こんにちは。たちばなです。クライアント様から、お叱りを頂きました。注意でもクレームでもなく、「お叱り」 です。70代後半の男性 「F」 さんでした。お叱りの内容はこうです。


「たちばなさん!あんた弁護士じゃないの!?セミナーで弁護士って言ってたじゃない!経歴詐称だよ!」


「私はセミナーで、自分を弁護士と名乗った事は一度もありませんが、私のセミナーの中に”弁護士”という言葉はよく出て来る事は認めます。それを勘違いされて、私自信が弁護士だと思われたのではありませんか?セミナーでも申し上げた通り、私はただの”元多重債務者”ですよ。誤解を生じさせたのでしたらお詫び申し上げます。」


上記やり取りを行った後、Fさんから電話を切られ、その後は音信不通。おそらく契約の意思は無い、という意思表示なのだろうと、想像しています。

Fさんからは、縁を絶たれてしまいましたが、面談料などを事前に頂いていなかったので、Fさんに金銭的な被害を及ぼすに至らなかったので、改めて・・・私の仕事のやり方は正しいんだ、と思いを新たにしました。


弁護士さんは立派な職業であり、社会的に必要な仕事である事は間違いありません。しかし、「債務整理」に関しては、自己破産を含めたあらゆる債務整理の手続き関して費用が高すぎるし、前金であり、無一文では債務整理が出来ない事に問題がある、という事をセミナーで都度申し上げています。

法的な債務整理手続き以外にもいろいろなやり方があるんですよ。というスタンスでセミナーを行っています。その際に、セミナーで ”弁護士” という言葉が多く出てくるので、Fさんは、私が弁護士と思われたのでしょう。年齢を重ねた聴講者についての配慮は今後改善課題となりました。これについては反省。


今一度申し上げておきます。私は弁護士ではありません。ただの多重債務者です。多少債務に関する法律に詳しい、ただの多重債務者です!そして・・・「自己破産させない屋」です。


「借金の問題を、弁護士以外の人間に相談なんて・・・・」と、思われた方に、無理に話を聞け、などと申し上げるつもりはありません。

私は、ただただ愚直なまでに、国内法に基づき、借金の問題は自己破産などしなくても、解決が出来る事を、「私の経験談」 としてお伝えしたいのです。

なぜそんな経験をお伝えしたいのか・・・それは、「自分と自分の家族を守る為」に必要な知識だからです。

残念ながら 「自己破産」 は、自分を守ることにはなっても、家族を守る為の手段としては不適当です。

資産をすべて奪われてしまうからです。

詳細はセミナーや個別面談で延べます。長くなるので、ここでは止めておきますね^^;。





今日は火曜日ですが、まだ新潟におります。今日は午後から越後湯沢で面談があります。

北陸地方の経営者との面談なんですが、ご本人が東京出張中で、郷里に帰る際に上越新幹線で、越後湯沢で乗り換えする、という事でタイミングを合わせて面会するんです。交通費削減の一助になりますね^^。



負債が大きくても、小さくても。

商売が続けたくても、やめたくても。

家族がいようと、いまいと。

私は信じようと、信じまいと。


私は、今日も言い続けます。「自己破産しちゃいけない!」「自殺はもっとしちゃいけない!!



自己破産防止のための中小企業の資金繰り改善法 公式ホームページ

中小企業の資金繰り改善法 facebookページ

中小企業の資金繰り改善法 twitterアカウント


-----