こんにちは。たちばなです。
本日は土曜日。新潟の自宅からのブログ発信です。

t02200391_0539095913660068893


少し、ご案内が遅くなってしまいましたが、実は・・・・現在ディスカウントセールやっているんです。
ワタシのセミナーの映像のディスカウントセール。
7月31日から8月1日の日付をまたぐギリギリまで、5000円お値引きしております。
【法律家が絶対に話さない借入金のホンとの話】
https://share-wis.com/courses/syakkin-shinjitsu?utm_content=afc_XOvaVoom4Jj4g8pOhluo


柔道で「負けよう!」と思って試合に臨む人はいないです。
でも、対戦である以上は必ずどちらかが負けるんです。
そして、負けた時に怪我を防ぐために・・・または怪我の度合いを軽くするために「受け身」があるのです。
「負けよう!」と思って試合に臨む人はいないのに、受け身を練習しない人はいないのです。


事業に「失敗しよう!」と言う人はいないけれど、資本主義経済社会である以上は、力なき事業主は必ず負けます。
この時に、「知識の受け身」を取れている人は・・・・皆無なのです。


人はさ・・・・「そのために破産含めて法的整理がある」と言うのだけれど・・・・その法的整理って、誰のため??
・債権者の為?・・・・ノンノンノン。債権者は踏み倒されて悲しい(引き続き請求すればパクられちゃうよ)。
・債務者の為?・・・・ノンノンノン。経歴に傷がついて、あらゆる資産を売らされて費用払わされて悲しい(カネ無いのに更に法律家にカネ払うんだよ。タダじゃできないんだよ)。
・法律家の為?・・・・そうだね。法律家は手数料がイッパイもらえるから嬉しい(報酬の算定基準がデタラメ)。


これが法的整理だよ。それでもこれがあなたは「受け身」だと思えるの?
債権者対策?・・・確かに大事だね。
でもさ、ほとんどの人がさ、カネに追い込まれたときに家族対策や従業員対策や顧客対策を考えていないでしょう??

これって、あなたの人生に付き合わされている人にとっては・・・・ほんとに迷惑な話なんですよ。
アンタが頭下げたって、相手への迷惑は変わらない。
アンタが泣こうが喚こうが、相手への迷惑は変わらない。
アンタが自殺しようが、相手への迷惑は変わらない。

だから、我々の知識が必要なんですよ。
実際に、現在も6億円の負債を抱えている、たちばなはじめの「知識」と「スキル」と「戦略」が必要なのですよ。




人は、派手な経歴の華々しい成功者に魅了され、その言葉を信じ、模倣する。
でも、みんながみんなそうなれるワケないじゃないね?
必ず選から漏れる人がいる。
必ずあぶれる人がいる。

実際に、選から漏れ、競争からあぶれてしまった、たちばなはじめの処世術は、必ず「企業防衛」と「人生再生」に必要です。



無理して、映像を買わなくてもいい。セミナーに来てくれたら解る。
無理して、セミナーに来なくてもいい。公式サイトで映像売ってるから。
無理して、情報を得た方が良い。「敗者の戦略」・「弱者の戦略」はみんなに必要だから。



そんな強い思いをもって、たちばなはじめは・・・・「資金繰り支援コンサルタント・自己破産させない屋」を商って6年3か月が経過しました。


3分30秒程度のセミナープロモーション映像を下記に貼り付けます。
お時間ありましたら、少しだけお付き合いくださいませ<(_ _)>  



さて、本日もSNSに投稿した記事にお付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間をワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧になるのでしたら幸いです<(_ _)>

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月28日 新潟の自宅にて

たちばなです。
 
日常的に社会から疑いの目で見られているワタシが言うのもおこがましいんだけど・・・・ウソはいけないね。
4年前くらいに知り合って、何の予備知識もなく紹介者を経由してワタシのところにやって来たBさん。50代男性。
 
「借りたカネを返さないなんてありえないだろう!」とワタシに2000円支払ってワタシを叱責。
「いや、リスケしてるんだからBさんが返せていないじゃんか(笑)」って言ったワタシの物言いが気に入らなかったらしく激昂して帰宅。
 
2年前に、「その後、勉強して改心した。」と再び連絡があり、2000円をワタシに支払って再面談。
初回には報告が無かったが、税金や社会保険料を滞納している事が発覚。
「前回報告しなかった理由は何故?救済方法は前回とは異なりますし、それにまつわるコストもいくらか膨らみますよ。」と言ったら、
「話が違う!」と激昂。
ついでにワタシから、「国民の三大義務に“納税”があるのに、その納税の義務を怠って、“借金の利払い”を実行。“借金返済”は三大義務じゃないですよ。Bさんって国民??」って言ったらさらに激昂。
そして再びの帰宅。
 
そして先日、ワタシのセミナーの申込者欄に、Bさんの名前が。
「また来るのかぁ~・・・めんどくせーな。」って思っていたら、数日前にキャンセルに。
セミナー取りまとめの担当者にキャンセルの経緯を訊くと・・・・「え?たちばなさんと面会する事になったからセミナーをキャンセルすると連絡があったんですが・・・」と。
ワタシ、面会要請なんか受けていないね(笑)
 
 
Bさんの情報にはチョイチョイと・・・・噓がある。
これじゃあワタシもどうしてやれば良いのかね・・・・(;´∀`)
 
 
Bさんを紹介してくれた人物には、報告の義務があると思い、資金繰り内容には触れずに、事の経緯を報告した。
紹介者から下記の様な返信。
【そう、つまらない小さな嘘が多かった気がする。ダメだね。】と。
 
 
ワタシの情報を「つまみ食い」したいなら、わざわざワタシに会いに来なくても、WEBで話せる事は全て公開しています。
それで自分の資金繰りが改善できるならすればいい。
それについてワタシはアレコレ言わないし、今までも契約を強要したことなど一度も無い。
 
でもね・・・・債権債務の関係性の交渉事やその対応って・・・・WEBなんかで書ききれるものじゃないし、それを全部理解しても・・・ワタシは自分でなんか出来ないと思っているんだよ。
自分でやって来た人がいるのなら、思い返してほしいんだけど・・・・本業が疎かになっていないかい?? 不安やドキドキが半端なかったんじゃないかい??
そして・・・そのコストは、我々に支払うべきフィーよりもはるかに高額だったのではないだろうか?
いや、そうじゃないならそれでいいんだ。
 
 
ワタシは事業再生コンサルタントなどではない。
ワタシは事業の再生などできない。
再生するのは当事者であり社長であるべきだと思っているから。
我々は資金繰り支援コンサルタント。
支援する身であり補助する身。
儲けやすい環境は作って差し上げるが、儲ける当事者は社長であるべきなんだよ。
ワタシが依頼人の会社に入り込んで儲けられるんだったら・・・・オレは社長を追い出してオレが儲けるよ(笑)
 
 
 
信じて頂きにくい仕事であるからこそ、数少ない信じて頂ける方を確実に救済する。これがワタシのミッション。
相手がワタシを信じられなければ、ワタシも相手を信じられないんだ。
 
4年前に知り合ったBさん・・・もし、あの時に我々が仕事していれば・・・・来年には二億近くあった負債がゼロになっていたんだけどな。
その後、法人を変えて事業を数期続けていれば・・・・資金調達出来たかもしれないんだけどな。
返す返すももったいないよ。Bさんの事業も、そしてBさんの人柄も。
13603788_298136107187133_2680904191494353129_o
  
Bさんが・・・・今度ワタシに面談要請してきたら・・・・面談料は50万円プラス消費税だな(笑)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

  問い合わせバナー

 ■たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ