こんにちは。たちばなです。
本日は木曜日。東京神田小川町の事務所のブログ発信です。


3

ただいま、浜松に向かう旅支度をしております。
そして、浜松から始まり、明日から姫路と大阪の近畿地区連チャンセミナーです。

0616姫路
0617南船場


ここのところ、各地セミナーの主催者からよくご指示いただきます。
「今回は、コラボセミナーでお願いします。」と。

浜松や姫路での奥田雅也とのコラボ、「ゆうじへいじ」もそうですし、
大阪の梅原先生との共同セミナーもそうです。

ワタシのネームバリューがあまりにも低すぎるもんですから、他の方の人脈やルートを辿らないと集客が難しいのかもしれませんね(笑)
それと、セミナーのジャンル的に皆さんが飛びつきにくいジャンルとの印象を持たれている事もあるでしょう。


でもね・・・そんな事ないんだよ。
ワタシは、ただただ皆さんの知識の「範囲外」にある事をお話しするんです。

現状、ワタシの知識持っている人なんて・・・ほぼいない。
いるとすれば・・・・実際に資金的に困った経験のある人。


でもね・・・・安易に破産なんかしちゃうと判んないんだよ。
周りの迷惑も考えずに、自分が苦しさから逃れたいからと言って破産しちゃう様な人には、ぜっ・・・・たいに解んないんだよ。

周りの迷惑を考えなきゃいけなんだよ。
資金的に強い人もいれば弱い人もいるだろう?
あんたはどっちを守りたいんだい?
両親から、弱いヤツを守れ、と教わらなかったかい?


カネに困っているとか、困っていないとかは関係が無い。
今は良くてもいずれ悪くなる日は必ずやってくる。
今はしんどくてもいずれ光が差す日は必ずやってくる。

これを「盛者必衰の理」って言うんだ。
今後の変化をいかに読み取って、先々を見据え、「風を読む」のだよ。


たちばなはじめは待っています。
あなたのご来訪を。


追伸・セミナー情報は「たちばなはじめ公式サイト」にて。
セミナー来られない人の為に、セミナー映像を売っているでよ(笑)こちらも「たちばなはじめ公式サイト」にて。
良かったらチェックしてみてチョーだい( ̄▽ ̄)
http://tachibanahajime.net/



さて、本日もSNSに投稿した記事にお付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間をワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧になるのでしたら幸いです<(_ _)>

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

6月13日 新潟の自宅にて


たちばなです。
 
少し前の話。
まだ少し肌寒かったころ・・・・ワタシは新潟の自宅からクルマをすっとばして約二時間くらいのところへ出かけた。
 
某県某所のとある親族企業の話。
父親で会長。77歳。親父さんを「会長」と表記する。
息子で社長。43歳。息子さんを「社長」と表記する。
 
複数の店舗が入り混じる建築物の集合体組織のトップを務めた会長。
後に、テナントが続々退去していき、結果的に自分がその集合体の負債を被っちゃった。
負債総額は2億円をやや欠ける程度。すべてマルホ。
 
社長は自分の会社を維持するだけで手いっぱい。
店舗のあるビルやその駐車場の老朽化や、その街の人口や地域性を踏まえると、それも納得。
今後飛躍的に売り上げが伸びる環境など、そこには無い。
 
そうはいっても彼らは親子。
会長の苦慮する姿を心苦しく思い、社長とワタシの共通の友人を辿って、問い合わせをくださった。
「父親が苦しんでいる」と。
 
現地を訪ねると・・・・到着したワタシを歓迎してくれた。
「遠方からありがとうございます。」と社長。
同様に、深々と頭を下げてワタシを手招きして出迎える会長。
でも、会長は言葉を発しない。
「親父、少し前に病気を致しまして声帯を除去しているんです。」と息子さん。
 
三者面談開始。
会長は、言葉を発せられないのだから、首を縦に振り「YES」と首を横に振り「NO」の意思表示と簡単な筆談しかできない。
情報不十分なところは、社長から聞かせてもらう事にした。
 
ビルも新しく好況な時期は、いろんなみんながトップを務めたがったのだろう。
老朽化が進み不況が深まっていくにつれ・・・最後は「人の好い」会長がトップを務めさせられたのだろう。
現在は、会長が毎月年金から2万円を返済している状況。
既に保証協会から、銀行へは代位弁済済で、保証協会に直接返済しているようだ。
 
「年金から借金を返済するなんてナンセンス。2億もあるんだから返済終わらないですよ。払う必要なし。
その為に、“信用保証料”を支払っていたんでしょう?保険料じゃないですか。弁済する必要なんかないですよ。」
 
三年位前に、大阪でワタシのセミナーを聴講していた社長は、ワタシの話す意味が解る様だが、会長の表情は心配そのもの。
信用保証協会の歪みと闇を口頭で説明したよ。
 
説明内容はあらかたこんな感じ。
ワタシの投稿に付き合いの長い人には、もはや「ベタ」だね(笑)
 
case341「信用保証協会の歪みと闇・その1とその2」の件
http://tachibanahajime.net/%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E…/…/
 
case342「信用保証協会の歪みと闇・その3とその4」の件
http://tachibanahajime.net/%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E…/…/
 
case343「信用保証協会の歪みと闇・ファイナル」の件
http://tachibanahajime.net/%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E…/…/
 
 会長は、言葉が話せないけれど、理解はできる。
うなづきながらワタシの話を聞いていた。
うなづくだけだったけど、時折、深くうなづきながら、「我が意を得たり!」とワタシに指をさす。
会長の心中や満足している様子は、ワタシにはよく理解できた。
 
しかし・・・・会長にはまだ不安が残っていた。
筆談で、会長の質問を受けた。
「そうは言っても、ワタシは言葉が話せない。協会の方たちがこちらを訪ねてきたら、どう対応する?」と。
 
ワタシは笑い飛ばしたよ。
【会長、こんな事あんまり言われたことが無いだろうけど、言葉が話せないのは会長にとって最高の武器になるじゃないですか!
会長が、保証協会の担当者だったら・・・・と想像してください。
あなたの様に、言葉を発せられない人が対象者だったら・・・・めんどくさいでしょう??
担当者が来れば、あなたが話せない事が確認できた時点で・・・“めんどくせーな”って思うにきまっている。
今日みたいに社長がフォローなんかしなければ、会長の置かれている環境すら確認できない。担当者はスゴスゴと帰るだけよ。
 
客観的に、会長が現在置かれている環境を考えてみてください。
・この事務所は・・・・相当に老朽化が進んでいる。
・この事務所の佇まいと、この地域でのご商売の環境。
・そして、もうすぐ80に差し掛かるあなたの年齢。
・息子の社長さんには連帯保証関係は無し。
 
担当者だって、あなたから回収なんか出来ないと理解できるはずですよ。
担当者が来たって、あなたは「オレは言葉が話せないんだ!」という事をジェスチャーでアピールし続けてください。
この時、社長は一切サポートしないでください。
「オレ、カンケーねーもん。」のスタンスでいい。
「だめだこりゃ」ってあきらめて帰りますよ。
 
人間は本能的に、相手が障害を持っていると、情けを書けます。日本人はそれが特に顕著だ。その本能を利用するんです。
あなたの持っている障害は、このケースに於いては、なかなか効果的な“武器”になる、という事ですよ。
是非、その武器を効果的に使ってください。
 
なーに・・・・ワタシは奴らは来ないと思いますよ。役人ですから。
ちなみにウチには、今日現在、6年経過していますが、一度も来たことありません。
健常者であるワタシのところに来ないんだから、障碍者である会長のところには、より高い確率で来ないと思いませんか?】
 
 
と、ワタシのところに送られてきた督促状をお見せした。
だって・・・・ワタシ、現役の多重債務者だもん!(笑)

1
 
「我が意を得たり!」と言わんばかりのジェスチャーでワタシに満面の笑みをたたえて、ワタシに指をさす表情(笑)
健常者並みに表現が出来ているじゃんか!(笑)
「会長!その豊かな表現は、債権者対策には仇になりますよ。控えめにね。」と。
このジョークも会長には通じたようだ。
満面の笑み。
ワタシ的には・・・・・会長は健常者だね。表現が豊かだよ。世間的には身体障害者だけど(笑)
 
自信のネガティブな情報や状態は、時に大きな武器になる。
会長は気付いたようだ。“自分自身の武器”を。
 
ワタシもそうだよ。
・自分自身が6億円の負債を保有する、“現役の多重債務者”である事。
・金融業界に身を置いた経験が無く、金融の素人である事。
・士業の資格も持っておらず、法律のプロではない事。
・太ったハゲ頭で、チンピラ風情である事。
この世間的にネガティブと捉えられる情報は、利用の仕方によって、大きな武器となる事をワタシは知っているんだ。
これをワタシは利用し、丸六年やって来た。そして引き続き・・・・ワタシはそれを繰り返す。
そのエッセンスを、この会長である親父さんに注入したんだ。
 
面談時間は約90分。往復交通費で2万円と面談料2000円を頂戴した。
心配そうだった、社長の息子さん。
訊けば年齢はワタシの一つ下。
ワタシから、「家もそんなに遠くないんだから仲良くしてよ」と握手して記念撮影。
さすがに顔は隠すわ(笑)

2
 
ワタシは、セミナーで仕事をしていますが、誰かのセミナーを聴講する事は大嫌いです。
「成功者の自慢話」が嫌いなんです。
「私が頑張って出来たのだから、あなたも頑張れば出来る!」というロジックが嫌いなのです。
「したり顔で難しい言葉を発する」人間が嫌いなのです。
 
成功者ではなく失敗者。
頑張らずに法律を使う。
オレみたいになるな!と言葉を発する。
 
これでワタシは、もうしばらくメシを喰っていきます(笑) 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

6月13日 自己破産させない屋・大阪支部の投稿から


【保証】
1. だいじょうぶだと、うけあうこと。
2. 賠償の責任を負うこと。

 
保証協会...
代位弁済したのち、しっかりと請求してくる協会。
しかも、たっぷり保証料取ってるくせに。
銀行の為に保証料払ってるのか(怒)

4

別名、銀行の為の保証協会。一時立替払い協会。

担保も取って、個人保証して、保証料まで払って。

これおかしくないの?

みなさーん。経営者のみなさーん。早く気づいて下さいよ。

たちばな はじめ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

6月14日 自己破産させない屋・大阪支部の投稿から


銀行にリスケお願いする為に、コンサルタント会社に依頼している会社がある。
(今月から返済ストップしたらいいんじゃないの?)


経営再建の為に、銀行から紹介されたコンサルタント会社に見てもらう。
(すべて銀行に筒抜けになってますよ。無駄な金払って何してるの?)

返済厳しいのに、融資が得意なコンサルタントにお願いし、融資は受けられたものの、高い金利に高い成功報酬で、更に経営が厳しくなっている。
(返済ストップしろよ。なぜそれがわからない?)

5

6

ハイエナのような奴らが近寄ってきて、最後の最後までお金をむしり取ろうとしています。気をつけましょう。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

問い合わせバナー

 ■たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ