こんにちは。たちばなです。


中小企業経営者の資金繰りの話。

皆さん、「リスケ」って知ってます?「リスケジュール」の略。


債権者への返済条件の変更交渉。返済期日を延ばす代わりに、月々の元金返済や利息の支払額を減らす要求を銀行などと行い、資金繰りを改善する事です。


数年前に、亀井静香金融担当大臣(当時)の肝いりで作られた、「中小企業金融円滑化法」。来年三月までの時限立法で、現在金融庁のHPなどでも、「来春以降の延長は行わない」謳われています。


来春までは、金融機関はリスケは比較的簡単に交渉に応じてくれます。この交渉を経営者に指導して、手数料などを取ろうとするコンサルタントが多いですが、こんなのにお金なんか払う必要なんかありません!


でも、来春以降の金融機関の対応は・・・どうなるんでしょう?


複数の税理士に「実際、どうなると考えますか?」などと聞いて廻っていますが、どれもハッキリしない。


ハッキリしない事がハッキリわかりました^^;。




ということは・・・・今後、リスケがある、と思っていて無かったら悲劇だから、無いと思っていた方が良い、と言うのが現時点での結論です。


無い、という前提で考えると・・・すでにリスケを実行中の企業は、来春以降は、支払額が増加、つまりは経費が増えるということになります。その準備を日本政府は中小企業に対して、迫っている、という事です。




その時に会社を仕事を続けるための準備はできていますか?

いまからその準備をしても間に合います。すでにたくさんのお問い合わせを頂いています。



無論自己破産もさせませんし、事業を続けたければ続けて頂いても構いません。



銀行の言いなりにならなければ良いのです。彼らは民間企業なんです。一般企業で値引き交渉なんかいろはの”い”です。その為の手立て我々が一緒にやります。




「絵に描いた餅」をウマイから喰え、と言いません。一緒にウマイ餅を作りましょう!







自己破産しちゃいけない! 自殺はもっとしちゃいけない!!

-----