こんにちは。たちばなです。
本日は月曜日。新潟の自宅からのブログ発信です。

42917052_716763251991081_5486815592449048576_o

「交渉事」と言うものは、相手の出方を見ながら展開していかなきゃいけないんだ。
「相手の出方」をいくつか予想し、想定したいくつかのパターンに対してそれぞれの対応策を準備しておかなければいけないんだよ。

また、
相手との「利害関係」について、一致しているならそれなりの・・・・反対ならそれなりの・・・・各々の対応策がある、という事ですよ。

「カネを貸してくれる銀行」には融和策を以って交渉に臨むべきだし、
「カネを貸してくれない銀行」には、決別を前提に交渉に臨むべきなのですよ。
 
「出たとこ勝負」では、勝てる交渉も勝てないよ。
「好き嫌い」で交渉に臨んではいけないんだ。


今日は、そんなところをヒントに、下記の投稿と致します。


さて、本日もSNSに投稿した記事にお付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間をワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧になるのでしたら幸いです<(_ _)>

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

10月6日 一年前の自分のSNS投稿から

たちばなです。
 
こんな交渉も・・・もはや定例化(笑)
 
銀行員:「返済はどうなっていますか?」
事業主:「カネが無い」
銀行員:「返してください」
事業主:「カネが無い」
銀行員:「信用無くなりますよ」
事業主:「まだ信用してるのか?じゃカネ貸してくれ」
銀行員:「貸せないですよ」
事業主:「じゃ信用なんか無いんじゃん」
銀行員:「差し押さえますよ」
事業主:「いいけど、、、何を押さえるんだろう?」
銀行員:「裁判起こしますよ」
事業主:「民事裁判ね」
銀行員:「どうするつもりなんですか!?」
事業主:「5年か10年放置して解決する」
銀行員:「そんなずっと先の話じゃないでしょう」
事業主:「返し続けるよりは早い」
銀行員:「破産するつもり?」
事業主:「破産するカネがあったら他の事に使う」
銀行員:「破産してくれた方が我々も楽です。」
事業主:「破産するからカネ貸して」
銀行員:「破産しなければ請求や督促は続きますよ。」
事業主:「請求も督促も手を抜かずドンドンしてくれて良いんだよ。払うか払わないかはこっちが決める事なんだよ。」
 
【なんにもない人間は法的に最強】
【不動産・生命保険・車輌・現金】は所有せずに使用する。

これは借入しながら事業を廻す者の ”最低限の務め” と思って下さい。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
たちばなです。
 
6年半で2300件のご相談を受けた。
2300件も相談うけているとさ・・・・ある意味、個別面談も定例化してくる。
今回は、その「定例化」されたご相談者とのやり取りをここに記載しようと思う。...

特に、どこの誰のご相談案件、と言うものでもない。面談内容の記憶を辿りながら書くことにする。
 
相談者:「借入金の返済がキツいんです。」
 
はじめ:「キツいなら返済やめればいい。」
 
相談者:「返済止めたら大変な事に・・・」
 
はじめ:「どう大変になるの?」
 
相談者:「・・・・・」
 
はじめ:「返済止めてどうなるか? も解んないのに大変なの?(笑)」
 
相談者:「でも、返さなかったらもう借りられないじゃないですか。」
 
はじめ:「もう既に借りられないじゃんか。今ある借金を返しても返さなくてもあなたは借りられないよ。」
 
相談者:「・・・・・」
 
はじめ:「だいたいさ・・・返せもしないくせに、まだ借りる事考えてるって・・・おかしくない?」
 
相談者:「仕事の性質上、借入が出来ないと事業の継続が困難です。」
 
はじめ:「返済やめても、まだ借りなきゃ資金が廻らない仕事なら、さっさとやめた方が良い。また繰り返すよ。新しい世界に自分を投じた方が良い。」
 
相談者:「今さら何やれば・・・・」
 
はじめ:「新しい仕事を考えればいい。無いなら勤めに出ればいい。勤めが嫌なら何かビジネスを考えろ。それが出来ないなら労力と時間を売れ。」
 
相談者:「今までこの業界しか知らないし・・・」
 
はじめ:「ワタシは39で小売業から足を洗ってコンサルになった。50代でも60代でも70代でも起業している人間などたくさんいる。企業の社長から会社を廃業し、スーパーの清掃員になった人だっている。この業界って言うけど、ハナから経験のある人なんかいないんだよ。“よっしゃ!いっちょやったるか!” と自分に言い聞かせようとは思わんか?それが嫌なら、今の会社で事業体で、返済やめてどうにか採算合わせるしかない。銀行からはカネが借りられないんだから、返済やめればいくらか資金は出来るはずだ。その中で資金が廻るような形態を考えろ。それしかない。もちろん、あんたが今まで以上に仕事を頑張る、と言う前提でワタシはモノを言っているよ。」
 
相談者:「このまま一生カネは借りられない?」
 
はじめ:「あなたがもし、カネを貸す側の人間だった時に、あなたのような人が融資の相談に来たら、カネを貸そうと思う?」
 
相談者:「思わないです」
 
はじめ:「あなたがあなたにカネを貸そうと思わないんだから、あなた以外の誰もあなたにカネは貸さないよ。今後、返済やめて事業を廻して、時を経て事業の資金繰りが改善していけば、あなたの内部留保が増えて行く。やがて、借金は時の経過により解決して、あなたが“元多重債務者”になった時に・・・あなたもあなたにカネを貸そうと思うのではないだろうか?」
 
相談者:「資金繰りが改善した時に、資金などいらないですよね?」
 
はじめ:「あんたが貸す側だった時に、カネある人間にカネ貸したい?カネ無い人間にカネ貸したい?」
 
相談者:「・・・・カネある人間ですかね・・・」
 
はじめ:「あんたがそうなんだら、銀行員もカネある人間にカネ貸したいんだよ。だから、カネを借りたいと思ったらカネを作るしかないんだよ。売上伸ばしてカネ作れなかったんだろう? で、経費や仕入れ抑えてカネ作れなったんだろう? それじゃ返済やめてカネ作る以外にどこでカネ作るのさ?」
 
相談者:「たちばなさんって・・・なんでそんなに知っているんですか?」
 
はじめ:「経験したからだよ(笑)。レンタルビデオ屋でカネが出来て、みんなにチヤホヤされて有頂天になって、燃料販売の商売で取引先が破たんして手形が焦げ付いて、蜘蛛の子を散らすように周りから人がいなくなって、銀行の態度がガラリと変貌し、その変化についていけなかった親父が体調崩して、ワタシがしぶしぶ社長になって、銀行にいじめられ続けて・・・・親父が死んで商売辞めようと思って、破産しようと思ったら、弁護士に破産費用を吹っ掛けられて、破産が出来なくって・・・・その後ある金融コンサルから借金の時効を知るに至り、それをワタシに教えない弁護士に嫌悪感を抱くようになり、現在の仕事を始める為に東京に出たら、世間の風当たりがもの凄くって、あっという間に “ならず者” のレッテル貼られて、へこたれずに、夜行バスで新潟と東京を往復し、漫画喫茶とカプセルホテルを泊まり歩き、異業種交流会に出まくっては出入り禁止になり、それでも・・・・・協力者を待ち続け、ご縁を頂き、少しずつ少しずつ内部留保を増やしていき・・・・新幹線通勤が出来るようになり、神田小川町に事務所が借りられるようになり、神田神保町に部屋を借りられるようになり・・・・複数の銀行出身コンサルにワタシの会社の決算書を見せた時に・・・“たちばなさん、これカネ借りられますよ” と言う評価を受けた。でも、現在はワタシにはその資金の需要は無い。そして、そういう状況になるに至るまでの間、ワタシは2300人のご相談者の悩みに耳を傾け、対策を講じ、救済をしていくんだけど、その時の債権者の動きを見たり聞いたりしていく蓄積の中で・・・・今日の “たちばなはじめ” が存在しているのですよ。ワタシだって、毎日の修練を重ねて今日があるんだよ。」

相談者:「今はたちばなさんはいいですよね。」
 
はじめ:「いつ足元をすくわれるかわからない、という警戒感は常に持っているよ。だから昨日よりは今日の成長を自分に課すし、今日よりは明日の成長を自分に課すよ。人間は成長する動物でなければいけない。現在のワタシだけを見れば、あなたは羨ましいかもしれない。でも、そうなるまでには幾多のワタシなりの苦労はあったと思うし、今後もそれは続く事を想定して仕事はしているよ。」

22289695_1259774640835327_6180811750872465605_o
  
 
一年ほど前の、ワタシと長女(当時小学5年)との実際の会話を下記に付記する。
長女は、ワタシが東京で 「たちばなはじめ」として仕事をしている事を知っている。
長女は、たちばなはじめが借金コンサルとして仕事をしている事をなんとなく知っている。
 
 
 
長女 :「パパ、欲しいものがあるからお小遣いちょうだい。」
 
はじめ:「小遣い?お前、ママからいくらお小遣い貰ってんの?」
 
長女 :「1500円」
 
はじめ:「5年生で1500円貰ってんなら立派なもんだろ!小遣いって・・・いくら欲しいの?」
 
長女 :「3000円」
 
はじめ:「それなら二か月貯めて買いなさい。」
 
長女 :「・・・・・大人は足りなくなると借りるからズルい!」
 
はじめ:「!!(絶句)・・・・・お前、いいセンスしてるわ。オレの仕事出来るぞ!(笑)」
 
長女 :「イヤだよ!そんな仕事!」
 
はじめ:「それも正しいわ(笑) そうだ。こんな仕事をお前はしちゃならん!(笑)」
 
 
 
ワタシが、何を言いたいかわかる??
当方をお訪ね下さる、ご相談者のどなたよりも、ワタシの長女の方が「まとも」だ、と言うことを申し上げたいのですよ(笑)
 
皆さんは、世俗にほだされて、「世界有数の “カネ借りやすい大国・日本” にドップリと浸りまくってしまったんだ。
昭和30年代後半から急速に高度成長を迎え、住宅ローンが拡充し、カネを借りる事が当たり前になってしまった国にほだされてしまっているんだよ。
 
その上で・・・・敢えて・・・・敢えて、たちばなはじめが申し上げる。
基本的には「借りたカネは返さなければいけない」のですよ。
「足りなきゃ借りればいいや」というスタンスの下には、明確なビジネスロジックの形成がなされていないと持ってはいけない発想なんだ。
・最大値で発生コストを想定し・・・
・最小値で発生売上げを想定し・・・
・必要資金を計算し・・・
・資金の調達を実行し・・・
・回収サイトや見込で資金繰りを計算し・・・
・ある程度のロスも見込んだうえで・・・・事業の計画を作らなければいけないんだ。
 
 
ワタシはかつて商っていた小売業で・・・・その一切を放棄してしまった。
そしてワタシは現在の商っているコンサル業で・・・・それを実行し、その重要さを誰よりも知っているんだ。
 
だから、知って欲しい。
ワタシの様な、「たちばなはじめ」という仕事がある事を。
資金繰り改善の手法には、「平時の資金繰り改善」と「有事の資金繰り改善」があり。平時と有事では、思考回路と実行手段を徹底的に変えないと乗り切れない事を。
 
 
 
 
世間は、ワタシを「マイノリティ」と評価する。
でも、世界的には、「貸し手側の責任を問う」と言うのはマジョリティの発想なんだ。
つまり、日本社会ではワタシはマイノリティではあるけれど、世界の先進国の中ではワタシの思考はマジョリティであり、
「借りたカネは死んでも返すべき」と言う発想は、世界的にはマイノリティであるのですよ。
 
昨年一年間での自殺者が約22000人。
未遂者を含めると、この数は9,7倍に膨れ上がる。約215000人
ワタシはこの中の、最低40%はお金の貸し借りで自殺を実行しようとしていると考えている。
この約85000人にワタシの情報がもたらされたら・・・・・自殺者や未遂者は半分か三分の一以下に出来ると考えているんだ。
 
だから、ワタシは書き続けるし、しゃべり続ける。
それこそが、「人助けとビジネスの両立」につながるのだから。
【資金繰り改善の第一歩は “知る” 事から】

22219579_1259774570835334_692285822647504204_o

 
さて・・・・・そろそろ上京いたします<(_ _)>

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!


■インターネットTV 「なにわTUBE ・ KAZUの頭見切れてる!」 に出演しました!



■たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ

問い合わせバナー