こんにちは。たちばなです。都内でリフォーム業を営む、60代男性のKさんの面談依頼を受けました。

先日開催された、神保町でのセミナー聴講者でした。


神保町で開催されたセミナーは、国内に40万社の企業リストを持つ事業者のMさんとTさんの協力を頂き、私のセミナー情報を拡散して下さる業者さんの主催によるもの。第二回目の開催でした。


ワタシのセミナー開催に、「集客」と言う観点からご協力を下さる方々を私は「プロモーターさん」とお呼びしていますが、このお二人は3人目のプロモーターさん。


第一回目の開催は6名のご聴講でしたが、今回は15名のご聴講を頂きました。面談依頼下さった冒頭のKさんは、その聴講者のお一人でした。


セミナー後、聴講者の有志の方々数名と、懇親会で近くの中華料理屋さんへ。

そこで、Kさんはセミナーのご感想をお話し下さったのですが・・・・・手前味噌ながら、私のセミナーを大絶賛下さいました。自分で書くのは恥ずかしいので、ここでは割愛します。

お酒を頂いたので、「詳細の打ち合わせは後日致しましょう。」と話し、翌日・・・・改めてKさんからお電話。


「是非とも、そして可及的速やかにご相談したい。」と。

横浜駅西口駅前のホテルラウンジで改めてご相談にのりました。


事業を始めて十余年。大儲けはしないながらも、どうにかこうにか融資を受けながらノラリクラリと、会社を経営。ところが、ここ三カ月程度の売り上げが急速に減少。半減どころではない減少ぶり。

資金繰りが苦しくなり、手持ちの個人の資金を会社に継ぎこみ、時間稼ぎ。その後も低迷し続け、銀行にリスケを申請し、受理。来月以降の返済が三分の一になるところまで漕ぎつけたが、今後の事業の趨勢は不透明。

二つの金融機関から合計で約3000万円の借入残。両方ともマルホ。代表者保証のみ。リスケによって、40数万円の返済だったのが、来月から15万円程度になるものの、やはり資金繰りはキツイ。

90歳になるお母様と奥様と三番目のお子さんと四人で住んでいる自宅に担保設定がされていなかったので、これを担保に入れて資金調達を・・・と考えていたそうです。


「case 120 穴の開いたバケツ」を思い出していました。


売上が三分の一になったところに、年老いた母親はじめ、家族が住む自宅を担保に入れても・・・・・時間稼ぎにしかならない。いや、時間稼ぎにもならない。

そもそも、自宅を担保に入れても、リスケしている企業に、銀行が運転資金をスムーズに融資するだろうか・・・・。Kさんは65歳。息子さんはいらっしゃいますが、後を継ぐ意思はない模様。


ワタシは、「自宅を担保に入れてはいけません。だれも得をしません。穴の開いたバケツに水を入れてはいけません。水を入れるなとは言いませんが、まず、穴をふさぎましょう。水を入れるのはそれからです。お母さん、奥さん、お子さんの為に。」と申し上げました。


我々は、穴をふさぎます。徹底的にね。

従業員含めた経費の徹底的な削減は勿論行って頂きます。これは社長の決心次第。

我々は、返済元金と支払利息の「超圧縮」を実行します。リスケをしても資金繰りが追い付かないんだから、やるしかありません。

Kさんが、「債権者よりも、家族を守る!」とおっしゃるんだから、その欲求を実践するのみです。国内法は、それが許容されているように出来ているんだから、やるんです。


後に、Kさんから後払いでお金を頂くんですから、クライアントの為に仕事をするのは我々の必然です!



徹底的な経費削減

徹底的な元金・利息の削減(リスケからスーパーリスケへ)

徹底的な売り上げ増加の方策



これらの取り組みをしばらくの間実践し、事業の趨勢を見ながら・・・・・・その後の会社継続をするのか、廃業を選択するのかは、Kさん自身がお決めになる、という方針を設定しました。


そろそろ、年金が貰えそうな世代のKさん。跡継ぎもいらっしゃらない様子ですから、その選択を迫られる時も、比較的冷静に判断出来るのではないか、と思います。




契約を終え、お別れした後、その日の夜に改めてKさんからお電話。

「たちばなさん、あんたスゴイよ。立派だよ。自分の6億の負債とか世の中にさらしてさ・・・・自分の失敗さらしてさ・・・・それをアンタは”嗤ってくれ”って言っている。あんたはホントに立派だよ。もっともっとさぁ、あんたの仕事の内容が世の中に広がらなきゃいけないんじゃないかって思うよ!もっと広げなきゃダメだよ!廃業しようかどうしようかって時に、こんな前向きな気持ちrになれると思わなかったよ。」と。


「だからぁ・・・・ワタシもワタシなりに、その拡散に取り組んでるから、Kさんとのご縁が出来たんじゃないですかぁ!?拡散に強力して下さいよぉ!^^;。でも、そんな事より、事業改善、頑張りましょうね!」と答えました。


清々しい笑いを交えた10分少々の電話での会話でした。










その日の夜、横浜市内で再びセミナー。

横浜のとあるIT企業の主催。この企業は、当社のホームページの運営サポートをして下さっています。

社長のMさんが、横浜の青年会議所で昨年副理事長を務められ、私もかつて新潟で青年会議所に所属していた、と言うご縁によって、私が首都圏で仕事をし始めた初期の頃から、ずっと私のサポートをして下さっている、いわば恩人。その方の経営する会社の主催セミナーだったんです。聴講者は10名。



その中には、弁護士のO先生や、もと銀行員の経営コンサルのIさんもいらっしゃいました。

O先生とは、とある異業種交流会で顔見知り。

O先生は、国内で唯一、ご自分のクライアントさんで、破産しかない、と思っていたクライアントを私に引き渡し、救済を依頼して下さった人物。自分の法律家のプライドよりも、クライアントの心情を察し、私に救済を依頼してきた人物。本当に頭が下がる立派な先生です。

改めて、私の仕事に関する情報を精査しようと、セミナーを聴講に来て下さったんです。セミナー前に、

「O先生!お久しぶりです!ヨロシクお願いします!」と握手をしてから始めました。

その後も楽しく懇親させて頂き、「もっともっと、こういう志の高い先生にお目にかかりたい。」と思いました。


知らない事を「知らない」とキチンと言う事は、我々が思う以上に、先生方には難しい事。だからこそ、O先生の志の高さを感じます。









それともうお一方。大阪で経営コンサル業を営む、Iさん。

徳島県出身で、四国内の銀行で融資を経験された方。

二か月ほど前に、facebookで友達申請を頂いた方。友達申請に添えられたメッセージにはこの様に記載されていました。全文そのまま記載します。


------------------------------------------------------------------------------------

いつもアメブロを拝見し共感しております。私は元銀行員で厳しい取立や強制的な連帯保証人の追加など今では恥ずかしい仕事をしてきました。今は事業再生を主にお客様とお付き合いしています。反破産派です。いろいろとご指導下さいませ。

------------------------------------------------------------------------------------


Iさんとは、その後チョイチョイとSNSでのやりとりはありましたが、この度東京に出張があり、わざわざ横浜まで足を延ばし、私のセミナーを聴講にお出かけになった、との事。

セミナー会場で・・・・・「Iさん!やっとお目にかかれましたね!たちばなはじめです!今日は宜しくおねがいします!!」



初めて会うのに、長年の友人と再会したような感情。SNSならではの出来事。web戦略の賜物です。



ワザワザ足を運んで下さった、O先生とIさんに必ず喜んで頂こうと、いつにも増して、アツく語らせて頂きました。

お二人含めて、皆さんに喜んで頂き、その後横浜市内で、聴講者の有志と痛飲致しました。

歩いて帰れる距離にホテルを取っていたので、終電を気にせず痛飲。


Iさんもご自身の銀行員時代の反省を踏まえ、今はそれを逆手に取り、現在はワタシと同じような仕事をされているとの事。翌日には帰阪されたとの事でしたが、必ず再会したいと思いました。多重債務者救済の為に。










人口減少社会のニッポン。

かつての成長期の様の状況には程遠いニッポン。


私見ではありますが、現在の社会状況下では、やはり中小企業の数は多すぎます。淘汰されるべき企業も多いです。だから、都内には「M&Aエージェント」などと名乗って仕事をしている方が、本当に多くなりました。でも、経営不振によって負った負債の責任を、その全ての責任を、中小企業経営者だけが負わなければいけないのはおかしい。

法律上は、死ななくても良い様に出来ているのに、それを教えない法律家がほとんど。


だから、同じ廃業するにも、せめて前向きな気持ちで廃業してほしい。残った負債で路頭に迷うなんて、現状の国内法からすれば、どう考えてもおかしいんです。






冒頭のKさんにも言われましたが、もっともっとワタシの仕事に関する理解を深めていきたい。

ワタシはセミナーで、「ワタシはしゃべる人命救助をしています」って言っています。

一度足をお運びください。





自己破産しちゃいけない!! 自殺はもっとしちゃいけない!!


自己破産防止のための中小企業の資金繰り改善法 公式ホームページ


中小企業の資金繰り改善法 facebookページ


中小企業の資金繰り改善法 twitterアカウント

-----