こんにちは。たちばなです。上野で定期的に開催される異業種交流会に参加しようと、上野駅周辺を歩いていたら・・・・・とあるところの交流会で知り合った建築関連の経営者の 「Y」 さんが、上野の交流会会場に向かう姿が・・・・・



「Yさん!こんにちは。たちばなです。会場に向かうんですね?今日も頑張りましょう!」



と声をかけると、Yさんがキョトン。



「たちばなさん、今、アンタのブログ読みながら歩いてたんだよ。いつも楽しみにしてるよ。」と。



ここにも本ブログの愛読者がいる事が確認でき、嬉しく思いました。



Yさん、今日も読んでくださっていますよね??またお目にかかりましょう!












さて、先日の面談では50代の男性経営者 「M」さん」。会社経営者。とある異業種交流会で、定期的にお目にかかる方で、先日私の定例セミナーにもご聴講頂いた方です。私の仕事を理解した上での面談要請でした。


一般的には、「不況業種」 とされる業界の方ではありますが、Mさんの事業展開は斬新で私も「なるほど」と思える形態で展開中。


Mさんは、ご商売が順調で資金的にキツイ、という状態ではなく、ご相談内容はMさんのご友人の方に関する内容でした。


ご友人は60代半ば。ガンに冒されており、現在入院闘病中。クレジットカード等ノンバンクの借金が約300万円と、リースの残債務が約100万円。


闘病中につき、返済など出来るハズもなく、返済が滞りまもなく約二年。病床のご友人がMさんに相談をされ、権限の委任を受け、私に面談を求めてきた、というワケです。



詳細は申し上げられませんが、この方の救済も可能でしたので、救済出来る旨をMさんにお話しさせて頂きましたが・・・・。



我々も、仕事である以上報酬を頂きます。後払いとは言え・・・・・。




ここで問題が二つ。






一点目は、ご友人が病気で働けず、収入は年金のみ。これまで二年ほど返済が滞っている中で、我々が仕事をしても 返済ゼロからはゼロしか生まれず、我々の仕事によって新たな生活財源を生まず、そればかりか、我々に支払う報酬が発生する事で、新たな支出がご友人に生まれてしまう事。



二点目は、ご友人が捻出出来る金額は限られており、報酬の不足分はMさんに請求しなければならなくなってしまう事。







権限の委任を受けている、Mさんが 「泥をかぶる」 状態になってしまうんです。これでは 「救済」になりません。



聞けば、ご友人は年齢もあり、入退院を繰り返している状態。病状の回復見込みは難しいのではないか?というのはMさんの認識。










ご友人の借金は、連帯保証人もおらず、担保設定もなし。リース物件などはリース会社に返却してしまえば、残債務などの返済はどうにでもなる。




Mさんには、


「失礼な言い方ですけど、ご友人の回復の見込みが薄いのであれば、そのままにされておいてはいかがですか?もう二年返済していないのであれば、あと三年で時効ですし、債権者が病院にまで回収に来ることは基本的には考えにくいです。メジャーな会社である債権者が病院に回収に来たりすることば、不当な回収行為として告発を恐れますから・・・・。”棺桶”まで借金はついてこない。という事ですよ。本当に失礼な言い方ですが・・・・。」



という事で、私の提案を申し上げ、今一度ご友人と話し合う事をお勧めし、当方からご契約の提示は行わずお帰り頂きました。




Mさんとご友人のお付き合いの深さは、わかりませんし、あえて伺いませんでした。

もしMさんから 「彼は私の無二の親友だ!」 などと聞いてしまえば、私に情が移る、と思ったからです。



仕事でやる以上、お金は頂かなければなりません。Mさんとは仲良しだからと言って、彼にだけ特別な便宜をはかれば、これまでのお客様に対して理屈が成り立ちません。今後もMさんとは顔を合わせるので、なおさらです。









以前も書きましたが、借金も病気も一緒。早期発見・早期治療が大切です。



資金繰りも、「ちょっとキツイな・・・」程度のうちに手を打っておくと、回復も早いですし、我々の仕事によって得られる改善度合いが、劇的に変わってきます。












私は情報を 「安売り」 します。情報を高く売る事を 「東京商売」 と呼んでいます。私は新潟の田舎者ですから、東京商売は致しません。



毎年毎年、10万件以上が自己破産申請をしています。自己破産で得られるメリットはただ一つ!


「返せ返せ!と言われなくなる事。」


これだけです。







会社や仕事を続ける為に、人生の再建を早めるために、自己破産は足かせになります。








だから・・・・・・











自己破産しちゃいけない! 自殺はもっとしちゃいけない!!




自己破産防止のための中小企業の資金繰り改善法 公式ホームページ

中小企業の資金繰り改善法 facebookページ

中小企業の資金繰り改善法 twitterアカウント

-----