こんにちは。たちばなです。昨日は、本ブログや当社ホームページの運営をサポート下さっている会社にお邪魔し、担当者の方と今後の運営に関してお打合せしながら、ホームページやブログの改善に関して検討を重ねました。


担当者からのアドバイスとして・・・・本ブログの行間について、改善の指摘を頂いたので、早速対応してみました。読みやすいですか?読みづらいですか?よろしかったらご意見下さい^^。


以前より申し上げておりますが、私はITがあまり得意ではなく、あまり詳しくありません。自分が仕事でブログを書く、などという事は自分でも驚いています。イロイロなテクニックやノウハウを頂きました。なるほどなぁ・・・って思いました。




そしてその後、夕方から4名の方との面談をさせて頂きました。相変わらずすべての方が自己破産の必要なしでした。


お一人は、両親の経営する会社の清算について、残った借金の処理についてのご相談。

こちらはいつもの「会計法」の問題でどうにでもなります。契約に向け前進。


お二人目は、ご自身の事業不振で借入金の返済原資捻出に困窮しており、今後の債権者対策。

こちらも、無担保での借り入れにつき、債務者主導で返済スケジュールの調整が可能。一部利息の減額要請を交渉のカードにして、更なる有利な条件を引き出す、という目論見。契約に向け前進。

一部、別の事案で弁護士などとも契約しており、弁護士との契約に関する資金の捻出についても苦労しており、心情的に何とか救済出来ないかと、思っています。


お三方目は、サラリーマンの個人での住宅ローンのご相談。

5000万以上のローン残債で、年収がここ一年で3割程度減り、返済原資の捻出が困難との事。一つの付帯条件を呑んで頂く事で、ローン残債から逃れる事が出来る事を提示し、今一度持ち帰り家族と協議する、との事。しばし保留。


四人目の方は、リフォーム業の経営者。30代の男性でお姉さんと一緒に面談。負債額はそれほど多くないですが、件数が多く、手間がかかりそう。住宅が担保に入っているが、家族への思いが強く、ご本人曰く「絶対に住宅を手放したくない!」との事。

損得勘定だけで考えれば、会計法で家を手放せば無借金になれるのに・・・と思いつつも、その家で過ごしてこれまで思い出は、プライスレス。我々が口をさせる事ではありません。

一つ、当方から付帯条件を提示したところ、「それでも家を守りたい」 との事。それなら・・・と契約に向けて前進する事になりました。


面談終了が、夜9時を過ぎてしまったため、久しぶりにお酒を頂かず、ホテルで独りテレビを観ながら食事をしました。



昨晩は第二木曜日。いつも参加している異業種交流会の日でしたが・・・・参加できなかったなぁ。

「守成クラブ 東京上野」って言うんですけど、私はそこの会員になって半年。そこで頂く仕事もありますが、私は何よりそこでお目にかかる方々の人柄に心酔しています。


私、日常的にいろんな異業種交流会にさんかしますが、「守成クラブ 東京上野」は、私にとって特別。

いいのか悪いのか、ここでは仕事のアピールをあまりしません。何よりここで仲良くなった方々と飲みたいんです。飲む為に参加するんです^^;。この会だけは特別。楽しい方々の集まり。


東京での身寄りがない私にとっては、「身寄り」かもね・・・^^;。



さて、本日もこの後、難しい案件にトライします。大阪から上京し私と面談下さるとの事。事前に電話で下話をしていますが、キーワードは・・・「国税通則法」。

日頃、手を組む人間と一緒に面談に臨みます。クライアントご本人に迷惑をかけず、匿名で可能な限り、面談内容及び今後の対応などを公開出来れば、と思っています。



そうそう、IT企業から頂いたアドバイスがもう一点。

「”自己破産” や ”自殺” などのネガティブワードは、ブログでは避けた方がいいかも・・・でも、たちばなさんの仕事内容なら仕方ありませんけど、避けられるなら努力をお願いします。」

と言われました。


でも、これだけは避けられません!今日も書きます。





「自己破産しちゃいけない!!」 「自殺はもっとしちゃいけない!!」



自己破産防止のための中小企業の資金繰り改善法 公式ホームページ

中小企業の資金繰り改善法 facebookページ

中小企業の資金繰り改善法 twitterアカウント


-----