こんにちは。たちばなです。

まだ年の初めである事や、世の中が本格的に動いていない事から、ワタシはまだ上京していません。

上京するのは15日以降です。

現在は、年明け以降に頂いている数件のお問い合わせに対して、個別面談の日程を電話で打ち合わせたり、ワタシに関わって下さる様々な方々とのお打合せをさせて頂く日程を打ち合わせたり・・・・・


15日以降に、速やかに本格稼働出来るように、スケジューリング等の準備をしながら新潟で過ごしています。新潟にはおりますが、一応仕事はしているんですよ^^;。


ですのでまだ、「このようなご相談を頂きました。」という風に皆さんにご報告出来る案件が出て来ていないので、今日は・・・・・「年の初めに思う事」として、筆を進めたいと思います。







新潟で事務作業のサポートをして下さるオバチャン以外は、基本的に独りでやっているこの仕事。

「お気楽な独り稼業」とも言えます。無論、ご相談下さる方は、人生を賭けてワタシにご相談下さるのですから、全力でワタシの知識をフル稼働させて頂きますが・・・・・。



東京で仕事をさせて頂くようになってから、もうすぐ二年になります。

上京当時のワタシの仕事に対する「風当り」は、それはそれは・・・・強いものでした。


今でこそ、一か月に4~5本程度のセミナーをさせて頂けるようになりましたが、当時は単発のセミナー依頼を数か月に一度させて頂けるか・・・・・程度。協力者も皆無。協力して頂けないばかりか、足を引っ張る方も。まぁ今でもワタシの足を引っ張る人は居ない事はないんですがね。






都内各地で、朝となく夜となく、連日開催される異業種交流会を廻り続け、自分の仕事をアピールし続けました。名刺交換した枚数は現在までで約6000枚。

その中で、ワタシの仕事に関心を持って下さった、一割にも満たない方々のご縁を頂き、お悩みを伺い、そこからの連鎖の延長線上に現在のワタシの都内における仕事の充実があります。


・資金難でお悩みを打ち明けてくれる人

・かつて資金難だった経験があり、その時の経験を踏まえてワタシに強力しようとしてくれる人

・自分は特段困っていないが、周辺にそういった人物がいる人

・ワタシと提携して、仕事をしようとする人

・ワタシと提携して、副業化しようとする人



ただ、大半の9割以上の方々が・・・・・

・怪訝そうな表情で、ワタシと距離を置こうとする人

です。


一部のセンセイ方は、ワタシを糾弾します。

自分の「食い扶ち」が減らされちゃうから。

また、こういう人はタチが悪く、直接ワタシと議論はされません。ワタシと議論する事をむしろ嫌います。

理由はカンタンです。

「破産させなくて良い人を破産させている実態があるから」です。



異業種交流会で、そういったセンセイ方が、運営の幹事や役員などをしていると、ワタシはほぼ間違いなく、「出入り禁止」になります。その数は両手では足りません。

ただ、これまで、明確かつ客観的に、その出入り禁止処分にするに至った理由を説明された方は一人もいらっしゃいません。ただの一人も。



最初のウチは「なぜ?なぜワタシが出入り禁止なの?」などと、ひとしきり悩んだりもしたものですが、ワタシがこの仕事を事業として成立させることが出来るに至った現在は、「一つの思い出」であり、「武勇伝」であるとも言えます。




今まで、ワタシのセミナーを聴講されたセンセイはもうすぐ30名ほどになります。

その約30名の内、ワタシに異論を唱えたセンセイがお二人いらっしゃいます。

要約するとこうです。


お一人目

「いたずらに時効を披歴したところで、立証が困難。また時効を声高に披歴する事は、矜持に関わる」んだとか。


ワタシは、

「過払い金請求の請求権は10年で時効って、CMでいっぱい言ってますよね?それは矜持に関わらないんですか?自分に都合が良い時効だけを叫ぶ事こそが、むしろ矜持に関わるのでは?

それともう一つ。必死な思いであなたの所に相談に行く、多重債務者にとっては、あなたの矜持など、どうでもよいのでは?」

と反論しました。そのセンセイは、ワタシの指摘には応えず、立ち去りました。

名刺交換もして頂けなかったので、今となってはその方が、どこのなんというセンセイかもわかりません。



お二人目

「たちばなさん。あなたのやってる事に違法性が無いのは良く解りました。ただ道義的責任や良心の呵責についてはどのようにお考えですか?」ですって。


ワタシは、

「良心の呵責も、道義的責任もあります。でもそれは借金を抱え、返せなくなった人すべてが負うべき責任であり、我々と言う手段を経たら、道義的責任が発生して、債務整理をしたからその責任が無くなるのですか?そんな事はないでしょうし、むしろ詭弁であると考えますが?」

と反論しました。

幸い、このセンセイ・・・・納得された様子で、それ以上の反論をされませんでした。名刺交換をして下さっただけ、このセンセイは、前者に比べて「質が良い」という事でしょう。






今年の年賀状の中に、センセイからのものが7枚ありました。

この7名の先生は、ワタシの仕事を好意的に受け止めて下さった先生方。

今後、「真の救済」を互いに希求出来れば良いなあ・・・・なんて思っています。







このブログの執筆中に、東京・八王子の経営者から個別面談希望のメールを頂きました。

昨年、ワタシのセミナーを聴講され、「いずれご相談する事になります。後日連絡します。」との言葉を残し、数日後にお問い合わせがあったんです。

来週、八王子を訪ねる事になりそうです。夜間の面談希望なので、現地に宿泊する事になりそうです。


八王子・・・・・行った事無いなぁ・・・・・どんな街なのか楽しみです。

尤も、訪ねるのは夜だし、翌日すぐに移動だから、それを確かめる事は出来ませんがね^^;。








今年の個別面談対応のスタートは、1月15日からです。15日は埋まりましたが、16日の午後と17日の午前は、まだ都内で、対応出来ます。無料ですので、よろしかったらお問い合わせ下さい。


良く、「お気軽に!」なんて言いますけど、正直な話しですが「お気軽に」なんて、相談に来てもらったら困ります。真剣に、ご相談に来て欲しいです。


真剣に負債を考え、真剣に人生を考え、真剣に家族を考えている方にご相談に来てほしいです。






21日の名古屋、22日の横浜、23日の池袋。

この日程から、2014年のセミナーが始まります。


「個別面談するほどではないけど・・・・・一応話しだけでも聴いておくか!」と言う方は、セミナーにお越しください。


本当の事だけをお話ししますから。ワタシの経験談ですから、ウソのつきようがありません^^;。









2014年も変わらず、突き進んでまいります。

「資金繰り支援コンサルタント」として、「自己破産させない屋」として。




自己破産しちゃいけない! 自殺はもっとしちゃいけない!!





自己破産防止のための中小企業の資金繰り改善法 公式ホームページ


中小企業の資金繰り改善法 facebookページ


中小企業の資金繰り改善法 twitterア カウント

-----