こんにちは。たちばなです。
本日は1月16日(火)。上京中の上越新幹線車内からのブログ発信です。

43471361_719268251740581_7990545951355830272_o

本日、都内で業務をこなしまして・・・・明日からセミナー行脚させて頂きます。
少しご案内をさせて下さいませ。

1月17日(木) 名古屋セミナー
48392100_2271659009784749_3539802850114666496_o

1月18日(金) 大阪セミナー
https://www.reservestock.jp/events/OWJjZTU1M2ViM?fbclid=IwAR35IOzMfyRaX8PckrC0HFEwmS3h8R_LVvQ1p-VxkYAHiqzS7uP_Y6CUjAo

1月22日(火) 沖縄セミナー
https://www.kokuchpro.com/event/6edbe6431246d802d72ed30f0dacec23/

1月24日(木) 東京神田小川町セミナー
http://shikin-kaizen.net/

1月27日(日) 福岡博多セミナー
(詳細はお問い合わせフォームより別途お問い合わせくださいませ)


沖縄では、この度初セミナーです。
「新しく正しい」法律の知識や解釈を丁寧に実体験を以ってお話しいたします。


ワタシは、現在も6億円の負債を抱える現役の多重債務者であります。
負債のほとんどをワタシは返済出来ていません。
ですが、ワタシは破産していません。
破産していないからクレジットカードも使っていますし、車のリース審査やマンションの審査も通過しています。
破産すれば、資金のほとんどを吐き出さないといけませんが、
ワタシは破産しなかったので、いくらかの資金を残したまま、次の対策資金に充当しました。

日本国憲法第14条で「法の下の平等」が謳われています。
ワタシが実践できる、という事は他の誰もが実践できる、という事であります。

また、現時点でワタシが何ら法的過失を問われていないのですから、ワタシの知っている事は至極真っ当な事であります。


僭越ながら申し上げます。
法律家は正しい法律の知識を教えてくれません。
法律家は借金の何たるかを知りません。
法律家は経営の何たるかを知りません。
法律家は資金繰りの何たるかを知りません。

法律家が、「法律の本当の事」を言わないので、現役の多重債務者が、実体験をもとに赤裸々に語ります。

失敗しようと思って失敗する人はいません。
しかしながら成功する絵図しか描かないビジネスモデルは極めて危険であります。

クルマの運転で、「・・・だろう運転」がダメで「・・・かもしれない運転」をしなさい、と教えられませんでしたか??
経営も同じで、「・・・だろう経営」ではなく「・・・かもしれない経営」を実践いただきたい、と考えているんです。

その為に、ワタシの情報があなたのお役に立つのです。
「こんなはずじゃなかった・・・・」
「あんな展開になるとは・・・・」
「目論見通りにいかなかった・・・・」など日常の事です。

そういう時の為に、ワタシの情報を役立てて頂きたい、とたちばなはじめはこの仕事を続けてもうすぐ丸八年になります。


平時の資金繰りと有事の資金繰りが違います。
そのからくりを知って頂きたいと思っています。


さて、本日もSNSに投稿した記事にお付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間をワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧になるのでしたら幸いです<(_ _)>

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1月14日 Yahoo! ニュース ・ マネーポストWEB より
【弘兼憲史氏「日本でキャッシュレス化が進まないことは誇っていい (1/14(月) 13:00配信】 から
  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190114-00000003-moneypost-bus_all&fbclid=IwAR2t0y0OFWlhWXi-vDs3NKNerUWcUqZgJQb2Ay-yQ3JTjTsecYjw2hbumOc  
 
たちばなです。
 
ワタシ……実は「こちら派」なのです。
消費増税後に、軽減税率などと、目先の「2%の得」の為に、自らの手の内を外部に晒してしまう事に大きな抵抗を感じていました。

平成27年のマイナンバー開始以降、税務署や社会保険事務所が紐付き、ほどなく銀行も紐付くとのこと。
 
「疚しいことはない!」とは言っても、ありとあらゆる事がガラス張りになることに世論が異を唱えない事に、ワタシは些かの違和感を禁じ得ませんでした。
 
「個人情報保護」に関して、アレルギーやヒステリーを思わせるほどナーバスになる日本社会なのに、こう言った決済システムでの個人情報に関する論調が低調であることは、ワタシはなにやら不可思議な感情を持っていました。
 
「国民を煽動する大きな力が働いているのではないか?」
と、思わせられる程に、マスコミの情報やそれに関わるコメントはどれも画一的で、キャッシュレスを礼讃していますが、数少ないこういった論調もあるべきでしょうし、ワタシはこれを評価します。
 
購入や販売に限らず、あらゆる経済活動の決済は画一的出なく、選択肢は複数であるべきです。
 
様々な選択肢を持ち、収入環境や経済状態ごとに選択出来る知識や対応策をお持ち頂きたい、と、「6億円の現役の多重債務負け犬コンサル」は考えています。
 
 
追伸・ワタシだって、クレジットカードくらいは使いますけどね( ̄▽ ̄;)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
日本はキャッシュレス決済後進国だから、普及を促進したいという狙いがあるのか。
現金以外のクレジットカードや電子マネーなどで決済した場合にポイント還元するという政府による増税負担軽減策が検討されている。
しかし、“現金族”からは、キャッシュレス決済が進まないのは、逆に誇っていいのはずだという声も上がっている。

黄昏流星群』『島耕作シリーズ』などの作者で、サラリーマン経験もある漫画家の弘兼憲史氏(71)。
自身の経験も踏まえて、次のように訴える。


「まず考えなくてはならないのは、相変わらずカード決済絡みの犯罪が多いこと。
僕もかつてカード情報を抜き取って悪用されるスキミング被害に遭ったことがあって、怖い思いをした。
やはりどこか信用できないところがあります」


弘兼氏は基本的に現金払いだが、高額な買い物はカードで支払うという。
キャッシュレス決済の普及に一定の理解を示す一方、“海外に倣って日本も”という考え方には疑義を呈す。


「中国では街角の屋台でもキャッシュレス決済になっていることなどを考えると、確かに世界的な流れなのでしょう。
しかし、中国でキャッシュレス化が進んだのは現金が信用できないからでもある。
日本ではニセ札などが少なく、現金に信用がある。誇ってもいいことではないか。


日本経済の成長を支えてきた世代は現金を信頼する気持ちが強い。
政府の施策もそうした人たちの気持ちをもう少し汲んでほしい」


週刊ポスト2019年1月11日号

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

■シャナナTV「社長!どうでSHOW!」に出演しました


■インターネットTV 「なにわTUBE ・ KAZUの頭見切れてる!」 に出演しました!


■たちばなはじめYouTubeチャンネルはコチラ!

■たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ

問い合わせバナー