こんにちは。たちばなです。

本日も東池袋のビジネスホテルからのブログ発信です。


千葉県の建設関連会社の社長さんからお問い合わせ頂きました。Kさんです。30代男性。

ご紹介者は、保険関連に従事するFさん。Fさんの地元の幼馴染がKさんです。


二か月ほど前にとある友人を介してFさんと食事。その後セミナーをご聴講下さり・・・・数日後に当方にメッセージ。「ワタシの地元の友人を助けてやって欲しい。」と。

今回も、池袋駅前のいつもの喫茶店でお目にかかりました。Fさんも同行され、ワタシ含めて三者面談。


ワタシから、Fさんに前回のセミナー聴講の御礼を申し上げると・・・・・一枚の紙がFさんから。

保険マンらしく、紹介者のKさんが多重債務に苦しむに至った経緯が、時系列に丁寧に・・・・・。

「Kのこれまでの経緯をヒアリングし、ワタシの方でまとめてみました。」と。

大変に解りやすく見やすい手書きの書面。Kさんという友人を思う、Fさんの気持ちが強くワタシに伝わってきました。



Kさんは、父親が営んでいた工務店に従事していましたが、その会社が破たん。お父様は自己破産。

4000万円ほどの負債が、息子のKさんにのしかかってきたのは3年前。

その後、自身が保有する資産を売却はしたものの、それでも約1000万円の債務が残ってしまい、その後それが債権回収会社(サービサー)へ移行。ノラリクラリと交渉を重ね、その重圧が重くのしかかって来ながらも、家族を養う為に奮闘。

この度新会社を設立され、事業を再開。順調なスタートを切り、早速近々に大きな仕事を受注したとの事。


今後、この新会社で利益を積み重ねる事で、以前に被っているサービサーに対する債務の弁済を理不尽な形で迫られるのは本意でない、と、そういった対応策について相談したい、という内容でした。





ワタシから、いくらかアドバイスをさせて頂きました。大きく分けて3つ。

・サービサーとの交渉について最も有効な交渉手段。

・債権者として差し押さえる方法と手段、その定義。

・新会社の代表と、前会社の連帯保証人である事の関係性。

こういったところのアドバイスをさせて頂きました。


ここで一つ、我々との契約についてKさんには問題があります。

それは、現時点で弁済行為を実行していないKさんは、我々のコンサルテーションで受ける「含み益」を捻出出来ず、我々と契約する事で、新たな経費が発生してしまう、という事です。

いわば、今後我々との契約が「安心料」として考える事が出来るか?出来ないか?が、Kさんに迫られる選択肢となったわけです。



これまでも何度か書いていますが、我々だってビジネス。後払いとは言えお金は頂きます。

「人助け」のスタンスで仕事はしていますが、後になってお金を払って頂く時期になってから、お金を払って頂けない方の中で、誠実とは思えない対応をなさる方は、コンサルテーションを停止します。

人助けとビジネスの両立は大変難しいものですが、ここの線引きは極めて重要。

ですから、ワタシはこれまで契約を迫ったり、強くおすすめしたりした事はありません。

全ての選択はクライアントがお決めになる事、というスタンスを崩しません。


このKさんのcaseもそうです。

「我々が後払いで頂く費用はこのくらいです。この費用をKさんが”安心料”として支払えるか否かが、今回の面談の最大の焦点です。いかがなさいますか?」と、ワタシからKさんに申し上げました。

傍らでは紹介者のFさんが黙って聴いていました。少し時間をおいて、Kさんから

「たちばなさん、お世話になろうと思います。」と。


「かしこまりました。それでは今後の詳細スケジュールは後日ご案内致します。本日はこれで終わりましょう。Fさん、ご友人のご紹介有難うございました。」と、面談を終えました。




この日はその後もう一件面談をこなし、一日で合計4件の面談をこなしました。

10時半に入った喫茶店を出たのは夕方5時。コーヒー二杯とオレンジジュース一杯で乗り切りました^^;。








夕方に渋谷に移動して、とある方々と一献致しました。

元地方銀行の融資担当者。現在は経営コンサル「国内最強の銀行交渉請負人」のSHさん。

元国内最大手の信販会社で融資と回収を担当。現在はマイナービジネスの経済的支援事業社長のSYさん。

国内大手生命保険会社で、管理職のMTさん。


このお三方は、いずれも金融のプロ中のプロ。

いろんな金融機関従事者とお目にかかり、お話しをして参りましたが、この方々のクオリティは本当にピカイチ。イロイロな情報をワタシにもたらして下さいますし、彼らもワタシが出す情報に関心を持ち、お聴きくださいます。

互いの近況報告などをしながら、和気あいあいと三時間ほど話しました。

彼らの口から頻繁に”信用残高”という言葉が出ていました。

日頃誠実に仕事をすれば、その恩恵はいずれ自分に帰ってくる。」と言う意味で使われていました。




不思議なご縁です。

ワタシが新潟で小売業経営者だった時に、資金繰りに追われ、罵詈雑言を浴びせられ、ワタシとワタシの亡父を苦しめ続け、最も嫌う人種だった「金融マン」。そんな人種たちと、今は酒を酌み交わし、一部提携なども。この気持ちは、このお三方にも率直に申し上げ、

「別に俺たちがやったわけじゃねーよ!」なんて、笑いながら反論を受け、

「ホント・・・・そうですよね!」などと、本当に楽しくお酒を頂きました。






この仕事を始めて二年半。

仕事が変わったのはモチロン、仕事のスタンスが変わり、コンサルテーションスタイルも変わり、それによってお付き合いする方も大きく変わりました。


【最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き残るわけでもない。唯一生き残るのは”変化できる者”である  チャールズダーウィン】


ワタシの学生時代から、小売業経営者を経て、現職に至る経緯を良く知る恩人から、頂いた言葉でした。

おそらくこの恩人は、ワタシの現在取り組んでいる事と、その成果に対し、一定の評価をして下さった上での言葉、と解釈しています。

この言葉を胸に刻み、今後も精力的に仕事に取り組んでまいります。家族の為に、クライアントの為に、必ず生き残ってまいります!






本日午後から、岐阜県岐阜市に向かいます。夜には岐阜市内でセミナー講師を務めます。また、なにかあったら書きます。



自己破産しちゃいけない! 自殺はもっとしちゃいけない!!




自己破産防止のための中小企業の資金繰り改善法 公式ホームページ


中小企業の資金繰り改善法 facebookページ


中小企業の資金繰り改善法 twitterアカウント

-----