たちばなです。

本日は土曜日。新潟の自宅からのブログ発信です。

 

「自宅のファンヒーターが壊れた」との事で、地元の大型店舗にでかけて購入してきました。

15畳用のファンヒーターが19800円。

6年前に買った時・・・・確か2万円を超えていたような記憶があります。

物価なんか上がっていないな・・・・って思いました。

 

 

ミネラルウォーターが2Lのボトルで67円。

以前は「水が2L100円だって!」って言って喜んで買っていた気がします。

物価なんか上がっていないな・・・・って思いました。

 

 

あらゆる商材を店舗やWEBで眺めていても・・・・ぜんっぜん物価なんか上がっていません。

 

 

皆さんは、「買う側」でもあり「売る側」でもあります。

飼う時はなるべく安く買いたいし、売るときはなるべく高く売りたい、という心理はよく理解しています。

でも、現代社会はWEBの普及や社会浸透によって、あまりにも消費者が賢くなりすぎてしまった。

 

 

売上を伸ばすには、客数を増やすか客単価を上げるしかないのです。

人口減少社会の日本で客数を増やすのは、「インバウンドが見込める業種のみ」

日本政府が「インフレターゲット2%」を達成できないのに、中小企業ごときが達成できるわけがない。

だから、客単価なんか上がらないんですよ。

客数増やせなくて、客単価が上がらないんだから、国内のあらゆる事業体に売上を伸ばす環境は非常に乏しい環境である、と考えてください。

 

 

売上至上主義は、もはや「バブルの置き土産」である、と考えていい。

「利は元にあり」を知って頂きたい。

 

起業の最大欲求は「利益の追求」であります。

売上を伸ばす作業は、利益を出すための「一つの手段」でしかないのであります。

 

 

有事に於いて、極めて大切なのは、売り上げを伸ばすことではなく、「資金の確保に務める事」であります。

それをつかむキッカケとして・・・・たちばなはじめがいる、と考えて頂きたい。

 

 

 

あなたのビジネスセンス・・・・もしかしたら・・・・ピントがずれているかもしれません。

それなら、ピント合わせましょうよ!

そんなに難しい作業じゃないですから(^O^)46642233_743820349285371_4624019450809548800_n

さて、本日もSNSに投稿した記事にお付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間をワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧になるのでしたら幸いです<(_ _)>

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

11月23日 一年前の自分のSNS投稿から

たちばなです。
 
昨日も、とある女性が来た。
「債権者に裁判で訴えられた!」と色めき立って。
 
はじめ:「良かったね。ゴールに近づく第一歩だね。おめでとう。」
 
女性:「へ?」
 
はじめ:「争いの場が法廷に移るって事じゃんか。電話来なくなるし訪問も無くなるね。だからおめでとう。」
 
女性:「裁判は、どうすれば?」
 
はじめ:「行っても行かなくてもあんたは負けるから、どうせ負けるんなら行かなくていいじゃん。」
 
女性:「負けたらどうなるんですか?」
 
はじめ:「負けたら法的な弁済義務を負うよ。」
 
女性:「じゃ戦わなきゃまずいですよね?」
 
はじめ:「民事裁判によって負った法的な弁済義務に従わない事の罰則がない。だからほっとけって。」
 
女性:「なにもしなくてもいい?」
 
はじめ:「何かする事ある?」
 
女性:「ほっとくだけ?」
 
はじめ:「おれは最初から ”ほっとけ” と言っていただろ?」
 
女性:「不動産は?」
 
はじめ:「収益生まない不動産なんかいらない、って言ってたじゃんか」
 
女性:「売却は?」
 
はじめ:「債権者が差し押さえて売ってくれるんだろう?あんた何にもしなくていいじゃんか(笑)」
 
女性:「あ、そうか。預貯金とか保険とかクルマとか・・・」
 
はじめ:「半年前に全部こちらの指導で逃がしてあるんだから、取られようがない。動産は動かせるから逃がして、不動産は逃がせないからカネで解決するしかない、って指導しましたけど。」
 
女性:「それはヤバいやり方ではない?」
 
はじめ:「借りたカネ返せなくて逮捕された人間はいない。」
 
 
 
半年ほど前に当方と契約した都内の女性。
嬉々として30分ほどの面談をしてお帰りになった。

【人間は ”忘れる” 動物】だね。
半年前にワタシが指導した事なんか、とっくのとうに忘れていたよ(笑)
 
人間は忘れる動物だから、一年間の投稿も再投稿して皆さんに思い出して頂く(笑)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

たちばなです。
 
本日は祝日なので、「戦略的悪態」を実行致します。
カネある人や、既存の概念から脱却できない人の中には気分が悪くなる人もいるでしょう。
無理して付き合わなくていいよ(笑)...

 
さて・・・先週もまた送られてきましたよ。
④の写真がそれ。
以前に商っていた小売業の会社で負った負債の約6億円のうちの約2700万円の催告書。
 
ワタシが、小売業の会社を辞めたのが、もう6年前。
時間的には、時効だと思うんだけど。
でも、相手も一度民事裁判で訴えて勝訴しているから、その判決日から起算して10年間は時効は来ない。
また、10年が経過しても、ワタシが「時効の援用」をしない限り、時効は完成しないんだ。
 
ワタシはそれはそれでいいと思っているんだ。
時効が完成してしまった時点で、ワタシは「元・多重債務者」になる。
時効が完成してしまわない時点で、ワタシは「現役・多重債務者」になる。
 
「商人として、また仕事として・・・・世間は元職と現役ののどちらに興味を見出すだろう?」
と考えた時に、ワタシはワタシが「現役の多重債務者」である事の方が商業上の利益を得やすい、と考えた。
 
また、ワタシは、銀行含めた債権者への借入金返済を停止して、浮いた資金によってクレジットカード等の支払いを実行しているため、生活上の支障は全くない。
 
更には、株式会社MEPたちばな総研では一切の金融上の負債は無く、資金も潤沢。
銀行から新規の借り入れをする予定は現時点でないし、今後もしばらくないだろう。
 
だから、ワタシが現時点で考えている事はコレ。
「多重債務を抱える資金的困窮者に安堵して頂き、悩みから解放し、資金的困窮から脱却して貰う為に、ワタシ自信が多重債務者であり続ける事が肝要である」
という事。
 
これによって出た結論は・・・・債権者からの督促状や催告書を公開し、対処法や、現況自分が置かれている立場を読者に確認いただいて・・・・
「オレが大丈夫なんだから、あんたも大丈夫だよ」
と言ってあげられる事が、この文字媒体メディアあるでSNSやブログやメルマガで出来る事と結論付けているのですよ。
 
それを踏まえ・・・・この④の様な催告書が送られてきたことは、ワタシにとって「おいしい」事である、と考えているのです(笑)
 
 
その①の平成28年2月の催告の段階では、まだ民事裁判の提訴はされていなかった。
だから、きっと催告書のフォーマットも比較的落ち着いた書式で、内容証明郵便で送付されているのが見て取れる。

23755362_1290585051087619_4354636834848471340_n
 
でも、その②とその③とその④については、民事裁判によって債権者側の勝訴、つまりワタシの負けが確定し、ワタシに「法的な弁済義務」が生じて以降もワタシは一切の対応をせず、今日に至っている。

23844547_1290585064420951_6843556991351921005_n
23755833_1290585074420950_404770149230469492_n
 
それによって、債権者が「定期的」に催告状を送付している、という類の書類、という事。
 
これさ・・・・その①の書類と違って、赤い文字使ったりして、結構おどろおどろしい書類だけどさ・・・・これ、一般郵便物として送られてきてるんだよね(笑)
 
ワタシがもし、「そんな書類受け取っていないし、届いていないよ?」って裁判で証言したらどうするつもりなんだろう?って思う(笑)
 
税金を財源にした独立行政法人の職務怠慢になる事を想定していないんだよね。脇が甘いんだよ。
 
何度も何度も裁判で訴えて、何度も何度も回収に勤めなきゃいけないんじゃないのかな?
尤も、ワタシから何が取れるものがあれば、の話だけどね。
ワタシ、なんにも持っていないモーン。
家無し・クルマ無し・生命保険なし・預貯金なし。
ワタシ名義のモノなんか何にもないよ。
 
前に言ったでしょう??
「取られるものが無い人間は法的に最強!!」って。
スッポンポンの人間に対して、「服を脱げ!」って言っているのと変わらない(笑)
 
その②でもその③でもその④でも書いてあるよね?
「連絡無き場合は法的手段を取る」って。
法的手段を早く取れよ(笑)
手紙以外は一度も来ないし、電話連絡なんかしていないじゃんか!職務怠慢じゃないの??

23905655_1290585131087611_3109368935825740186_n
  
また、「ご家族への多大な被害」って一体何だろうね?
近親者だからと言って、連帯保証人でもない人間に請求や回収をすることは、「第三者請求」と言って法律違反です。
どうやって、法律違反をせず、ワタシの母や妻や娘たちに影響を及ぼすことが出来るのか???
ましてや「国家全体の奉仕者」である役人が一体何をできるって言うんだ??
 
法治国家のルールに則って、むしろワタシは見てみたい(笑)
確認してみたいよ(笑)
 
「年利14,6%の違約金を加算する」と記載しているが、その金額がこの催告書の日付の段階で一切の記載が無い。
「ホントに計算しているのぉ~???」って疑いたくなるし、「ずさんな資金管理してるんじゃないのぉ~???」って疑いたくなる。
 
だって・・・
「法的手段を取る!」って言って取らないし、
「家族への多大な被害」を警告しながら法律無視して実行して来ないし、
「年利14,6%乗せる」って言って、その金額がいくらかを記載しないんだから、そんなところがキチンと資金管理しているって、ワタシは思えない。
だから、そんなずさんなところに返済したって、その返済が「無きもの」にされそうで、とってもとっても怖くって、おちおち返済なんか出来ないよ(笑)
 
更には・・・ワタシはそもそも2701万円の預貯金など無い。「預貯金」はね。
ワタシが実際に資金を保有しているかどうかの証明はワタシには出来ない。
「無い事の証明」は債務者には出来ないのですよ。
「債務者がある事の証明」を債権者がしなければいけないのですよ。
それが「民事裁判」であるのですから。
 
仮にワタシがそれを持っていたとしても、14,6%が加算されているわけだから、払ったとしても借金が終わるワケではない。
また分割で支払えば、利息に優先充当されるのだから、分割で支払ったとしても借金が終わるワケではない。
 
一方で、民法上借金の時効は5年ないし10年であるワケだから、催告書の②と③と④に記載のある、平成28年5月30日に長岡簡易裁判所で出た判決を踏まえ・・・・
平成38年5月29日まで、一切の対応をしなければ、ワタシの借金が「法的に終わる」という事。
 
それが嫌なら、債権者は何度も何度も民事裁判を提訴して、ワタシの時効が完成しないように、努力をし続けなければいけないね。
職務怠慢にならないように気を付けて頂きたいものだと強く思うよ。
 
仮にワタシが死ねば・・・・ワタシの家族は、ワタシから相続する財産が無い。
財産を相続しないという事は、負債も相続しない、という事。
妻・長女・次女・三女はワタシが死んだ後に、相続放棄をする。
ワタシの家族には・・・・・6億円の負債について、一切の責任を負わない、という事。
 
だからこそ、現在、ワタシがこの仕事をしている以上、ワタシは多重債務者である事が仕事上のメリットが大きいのだから、「すぐに借金を消す必要が無い」と言う結論に至るのですから、ワタシは現役多重債務者であることにこだわり続けるのですよ。
「自分が死ねば自動的に借金は終わる。だから今消す必要が無い」という事ですよ。

ワタシが声高に「借金ほっとけ論」を唱える意味がお解り頂けるのではないかな?
ワタシが声高に「取られるものが無いのは法的に最強!」と唱える意味がお解り頂けるのではないかな?
 
「事業主の最強且つ最大のリスクヘッジは、取られるものが無い環境を作る事」

「勝つ戦略」ではなく、「負けない戦略」を取る事が肝要なのですよ。

23659652_1290585624420895_269921572782294276_n
  
でさ・・・この件で、この債権者が一番怠慢だと思うのはね・・・・・この催告書が来るようになってから、二年近く経過しているんだけどさ・・・・一度も当家を訪ねてこない、という事ですよ。
書類を送ってくるのだからワタシの自宅の番地は理解しているんだよね?
 
何で来ないの?
回収する気があるの?
せめて電話くらいしておいでよ。
 
来ることも無い、電話すらない、現地を訪問して回収する気なんかハナから無い。
役人さんは「時間を売って給料をもらっている」のです。
回収できない事なんか解っているんだよ。
それによって、自分の給料が減る、なんてことも無いしね。
役人なんてそんなもん。
 
仮に、ウチに来たって・・・・ワタシが「みながわです」と名乗るかどうかは解んないけどね。
「みながわさんですか?」って訊かれたら言うよ。
「誰?あんた。免許証。まずあんたが名乗りなさい。オレが誰であるかを明かすのはその後だ。」って言うよ。
名乗れるかな??お役人さんがワタシに免許証出して名乗れるかな???
アンタが名乗らなきゃ、ワタシだって名乗る必要なんか無いんだからね(笑)
オレは、免許証や謄本を提出しない債権者は信じない。
融資を実行する際の銀行が、「あれだせこれだせ」って言うのとおんなじじゃんか(笑)
それが嫌なら、法的措置に出たらいいよ。
 
 
「返せば借金終わらない 返すのやめると借金終わる」の意味がご理解頂けると思います。
「果たしたい目的とそのための手段を揃える」の意味がご理解頂けると思います。
 
読者の皆さんは、ここまでやらなくていいんだよ。ワタシは、仕事としてやっているんだからね(笑)
と、勤労感謝の日にこれをしたためる事に意味があると思っているんだ(笑)
尤も、ワタシは死んだら自動的に終わるから、今終わらせる事なんかしないけどね。勿体なくてさ(笑)
 
 
「道義的責任」を持ち出す人間もいるだろう。
「破産したら道義的責任無いのか?」とワタシは反論するよ。
「否定するのは簡単だ。これ以上の資金的困窮者への救済方法をアンタは用意できるのか?」とも言うかもね。
 
弁護士に高いカネを払って借金を踏み倒す行為にこそ道義的責任があるんじゃないか!?
 
視野が狭いんだよ。
思慮が浅いんだよ。
金融の原則を知れ。
資本主義経済社会を知れ。
資本主義経済社会に於ける日本の社会情勢を知れ。
 
 
 
 
来春に次女が小学校に入学する。
注文したランドセルが入荷したようだ。
明日から7泊8日で出かけるので、ドライブがてら、ランドセルを取りに行く。イオン新潟南まで車で約40分。
「お前のなんだから、お前も一緒に行くぞ」とワタシから次女に。
「私が買ったんだから、私も一緒に行くわ」と母。
「私は仕事だからパパよろしく」と妻。
「私だって、ちょっと見たいものあるし」と長女。
そうなりゃ三女も連れて行かないワケにはいかない。
 
フードコートで昼飯を食わせりゃ・・・・五千円では終わらない(;´∀`)。
我が家は外食のランチは、家計費から賄われず、ワタシが出すことになっている(-_-;)
 
明日から、九州行脚。
ガッチリ頑張って仕事しよう!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

■シャナナTV「社長!どうでSHOW!」に出演しました


■インターネットTV 「なにわTUBE ・ KAZUの頭見切れてる!」 に出演しました!


■たちばなはじめYouTubeチャンネルはコチラ!

■たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ

問い合わせバナー