こんにちは。たちばなです。長野県松本市に向かう電車内からのブログです。

松本市内にノーベル賞候補の技術がある、との事で、プロモーターのお取り計らいで現地に向かっています。体験してきます。

思わぬところに、思わぬ革新的な技術があるんですね・・・・。「知らない」とは恐ろしいものですね^^:。

インターネットが広く普及して、しばらくの時間が経過しました。

数年前まで新潟で小売業を生業としていた私の認識では、「地方と首都圏の情報格差はほぼない・・・」と思っていました。

情報格差の距離をインターネットは確実に埋める、って思っていましたが、東京で仕事をするようになって10か月経過し、その認識が明らかな間違いであることに気が付きました。

無論、情報の絶対量が多いので、インチキ臭い情報も多く、情報を得る側には、それを精査する能力も求められますが・・・・。


私の仕事に関する情報も、聴く人によっては「インチキ臭い情報」の部類に分けられているかもしれませんが・・・^^;。



ただ、同じ情報量でも・・・

「自ら情報を取りに行く。」のと、

「情報が方々から降ってくる。」のでは、全然意味合いが違うのに40を過ぎてから気づきました。







さて先日、久しぶりに地元である新潟の会合・懇親会に参加しました。

私の友人に現職の市会議員がおりまして、彼の主催する新年会に参加してみたんです。地元の市長はじめ、地元財界の重鎮とされる方々、青年会議所関連の若手経営者達など、110名の参加する盛大な新年会でした。

私もかつて、地元の資産家のボンボンで、青年会議所で活動していたこともあり、懐かしい顔・顔・顔・・・。

新潟弁丸出しで地元の友人や先輩らにご挨拶やら近況報告をし合いました。


地元で長きに亘って行ってきた商売を辞めた私が、久しぶりに地元の会合に参加している、という事で地元の方々の数人は、私の姿を見て、どこかに勤務していると思っている方がいらっしゃり、

「○○(私の本名)、今何してる?どこに勤めてる?」などと、質問されましたが、

本当の仕事の内容を話しても、キョトンとされるばかりだと思ったので、

「えぇ、まぁテキトーにやってますわ。」などと答えておりました。いいのか悪いのかは判りませんが。



そんな中、私の仕事をある程度理解している友人が、私の席にお酌に来てくれたので、酌を受けていると・・・・「なんで、そんなに”自己破産させない”事にこだわる?」と、質問。

地元ではあまり、仕事について多くを語らない様にしていた私ではありましたが、この質問が出ると黙っては居られません。


「積極的に弁護士が債務整理のCMを流すようになってから、10年以上経ったが、その間に自殺者数は減っていない。借金を整理する方法の一つとして、自己破産という手法がある事は広く世間一般に知られているのに、借金苦の自殺者が減っていないのは自殺統計をみれば明らか。

という事は、自己破産が、借金で苦しんでいる人々の”助け”になっていない。弁護士の金儲けのツールとして自己破産が暗躍している商業実態を私は看過出来ない!」


と申し上げました。お互いに多少酩酊していたこともあり、私の想いが彼に伝わったかは判りません。たぶん伝わっていないでしょう。いいんです。地元ではそれでいいんです。


昨年、15年ぶりに年間自殺者数が3万人を切りました。この主たる理由は、「金融円滑化法」だと言われています。金融円滑化法が、債務に苦しんでいる方々の”助け”になったのは統計上明らかです。

でも、その金融円滑化法は今年の3月で終了。債務者の助けになった法律が3月でなくなれば・・・・

今年以降の年間自殺者数がどのように推移するか、私は注視して参りたいと思っています。






本日は、冒頭申し上げた松本での視察・体験を経て、夕方には長野市へ移動します。

長野県の大手税理士事務所の代表と、大手保険代理店の社長と、面会・懇親してきます。

明日の朝、長野市内で60分お話しさせて頂く為の打ち合わせも兼ねます。




明後日は、東京・銀座で90分のセミナー講師をさせて頂きます。今後も本当の事だけを話し続けてまいりたいと思っています。









追伸・本日より週末まで出張につき地元を離れるため、昨日は出産の為入院している妻を訪ね、初めて三女を抱きました。言いようのない幸福感に包まれ、顔を見つめ続けました。その様子を見て7歳の長女が、「パパ!ワタシもだっこする!」と言うので、こわごわ抱かせました。

三女の誕生を喜びながら、長女の成長も感じつつ、本日清々しい気持ちでの松本出張です。



今、私は幸せです。6億円の債務に追われていた時は、こんな気持ちにはなれませんでしたし、三人の子供を育てる経済力も余裕もありませんでした。

現在、私の生活は安定し、余裕が出来ました。家族にも余裕が出てみんなが各々に優しくなりました。

そのために私がした事は・・・・・・これまでブログで書ける限り書いてきました。


表現は適切でないかもしれませんがお金で幸せが買えますし、私は買いました。そんな私は今日も明日も言い続けます。

「自己破産しちゃいけない!」 「自殺はもっとしちゃけない!!」


自己破産防止のための中小企業の資金繰り改善法 公式ホームページ


中小企業の資金繰り改善法 facebookページ


中小企業の資金繰り改善法 twitterアカウント

-----