こんにちは。たちばなです。
本日は火曜日。新潟の自宅からのブログ発信です。

FB_IMG_1490681097545 (002)


「少し親元から離れさせて、見聞を広めさせてみよう。」と思い、この春に小学6年生になる長女を、姉の住むシンガポールに10日ほど送り込みました。
今年に77になる母親も、「あたしだって、あと何回いけるかわからないから行きたい!」と、長女にくっついていきましたが(笑)

そんな母と長女が先日帰国しましてね・・・・成田空港までに迎えに出来る前日に、ワタシは妻と次女と三女を伴いまして、東京の上野動物園に出かけましてね。
チビ達二人にも、それなりに見聞を広めさせた次第です(笑)

次女と三女にとっては、初めての東京観光。
日頃、人口4万人の新潟の田舎しか知らない彼女たちにとっては、大きな経験となった事でしょう。


長女と母を成田に迎えに行って、新潟に帰る途中で、「プリンをマヨチュチュ」しました(笑)
DSC_0135 (002)



ワタシ自身も・・・・日頃は「6人家族」に慣れてしまっている身であることを感じました。
二人いないとさ・・・・なんとも「秋風」を感じてしまうんだよね。春なのに(笑)


月に10日程度しか自宅にいないワタシでも、「虚脱感」を感じてしまうのだから、毎日家にいる妻はどんな感じだったろうか・・・・って思っていましたら、ワタシが仕事で出かけている時には、チャッカリ実家に帰っていましたよ(笑)

妻も、それなりに虚脱を感じていたのかもしれないね。
夫婦でそんな話をしているワケではありませんが。




今日から6人家族に戻りました。
ワタシは、今日から新潟に三日間滞在して、Skype面談やデスクワークをこなしながら過ごします。


さて、本日もSNSに投稿した記事にお付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間をワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧になるのでしたら幸いです<(_ _)>

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4月1日 茨城県結城市にて

たちばなです。
 
この仕事を始めて丸六年・・・初めて青年会議所からの講師依頼で茨城県結城市を訪ねました。
一年位前に、都内でセミナーを聴講くださった男性が、「ぜひ、俺らが街にも!」との事でおしゃべりに行ったんです。
17758206_1121238388022287_6298350940832475992_o

ワタシもかつて、小売業を営んでいた時に青年会議所に入会していたこともあってさ・・・見るもの聞く事が、懐かしかった。 理事長さんから丁寧なご挨拶があり、例会の進行は、青年会議所独特のモノ。
 
懐かしすぎて・・・思わず口元が緩む。
 
 
昨日は150分の持ち時間だったので、
「信用保証強化の闇と歪み」に関しては割愛しようと思ったので、
「今日は時間が足りないから、信用保証協会の闇と歪みに関しては懇親会で、希望者にお酒飲みながら話そうと思います。」って言ったらさ・・・・。
 
多くの聴講者から、「聞きたい!」とお声かけ頂き、急きょ20分延長。
丁寧にお話しさせて頂いた。
17545339_1121239688022157_5556506104755972546_o

 聴講者は約30名。
壇上からしゃべっていても、眠そうにしている人はいなかった。
みんな興味津々で聴講してくれたよ。
 
 
たださ・・・・二代目以降の世襲経営者が多いようだ。
会計や財務の話をしだすと、途端に聴講者のリアクションが薄くなる。
聴講者の頭上に「?」のマークが出てくる。表情に出て来るんだ。
 
かつての自分を見ているようだったよ(笑)
  
先代が築き上げた事業の素地に、なにも理解せぬまま当時30歳だったワタシは社長になった。
「経理は従業員に任せてある。」なんて言っていたことは、今思い出せば、何とも恥ずかしい事。
  
当時のワタシは「任せていた」のではなく、「委ねていた」んだ。
大事なことから目を反らし、「現場第一主義」などと体裁の良い御託を並べ、会社の数字から目を反らし続けていたんだ。
ワタシは、だからこそ事業に失敗し、「同じ過ちを繰り返すまい」と、会計の勉強をし、その素地で今日に至っている。
  
「任せる」とは、当事者が把握した上で、仕事を預ける事と思っている。
「委ねる」とは、当事者が解らないから、仕事を預ける事と思っている。
   
事業主は、任せる事はあっても、委ねる事があってはいけないと思うんだ。
   
昨日のおしゃべりは、ワタシの通算590回目のおしゃべりだったが、初めての青年会議所でおしゃべりして思った。 感謝しているからこそ、強く申し上げたい。
結城青年会議所のメンバーは、大変企業の会計に疎い、という事。
少しだけワタシが年上だから、説教がましく思われるかもしれないが・・・・も少し勉強した方がいいな。
 
「現場第一主義」という言葉にほだされていないか?
「事業の根幹である会計」から目を背けていないか??
「日常のルーティンワーク」に忙殺されていないか???
 
別に明日から経理の仕事をやれ、と言っているんじゃない。
会社のカネの流れを把握しろ、と言いたいんだ。
 
ワタシは心配だ。
日本の中小企業の「世襲経営者」が心配だ。
 
ワタシのようなものに、日本で最初に声をかけてくれた結城青年会議所に感謝しているからこそ、申し上げたい。

「研鑽を積む」という事を忘れないでほしい。
17637121_1121239578022168_1177816815178304780_o
  
青年会議所活動は、確かに楽しい。
でも、楽しいだけじゃダメなんだ。
事業があってこその青年会議所活動なんだ。
忘れるな。
事業主の本文は事業であり、儲けを出すことなんだよ。
かつて、それを忘れた経験があるワタシだからこそ、あえて申し上げたいと強く思った。
17621915_1121238384688954_7150385195529884309_o
 
   
懇親会では、ほぼ全員と楽しく酒をあおった。
みんなが、ワタシに寄って来てくれて、質問攻めにあった(笑)
酔っぱらいながらも知っていることは詳しく教えたつもり(笑)
  
結城青年会議所には、「地銀マン」もいたよ。
茨城県内の大手地銀の行員さん。
 
懇親会の最後に隣に座ってくれて、いろいろとお話をした。
面白かったよ・・・・絶対にワタシとは名刺交換しないんだ(笑)
本人はにこやかで快活。ナイスガイだったんだが・・・・名刺交換はしてくれなかった。
そこは、彼の立場を慮る事にしよう(笑)
FB_IMG_1490507575166 (002)

  
 
では・・・一度新潟に帰り、妻と次女と三女を車に乗せて、上京する。
週明けの朝に、長女と母がシンガポールから帰国する。
成田に迎えに行きついでに、次女と三女を上野動物園に連れて行こうと思うんだ。
 
 
 
皆さん、良い週末を(^_-)-☆


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4月2日 たちばなはじめ ブログ・SNS・メルマガ管理人 奥田雅也の投稿から


先日、私のお客様である外国人経営者が面白い事をおっしゃっていました。
   
「この低金利時代、銀行から金を借りて不動産投資をして収益を稼ぎ、その不動産の収益力が落ちて稼げなくなったら、どうせ銀行が担保を設定しているんだから、銀行に不動産を渡せばいいじゃん。それで終わりでしょ?なんのリスクもないよね?」
  
やっぱりお金に対する概念が全く日本と違います(笑)
   
特に経営者がマネーリテラシーを上げるためにも読んでおきたいブログはこちらです。
http://tachibanahajime.blog.jp/

ヒラリー

  
借金を理由に無駄な「破産」「自殺」は絶対にいけません!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!



■たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ