http://資金繰り改善.com/


こんにちは。たちばなです。

常磐線沿線の茨城県のとある街の40代女性、「T子さん」からお電話頂きました。

ワタシのケータイに着信した局番「029・・・・ってどこだ??」なんて思いながら・・・・^^;。


T子さんは、ホームページを見て、電話しようかどうしようかを二日間迷ったあげくにお電話下さったそうです。先日、池袋のいつもの喫茶店でお目にかかりました。



T子さんはこの度、今年初め頃に離婚をされ、現在は母親と二人の子供と4人暮らし。

離婚を機に、事業を営む元旦那さんが家を出られ、住宅ローンと養育費を支払う事になってはいたものの、元旦那さんの事業も不振。約束されていた住宅ローンの支払いが滞り、養育費も入らず、T子さんは飲食店で働く収入でどうにかこうにかやってはきたものの・・・・・収入が追い付かず、家のローンが滞り、立ち退きを迫られる事目前・・・・・という状態。

T子さんは、元旦那さんの事業資金の保証人もされており、こちらも大きな悩みの種だとの事。


彼女は、そんな状況をどうにかしたくて、複数の弁護士・司法書士を廻りましたが、出てくる答えは・・・「破産しかない。」だったそうです。



毎度の事ながら、ワタシは訊きました。

「複数の法律家に相談されたみたいですが、時効については教えは貰っていますか?」と。

彼女は、「いいえ。そんな話は初めて聞きました。」と。


ワタシはこう答えました。


「時効を狙う事が良い事か否かは別にして、今のT子さんにとって時効の情報は”有利な法律情報”である事は間違いないでしょ?そして、一方で、時効を知らない先生方はいらっしゃらない、と考えるのが普通ではありませんか?でも、その先生方は、あなたに時効の存在を教えなかった。そんな方々があなたの真の相談相手と言えるでしょうか??破産させる事が彼らの大きな収入源である事を踏まえれば、彼らが時効を教えない事も辻褄が合いますよね。でも、安心して下さい。我々は時効すらも狙ったりしませんから。」



「恐る恐る池袋にやって来ました」という態度が全面から発せられていたT子さんの態度が一変しました。

彼女は、今ご自身が抱えている悩みや、ご夫婦が離婚に至った経緯などをつぶさにご報告下さいました。




T子さんが抱えている借金は、クレジット各社で約300万円。いずれも元旦那さんから住宅ローンや養育費を入れて貰えず、何度も元旦那さんに催促をするが、「すまない」の一点張り。

そんな彼女が、「生活する為、食いつなぐ」為に、仕方なくした借金。

加えて、T子さんは元旦那さんの事業に関する借金の保証人。旦那さんの事業も上手く行っておらず、返済が滞り気味。その借金総額は約1億円。こちらも返済が滞れば、その煽りをT子さんが負ってしまう。

離婚しようが縁を切ろうが、連帯保証人である以上は、元旦那さんの責をT子さんは同様に負ってしまいます。



ワタシは、この話を聞いて・・・・・ワタシは、通常と違う事を考えていました。そして質問しました。


「元旦那さんに、催促をして”すまない”って言われているって事は、離婚後もコミュニケーションは取れているって事ですよね?

また、債権者からまだ督促が来ない状況で、元旦那さんが返済が滞り気味だという事をT子さんが知っているという事は、元旦那さんから定期的に報告を得ている、という事ですね?

つまり、あなた方ご夫婦は、いがみあって、憎しみ合って離婚したのでは無いのではないですか?」


この、元ご夫婦は、借金問題を発端として離婚をされていたのです。

という事は・・・・・逆の言い方をすると、借金問題が解決すれば、元夫婦の”より”が戻るかもしれない。



T子さんに更に訊きました。

「T子さんが、今日私に会いに来ている事、池袋に来ている事は、元旦那さんは知っていますか?」と。

彼女は「いいえ」と答えました。




T子さんをクライアントとして我々が問題を解決しても、旦那さんは助かりません。

T子さんを救済して、借金問題を解決した後、旦那さんの問題に取り掛かれば、我々は、二件の借金問題として、二回報酬を頂く事になります。

T子さんと旦那さんは現在も音信があり、憎しみ合って離れているのではない。

元旦那さんの事業の借金問題が解決すれば、連帯保証人であるT子さんの経済状況も少なからず好転する。


ワタシは上記のような思考回路を経て、T子さんに申し上げました。


「T子さんの借金問題として、我々が仕事をするのではなく、”元ご夫婦”の問題として、T子さんと元旦那さんがお二人で再度面談をすれば、一件の借金問題として解決する事が出来ますし、我々に後払いする報酬も、元旦那さんの事業経費として捻出する事が出来る。T子さんの負担も軽くなるのではないですか?

我々だって、大きな額の負債問題に取り組めば、それだけ大きな経済効果を出すのですから、得られる報酬も大きくなります。ビジネスである以上、我々だってその方がありがたいです。包括的に借金問題を解決出来ますよ。

ただ、そこには・・・・・一つ問題が。それはTこさんが我々の様なマイナーな仕事を元旦那さんに説明し、納得させ、我々との面談のテーブルにつかせる必要がある、という事です。出来ますか?」



T子さんは、

「元夫は、そういう話を聞かずに排除するタイプではないので、説得できると思います。また日を改めて元夫と一緒に会って頂けますか?」と。


ワタシは、「ホームページに面談は何度でも無料と謳っています。コーヒー代を私の分も持参してお越しください。お電話下さい。また同じ場所で会いましょう。」と答えました。


面談を終えて、一度お別れしたのが三日前。

昨夕、T子さんから改めてお電話頂きました。「来週、元夫婦で面会を依頼したい。」と・・・・。


元旦那さんの置かれた借金状況は、T子さんから大まかに聞いています。

T子さんの認識に間違いが無ければ・・・・元旦那さんは充分救済可能です。無論、破産なんかさせません!!

T子さんには二度目のお話しになりますが、我慢して聞いて頂きます。元旦那さんにきちんとご理解頂く為に。我々の仕事に透明性が高い事を十分に理解頂く為に、我々がなんにもヤバイ事をしていない事を解って頂く為に・・・・。





自己破産しちゃけない!自殺はもっとしちゃいけない!!



自己破産防止のための中小企業の資金繰り改善法 公式ホームページ


中小企業の資金繰り改善法 facebookページ


中小企業の資金繰り改善法 twitterアカウント

-----