こんにちは。たちばなです。

本日は火曜日。松本から新宿へ移動する電車内からのブログ発信です。

新宿まで2時間40分。長旅になりますので、この時間を利用しようと思った次第です。


昨晩、松本市内の「中信印刷工業会・協信会 合同例会」にお声かけを頂き、40数名の印刷業に従事する社長さんや、関連企業の社長さんの前で、

「借入金のホントの事」として90分お話しをさせて頂きました。


聴講者の平均年齢が、高めであった事もあり、リアクションはやや薄目^^;。

「松本でのセミナーは時期尚早だったかも・・・」なんて思わなくも無かったんですが、その日のセミナー終了後に、一件の個別のお問い合わせ。翌朝に更にもう一件のお問い合わせを頂きました。


皆さん、聴いていない様でチャンと聴いている。

聴いているようで、ちゃんと聴いていない。


聴講者もイロイロですね^^;。

お二人とも、後日上京されるそうなので、この件に関しては後日書ける範囲内で書こうと思います。





さて、この仕事を始めて三年と二か月。

ご相談件数は1000件を超えました。契約数はもうすぐ300件になります。

お陰様で、忙しくさせていただいており、国内の各地に出かけさせて頂けるようになりました。


1000件の相談・・・と言っても、どれ一つとして同じ内容のものはございません。

残存資金量・業種・担保設定の有無・保証人の有無や数、そして負債額等々・・・・皆さん違います。

当然、依頼人のニーズも変わって来ます。

それによって、ワタシの対応も変わって来ます。

ワタシが対応しきれないところは、その道の筋金入りをご紹介し、そこでご対応を頂いている動きが出て参りまして、ワタシの仕事は少しずつ拡充されて参ります。




そんな中、既存のクライアントさんからお久しぶりのご連絡。

昨年末にご契約頂いた横浜市内の某飲食店を展開している会社社長さんから。Tさんです。


Tさんの数億円の負債を第二会社方式で大幅に圧縮し、数か月で劇的にキャッシュフローを改善。

それにより先月、東神奈川に新店舗を出店したので、レセプションに来てほしい、との事。

昨年末は土気色の表情を湛え、うつむきがちに悩みを打ち合分けていたTさん。


現在は血色も良く、大変お元気な様子。

満席のお店の中をワタシ含めて100名近くのゲストの対応に追われていたんです。





ワタシ、ふと思いました!

「この方・・・・そろそろ資金調達と節税を考えて頂こう!」って。





資金調達と節税の筋金入りの方々は何名か知っています。

その方々の中で、えりすぐって協議を重ね、コンサルテーションチームを作ってみました。

手を組む条件としては、誠実・連絡がすぐとれる。経済的に余裕がある。の三条件でした。


誠実は当たり前。

連絡がすぐ取れるも当たり前。

経済的余裕は・・・・その当人に余裕が無いと、クライアントから頂く費用がどうしても前金になってしまう。

これでは依頼人に負担が増してしまう。

それで、資金的に余裕が無い人とは、手を組めないんです。

依頼人は余裕が無い人がほとんどなんですが、こちら側には余裕が無いと誠実な仕事が出来なくなってしまう事を私は経験上知っています。


とにかく事前にお金を頂かないこと!


これを強く肝に命じて、日々「怪しげな仕事」をこなしている毎日なのでございます(笑)



Tさんにアポイントを取り、Tさんの六本木のお店で打ち合わせ。

節税の担当コンサルをご紹介し、Tさんに積極的にコンサル受けて頂ける運びになりました。


収益が更に改善され、キャッシュフローが良くなり、良い決算が組めれば、第二会社であっても資金調達は可能です。

こうなってくれば、正の連鎖。Tさんが今までよりさらに安定した財政基盤を作れるのはそう遠くない将来に実現するでしょう。

何より、Tさんのニコニコした余裕のある表情がたまらなく心地よい!


Tさんの案件は、今後しばらく私の手を離れ、節税担当コンサルの「N」の手に亘ります。必ず成果が出る事でしょう。本人も自信満々!!









先週仙台に行ってきたんですが、こちらも既存客。


一年ほど前に救済を依頼してきた30代の経営者。Pさん。

無担保とマルホ融資ばかりで9000万円の負債。こちらはキャッシュフローが安定するまで銀行と交渉し、

返済停止。実質交渉なんかしないんですけどね。

経営改善計画として、「貴行への返済はゼロ!これが経営改善計画」として、そのまま経営をして来たんです。


今まで返済していたものを停止し、営業を続けて頂いたので、キャッシュフローは大幅に改善しました。

それによって、Pさんには新たな事業欲求が出ていました。


「もっと積極的にWebを使って集客したい!」と。


もともと優しい正確のPさん。返済を停止した事で、銀行に対して後ろめたさがあり、なかなか積極的な展開がしにくいとの事。

「それなら新しい会社で、他の人を社長にしてみたら?そのお手伝いしますよ。」とsて、新たな動きに入ります。


新方針をPさんに提案し、Pさんと同席した奥様が了承。

Pさんの事業は大きな転換期を迎えます。


昨年の段階では、「とにかく返済がキツイ。助けて欲しい。」が欲求だったPさんは、その後・・・・

「更に積極的に事業展開を考えたい。」と言う欲求に変わりました。



前段のTさんも後半のPさんも事業展開が良化する事によって、それぞれの欲求が変化していきましたので、ワタシはそれに対応すべく新たな提案をしました。

そのスペシャリストが、何も自分でなくても良いのです。自分が提携したアライアンスと手を組んで、結果的に依頼人の事業が良化すれば、それでOK。



結果的に、成果が出ている事で、ワタシに対する実績が増え、更なる仕事が飛躍できる。





変貌するクライアントのニーズに対応する為の手段として、自分の知識やスキルが高まる事も良いのでしょうが、それですと、どうしてもスピーディでなくなる。




そう思いまして、数人の厳選したスペシャリストと手を組み、そのプラットフォームにワタシが立ち続ける。

こういう形態がほぼできあがりました。








読者のみなさん、今後は「お金の”よろず相談所”」として、たちばなはじめをご指定下さい(笑)





これから、更にいろんな方と手を組めればよいなぁ・・・・と思っていますが、残念ながら東京にはウソも多い。そういった精査はコチラデガッチリとさせて頂き、絶対に依頼人に対して金銭的被害が及ばない様にしたいと思います。


アライアンス先希望者各位・・・・ワタシの審査、厳しいですよ~(笑)

前金なんて、もってのほかですから!前金とる習慣が無くならないから、コンサルタントのイメージがいつまでたってお良くならない。


尤も、面談料はワタシも2000円を頂いていますが、これは会議室の使用料ですのでご容赦下さい(笑)

でもこれも前金と言えば前金か!?(笑)






特急あずさに乗りながらこんなことを考えています。





依頼人の事業展開を飛躍的に進化させるために、たちばなはじめの仕事も飛躍的に進化させて参りたいですし、現在はそれが出来ています。



経営者各位、一緒に進化致しましょう。その為にまずは足元の資金繰りの改善ですよ。



自己破産しちゃいけない! 自殺はもっとしちゃいけない!!



自己破産防止のための中小企業の資金繰り改善法 公式ホームページ


中小企業の資金繰り改善法 facebookページ


中小企業の資金繰り改善法 twitterアカウント

-----