こんにちは。たちばなです。
本日は木曜日。新潟の自宅からのブログ発信です。

21414736_495098197490922_7381844331115727043_o

昨日ね・・・・かつて小売業経営者時代に所属していた青年会議所で仲間だった、新潟県内のとある事業主から電話がかかって来たんだ。

ワタシさ・・・・かつて青年会議所時代に、2006年と2008年に新潟県の役員を二度務めた事があってね。
当時は、顔だけは広かったんだ。カネ無かったくせに(笑)

「あ、みながわさん?久しぶりぃ~!」って。
「お、おぉ~・・・ひさしぶり。元気にしてるよ。そっちは?」なんて、少しばかり旧交を温めたよ。

彼とは当時、すごく仲良く友達付き合いをしていたんだけど・・・・
ワタシの親父が死んじゃって、今後の人生の展開を考えて、現在の仕事を始めた時に、
「どうせ誰にも信じて貰えないし、認めてなんかもらえない」と、
少しいじけていた事もあって、あまり下手な弁明はせず、
「いずれ実績を重ねれば・・・」と思っていて、いつしかその彼との関係性は疎遠になっていたんだ。
そんな彼から電話があったのだから、ワタシは驚いたんだ。

「少し資金繰りに関して相談に乗ってくれないかな?」と。
ご親族の不幸があり、いくらか保証している部分もあり、今後の財産の相続も含めてのアドバイスを求めて来たんだ。

この件に関しては、まだ詳しく書ける段階にないので、あまり触れないが、昨日はオフだったので車をすっとばしてお目にかかった。
色々とアドバイスさせて貰った。
彼は、ワタシが現在の仕事をしている事を理解した上で、連絡をくれたのは間違いなのだけれど、ワタシのアドバイスに目を大きく見開いた。
「へぇ~・・・博識なんだねぇ~。よほど勉強したんだね。」と褒めてくれた。
「7年も仕事すりゃ、このくらいにはなるよ(笑)」って。

負債の額は・・・・ワタシが取り扱う金額としては大きくない。
そんな難しい問題でもない。
後は、いかに彼がワタシを信じ切れるか?だ。
とりあえず、二時間ほどの面談を終え、救済案を提示し、ワタシは一度帰宅した。

彼から、長いLINEが送られてきたんだ。
今日は急な話にも関わらずありがとうございました。
なかなか次から次に押し寄せる現実に対応仕切れない部分があって、お恥ずかしい限りです。

ただ、数年前から、この様な事態になった時は、最初に連絡しようと決めていたので真っ先に頭に浮かび連絡させてもらいました。

まだ、何も解決してませんが行き先に迷いはありませんのでよろしくお願いします。

長くなりましたが、自分の中での覚悟と言うか宣言みたいなものなので返信はいりません。

今日は貴重なお時間ありがとうございました。

なんかさ・・・清々しくってさ。
ちゃんとワタシの情報を追いかけていてくれる人がいたことに、例えようのない充足感を受けたんだ。

繰り返すが、彼の問題は複雑でなく、対処上は難しいものではない。
また、保証人であるとはいえ、彼自身が作った借金でもないのだ。
債務整理などしなくても、キチンと別な法的な手続きを実行すれば、なんということは無い。

今年の年末あたりの酒は、旨く感じるのではないか?と思っているよ。


今日から二泊三日で出かけます。
東京一泊と大阪で一泊。
個別面談要請をたくさんいただいています。

15日は大阪・梅田にてセミナーです。
おかげ様で、満席の報告を受けました。

本当に大阪はね・・・・地域限定で人気あるんですよ(笑)
聴講者の方々もリアクションが大きいので、すっごくしゃべりやすいんだ。
大阪でのセミナーは、ワタシはいつも楽しみにしています( ̄▽ ̄)

本日木曜日から土曜日まで、スケジュールはビッチリです。
ビッチリなんだけど・・・・・たちばなはじめは、ヒマヒマです!
酒飲む時間はあります。
遊ぶ時間もあります。
だから、全然ヒマですから、あなたの資金繰りのアドバイスをさせて下さい。

平時のうちから有事に備える為のアドバイスをさせて下さい。
「どうすれば、たちばなはじめに関わらずに済むのか?」をアドバイスさせて下さい。
よろしかったらこちらからどうぞ。
http://tachibanahajime.net/



さて、本日もSNSに投稿した記事にお付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間をワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧になるのでしたら幸いです<(_ _)>

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

9月11日 新潟の自宅にて

たちばなです。
 
二週間くらい前の話。
茨城県内から、東京神田小川町の定例セミナーに来てくれた方。Qさん。60代男性。
飲食関連に従事していた事業主・・・・いや、元事業主だな。...
 
数年前から資金繰りに困窮してたQさん。
少し前に、借金相談をしに弁護士のところへ相談に行ったところ・・・・「ほっとけ」と指示を受けたんだそうだ。
所有不動産も無いし、預貯金も無いし、債権者の差し押さえの標的になるようなものは何一つ持っていなかったようだ。
 
この話を聴いた時・・・・
「へぇ~・・・こういう指導をする志ある弁護士もいるんだな・・・」って思いながら聴いていたんだ。
でも、その後がいけなかった。
「ほっとけ」と指示するための根拠や理由を、その弁護士はQさんに教えていなかったんだ。
 
Qさんにすれば・・・「弁護士の先生のおっしゃることだから・・・」と安心し、その後指示通りに借金を放置。
しかし、債権者だって黙っていない。
Qさん曰く、「矢のような催促や電話」が止まなかったそうだ。
 
借金のメカニズムを知らないQさん。
弁護士の言うとおりにやっているのに・・・・だんだんQさんは疑心暗鬼になっていき、WEBの世界に救済を求める事に。
検索を続けてしばらくして・・・・たちばなはじめの情報に行き当たった。
 
公式サイトからセミナーの動画も購入してくれたようだ。
更に、東京神田小川町のセミナーを聴講して・・・・・借金のメカニズムを知った。
そして、なぜ弁護士が「ほっとけ」と指示したのかを知った。
 
 
そんなQさんから、先日FAXを受け取った。
清々しい内容だったので、匿名性を確保した上で皆さんに公開する。
 
2
  
 
今、ワタシは思案を巡らせている。
・弁護士は借金のメカニズムを知っていたうえで「ほっとけ」と指示したのだろうか?
・弁護士は「借りたカネを返せない事を取り締まる法律は無い」という事で「ほっとけ」を指示したのだろうか?
・弁護士はQさんが煩わしくて「ほっとけ」と指示したのだろうか?
 
ワタシは思うんだ。
・借金のメカニズムを知った上で指示したのなら、なぜその根拠を示さないのだ?
・借金のメカニズムを知らずに法律論だけで指示したのなら、あまりにも無責任ではないか?
・Qさんが「カネにならん」と判断し、放置を促したのなら・・・結果的にQさんがワタシのところに来ている以上、弁護士はQさんを救済できていない。
 
また、Qさんにはいくらか税金の滞納もあった。
破産させても納税義務は消えないから、きっと弁護士さんも「破産させても意味が無い」という思慮もあったのだと思う。
 

具合が悪く医者に駆け込んだ患者に・・・・
「しばらく寝てりゃ治るよ」と診察する医師がいるだろうか?
せめて病名や原因を診察し、患者に対応策を話すのでは無いのだろうか?
ワタシのセミナー聴講後のQさんの安堵した表情と言ったら・・・・無かったよ。
 
「借金を作ったのなら、それはある意味当事者への“戒め”だろう!」という指摘もある。
でもさ・・・・目の前で、重病で痛みと苦痛で苦しんでいる人に、日頃の不摂生を指摘しても意味が無いじゃんか!
 
手をさし伸ばして上げなければいけないだろう?
 
世の中の大半の人間たちは、“借金問題のドクター”は弁護士先生だと思っているだろうし、Qさんもそう思っていたはずだ。
そのQさんにとって、病名も診察せず、投薬もせず、ただただ放置を指示した・・・・・。
自分自身が借金苦で苦しんだことがあるだけに・・・・ワタシは、Qさんの当時の絶望ぶりは想像に余りある。
 
 
 
 
ワタシは、人助けをしている自負と自覚がある。
しかし、ワタシはカネ儲けをしているという自覚もある。
若干の後ろめたさが無いわけではない。
「人の弱みに付けこんで、口銭ハネているヤツ」と、言えなくも無いし、そういう指摘は複数回受けた事がある。
 
でも、ワタシにも家族がいる。
彼らを喰わせていく義務がある以上、ワタシは「人助けとビジネスの両立と継続」を続ける。 
 
 
 
Qさんでは、まだ「カネ」にはなっていない。
でも、FAX文末には、周辺の困窮者へワタシの情報を拡散し、紹介してくれるとあるので、それを待つことにする。
 
ワタシは、ワタシの商売の師匠である亡父の教えを思い出した。
「損して得取れ」
「急いでカネにしようとするな」
「慌てる乞食は貰いが少ない」
 
親父の教えも・・・・きっと「先人たちの教え」なのだろう。
今日も、ワタシは朝一番に仏壇の水を変え、手を合わせる。南無阿弥陀仏。

DSC_0163 (004)


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

  問い合わせバナー

 ■たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ