・・・・もれなく、負債を増やし、債権者を増やし、資産を痩せさせて・・・戻ってくる。
貧困の困窮度合いを深めて、ワタシの所に戻ってくるんだ。


ハッキリ言わせて頂く。
現状の日本社会で、一部の特殊な事業を除いて、中小企業ごときが独力で、努力で、草の根活動で・・・・資金繰りが好転する事は無い、と考えるべきだ。
一部の例外はあるだろう。特殊な技術やスキルがあればよいだろう。
飲食店・小売業・美容関連・医療介護関連等々・・・・・主にこう言った事業が一度不調な状態に陥った時、独力での再建はほぼ不可能と思ったほうが良い。


救済の手段が必ずしもワタシである必要はない。他の手段でもいいんだ。何もしないよりは。
ワタシはワタシがベストな選択だと思っているよ。


絶対にリスケなどしてはいけない。
銀行の思うツボだよ。

追加の融資を受けてはいけない。
銀行の思うツボだよ。


「事業再生コンサルタント」と名乗っている人物の95%は・・・・リスケ屋か資金調達屋。
リスケしたら借金は終わらないんだよ。それのどこが再生なの??
赤字の「穴の空いたバケツ状態」の企業に資金調達して何が再生だ??

こんなので手数料取って、「私は事業再生コンサルタントです。」と得意気に・・・・笑っちまう。
ヘソが茶を沸かすって!(笑)


昨日さ・・・・神奈川県内で10億以上の負債を抱える企業の御曹司から電話があった。
面談をしたのは二か月以上前。
数回面談したけど、その後は連絡無かった。

「あぁ・・・この人も躊躇するんだな・・・残念だ。」なんて思ってはいたけど、こちらからは電話していなかった。

昨日電話があってさ、
「たちばなさん、もう一度話をしたい」って連絡くれたんだ。

本人はやる気になっているんだけど、両親の決心がつかないらしい。
ご両親はワタシのおしゃべりを聴いていないから、 「両親の前でセミナーやってほしい」だって(笑)

来週、「聴講者二名」のセミナーやってきます(笑)


「躊躇即ち損失」
残念ながら、現状の日本社会はコレ。

躊躇して借金の返済停止を先送ると、その分会社は損失を生むよ。
ワタシもかつて、前の事業で二年躊躇した。その二年でワタシは4000万円の赤字を出した。

あの躊躇が無ければ、ワタシは現在のワタシより4000万円金持ちだった、という事。


もう一度言う。「躊躇即ち損失」なんだよ。

みんな・・・気づいてくれよ!

ワタシが忙しい時点で、今の日本の社会がオカシイ事に気づいてくれ。

「過去の栄光」はあっただろう。でもそれはもう戻って来ないと考えてくれ。
現状ある中で資金は捻出しなければならないんだ。その財源が・・・・返済停止で捻出できる!

みんなが気づくまで・・・・ワタシはゴルフに出かける(笑)

じゃね!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

  問い合わせバナー

 ■たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ