こんにちは。たちばなです。

本日は、水曜日。横浜マリンタワー近くのビジネスホテルからのブログ発信です。サザン・オールスターズの歌詞がピッタリとマッチします。

昨晩、定例になりました横浜セミナーがあったんです。今回で5回目。今回もありがたいご縁を頂きました。



さて・・・・その横浜に入る前に、都内でご相談に乗りました。池袋のいつもの喫茶店で。

都内で、印刷や、物品販売など複数の営業代行をしている個人事業主のCさんです。40代男性。ワタシより少し先輩、といったところ。


一年半ほど前に、とある異業種交流会でお知り合いになっていた方でした。

ワタシは、その後その交流会は退会しており、その方とは音信がありませんでしたが、Cさんは「いつか縁があるかもしれない・・・」と、ワタシの名刺を大切に保管していて下さった、との事。有り難い事です。



負債は銀行やノンバンク含め、4社で合計1100万円。

昨年よりリスケが実行されていて、元金返済は据え置き、利息のみを支払っているとの事。毎月12万円ほどの返済だとか。

5月から、「リスケを元に戻したい。元金もお支払いいただく。」と金融機関から通告を受け、原資が捻出できるメドが立たず困っているとの事でした。



その後ワタシからいくつか質問を重ねました。Cさんの置かれている状況はこうです。

Cさんは奥様と二人暮らし。お子さんはまもなく成人を迎える息子さんお一人。独り立ちして働いておられます。Cさんの自宅は借家。車は奥様の仕事用に使っている軽自動車が1台。ですから当然奥様名義。

Cさんには資産が無い、という事でした。この時点では。


Cさんの負っている負債に担保は設定されていません。一部マルホ。



それらを踏まえ、ワタシからCさんにアドバイスしました。

「Cさん、金融機関よりも奥様を守りたいのですよね?それを実行する為に、あなたは法的に最も強い立場にあります。返済しなくても取られるものがないのですから。

日頃、ワタシはセミナーで”貸した側にだって責任はある!”と言っているんですが、まさにCさんのケースはそれです。資産も何もないCさんに、1100万円ものお金を貸し付ける彼らにこそ問題がある、という事です。

借りた金を約束通りの約定で返さない事には道義的責任はありますが、これによってCさんの自由が拘束される事はありません。

融資は”商取引”ですから、民事です。仮に金融機関が、Cさんを訴えるにしても民事でしか訴えようがないですし、そもそもCさんに押さえられる資産がないのですから、金融機関の「訴え損」という事になります。

裁判所は法的に「決まり」をつける機関なのであって、それを徴収する機関ではないですから、結果的に「何も起きない。」という事になります。

ですから、Cさんは法的に”最強”なんです。

どうせお金貸してくれないんだったら・・・・返すのを一時的にやめればいいんですよ。一時的と言うのはどのくらいの期間かについても、法的にはCさんが決められる立場にある、という事です。

重ねて申し上げますが、道義的責任は別の話ですけどね。」



Cさんは、顔を紅潮させながらタバコに火をつけました。一安心されたのでしょう。

その後、思い出したように、ワタシに質問。

「ワタシ名義の生命保険があります。それはワタシの資産になりますよね?これはどうなりますか?」と。



「被保険者と保険契約者がCさんで、受取人は奥様ですか。被保険者はそのままに、契約者を変更しましょう。契約者変更は保険のプランナーを読んでその意思を伝えれば、すぐに段取りしてくれます。

自宅やその他の不動産を意図的に名義変更して、自身の資産を減らす事は詐害行為になりますが、保険の契約者を変更する事は詐害行為になりません。

ワタシは、複数の生命保険会社で、このセミナーを実行していますし、その保険屋さんのクライアントさんのご紹介を受け、何十件も救済しています。

契約者変更をする事で、Cさんには”秘密の貯金箱”が出来る、という事です。

ですから、Cさんは破産なんかしなくていいんですよ。」



Cさんは、ワタシと知り合った異業種交流会で知り合った、債務整理を生業にするセンセイ2名のご相談しています。一人のセンセイは「任意整理しましょう!」と費用は75万円。もうお一人のセンセイは「破産が一番良いですね。」と費用は110万円。


そんな経緯をたどってきたCさんにとって、ワタシの情報は・・・・さぞかし気持ちが落ち着いた事でしょう。

「全然破産なんかしなくていい!」って言ったんですから。






いつも申し上げていますが、”優先順位”は本当に大切なんです。


貸金業者よりも家族や従業員を優先しましょう。


Cさんも、私に会うまでは貸金業者に毎月12万円支払っていましたが、家庭にお金は入れていませんでした。それを補うカタチで、奥様が仕事に出て家計を賄う・・・・。これは家族を守っていないんです!


重ねて申し上げますが、道義的責任なんかあるんです。でもそれは債務整理をしたって同じ事なんです。

ワタシだって、「カネに困っている」って言っている人からお金は貰います。

だから、なるべく安くしたいって思っています。失礼ながらセンセイ方にはその思いが足りないと思っています。


国内の2割程度のセンセイ方が「生活保護受給レベル」である事から考えると、今後債務整理の手数料は安くなる事は考えにくいでしょう。

債務者側にも、適正な情報の精査が求められている、という事。

「資金繰り改善の第一歩は”知る”事から!」









本日も、この後2件のご相談を頂いています。

横浜から池袋に移動して、ご相談に乗ります。1件は倒産も視野に入れている案件。慎重にお悩みを伺います。





自己破産しちゃいけない! 自殺はもっとしちゃいけない!!




自己破産防止のための中小企業の資金繰り改善法 公式ホームページ


中小企業の資金繰り改善法 facebookページ


中小企業の資金繰り改善法 twitterアカウント

-----