こんにちは。たちばなです。

本日は火曜日。三連休明けです。新潟の自宅からのブログ発信ですが、これから上京して横浜市の戸部に向かいます。



人は、どんなところに不信感を持つか解らないモノです。そんな経験をしました。

北関東で飲食店を複数営む経営者、Dさんからお問い合わせ頂きました。60代男性です。

二か月ほど前に当方のセミナーを聴講され、その後数日経過してからお電話下さったんです。



「たちばな先生のご意見やご指導を是非頂戴したいと考えております!妻と一緒に出向こうと思いますがいかがでしょうか?」



随分丁寧な物言い。必要以上に崇め奉られた気分に多少戸惑いましたが、

「はい。承ります。奥様と一緒にお出かけください。」との事で、とある日に、神田小川町の当社にお出ましを頂きました。



売上総額1億4千万円に対して、負債総額は約1億円。リスケは実行しておらず、毎月元利返済が160万円ほどある状況。

「リスケを実行しようかどうしようか迷っており、銀行からの満足な回答が得られるか不安が募る。」との事。


「銀行と交渉するから、満足いく回答が得られないんです。k彼らは交渉が大嫌い。

交渉しないで、Dさんが自分のしたい欲求を100%満たしてみましょうよ。どうせ銀行はもうDさんにお金貸さないんだから、そんな人たちにいちいちお伺いを立てる必要は無いんじゃないですか?

彼らからイロイロ提案が出てくるかもしれません。動かなければ困るのは彼らの方ですから。

我々が、Dさんのしたい欲求をすべて満たして差し上げますよ。セミナー聴いたでしょ?

あれをあの通りにDさんの会社に施して差し上げます。無論国内法に基づいてです。

まずは、いの一番に銀行口座にお金を残す事を止めて下さい。全てはそこからです。」

と、お答えしました。



表情が明るくなるDさんの隣で、引き続き不安そうな表情の奥様。


「そんな事、出来るんでしょうか?公共料金含めた各種支払などはどうすればいいんですか?」


いかにも帳面を預かっている奥様からのご指摘。ワタシから答えました。



「安心してください。口座から引き落とし出来なければ、ちゃんと請求書が来ます。それから振り込んだっていいんですよ。一か月くらい遅れたって、なんにも起きません。借入金の返済だって銀行は3か月位は待ってくれますから(笑)。」



そんなこんなをやり取りし、Dさんからは満足そうな表情を頂き、奥様にも一定の満足感を頂き、翌週に資料を精査し、本格的な救済案の提案をさせて頂く段取りをしていたところ・・・・・・・

数日経ち、Dさんから再びメール。内容はこういうものでした。



「たちばなさん、先日貴社を訪問し、ビルの階ごとに表示される社名にたちばなさんの会社の表記が無かった事に不安感を感じました。

一応の為、貴社の謄本を取りましたら、今年の4月1日に登記されており、まだ新しい会社と知りました。

具体的な企業の救済実績を記載願えませんか?」



数日前の別れ際に見た、Dさんの満足そうな表情とは裏腹の指摘でした。


「なるほどなぁ・・・人はこういったところにも不安感を感じるのかぁ・・・」などと、思いつつ、返信しました。





「ご指摘ありがとうございます。

ワタシが入居しているところは、シェアオフィスであり、そこの1室をお借りしている都合上、エレベーターのテナント表示に当社の名前が出ておりません。

新潟に事務員を一人雇っている以外は、基本的に一人企業ですので、広いオフィスや大きな会議室は当方には必要ありません。

また、今年4月1日に登記した当社としては、確かに実績はまだ数件しかございませんが、その以前に前身の会社として、横浜市内に”合同会社エム・イー・ピー”として、約二年間同様の仕事をしておりました。

そちらでの実績は200社を超えております。

守秘義務の観点から、イチイチ社名をあげてお話しなど出来ようはずもありませんが、実績としては手前味噌ながら十分なものを持っていると自負しております。

ただ、確かに疑おうと思えば、幾らでも疑える話であったと思いますので、キャンセルは随時お受けいたしますし、コンサル料のお支払も、契約前でしたら請求も致しません。

”逃げ道”はいくらでもご用意しております。宜しくご検討下さい。」




その後キャンセルのお電話を頂かなかったので、先週再度の面談を行い、契約に行きついたわけであります。





契約も件数をこなしますと、どこか「流れ作業」に陥ってしまうところがありますが、このDさんの件はワタシのそういった「油断」を戒めて下さる出来事でした。



Dさんは、借入金問題に加え、もう一つ問題を抱えています。

Dさんがテナントとして入居しているお店の一つに、契約上の問題がある、との事。


その店は、毎月40万円ほどの赤字を出し続けていました。Dさんはすぐに撤退をしたいと賃貸側に申し出ましたが、「年間契約」を主張され、仕方なく残りの10か月ほどは、赤字を出しながら営業しなければならない、との事。



「そんな理不尽な契約は無視しましょう!”払わない”って言っているところから無理やり徴収する事は不可能です。

敷金や礼金を賃貸側にくれてやりましょう。それ以上賃貸側は何もできません。無視。これで終わりです。

契約は大切ですが、赤字企業が更に赤字を広げる行為をしてまで、契約守りますか?優先順位を考えて下さい。ワタシだったら賃貸側より家族や従業員を優先します。契約は無視します。」




近々に、勝手に退店して頂きます。後々の対応は・・・・モチロンこちらでご指導しますよ。









もう一つ、契約に踊らされている企業がありました。


新潟県内のとある企業。

銀行出身の財務コンサルと、月額35万円(!)で契約しているんだとか。

大した成果も生まず、解約を申し出たが、”契約書に解約事項の記載が無い”として、そのコンサルの言いなりに、毎月35万円を支払っているんだとか。



「そんな悪質コンサルは無視しましょう。裁判沙汰になったら、不利なのは先方ですよ。無論、来月から払わないでください。相手方の無知を良い事に、自分に有利な契約書を仕立てて、いざそれが自分の思い通りにならないからと言って、それで事を荒立てて、困るのはあちら側ですよ。」で終わり。







日本の勤勉な社会風土に潜む弊害と言えます。日本は異常に契約を重視する風土です。

日本の契約至上主義は異常です。これがある以上、日本の自殺率は下がらない。絶対に。







契約上の一方が、契約上の義務を履行しない場合、相手方が法律上の手続きを踏まずに自分の力で履行させようとすることは”自力救済の禁止”と言って法律で禁止されています。





契約は基本的に双方で誠意を持って守りあう事で、正常な経済活動が実行される事は、百も承知ではございますが、現在の日本経済社会においては、”契約が絶対”と思いすぎです。過度に契約を守ろうとしすぎです。

契約上義務を履行できないくらいの事で、何も死ぬことはないし、家族を路頭に迷わせる必要などないのです。



まして、たかが借りた金の返済が厳しいくらいで、身ぐるみはがされる事なんかあり得ないんです。

だって・・・・ワタシが身ぐるみはがされていないんですから。




「目に見えぬ”クサリ”でしばる」のが契約。



でも、目に見えないんだから、必要以上に縛られる必要ないし、これを守らないからと言って、刑事上の罪は無い。

だから、優先順位を考えて事業を遂行すればよいのですよ。融資だって契約。契約である以上約束じゃあないんですよ。

裁判だけが解決手段ではない事も付け加えます。
















話は変わりましてね・・・・・。

先日、少し興味深い問題事が発生しました。興味深いので、大切な経験の糧として、今のうちに現況を書いておこうと思います。


昨年12月、「合同会社エム・イー・ピー」の名義で購入した、トヨタの8人乗り。

今年5月から、「株式会社MEPたちばな総研」に運営会社が変更になりましたので、車両の名義変更や、リース契約の名義変更などを済ませて、あとは車庫証明を待つばかり、という状況でありました。

無論、この間も日常的に車には乗っています。



先日、購入した車屋さんから電話。

「たちばなさん、どういうわけか名義変更した後の車庫証明の許可がおりない。」との事。


東京都内を登記先としている会社の車両が新潟県内で「長岡ナンバー」として使用している事を、役人さんが”良し”としない、との事。






それなら、横浜で登記した前身の会社で購入した時点で、車庫証明の許可をおろすべきでないのでは??

言い方変えれば、今の段階で、車庫証明の許可がおりようがおりなかろうが、あんまりワタシの日常生活には影響ない。

明日も明後日も、ワタシは車に乗り続けます。無論自宅に車庫はありますから、なんの不都合も無い。




車屋さんに言いました。

「”車庫証明をおろさない”って言っている人に、幾ら私が懇願したって、ダメなものはダメでしょう。しばらくそのまま放置しておきましょう。こちらからは動かずにいましょう。下手に動いたら、どうせ”あれやれこれやれ”て言うんだから。

車庫証明おりなくたって、こっちには前身会社時代の車庫証明あるし、自宅に車庫あるし、車はガソリン入れ続ければエンジンはかかり続ける。なんにも不都合ないでしょう?

自宅をチェックしに来れば、しっかり車庫はあるし、なんにも悪いことしていない。こちらには何にもやましい事はないですから。車庫証明をおろすしかない。

しばらく、役人さんのリアクションを待ちましょう。しばらく放っておいてください。」

ってね。




役人さん側からリアクションがあった時、当然ワタシは、横浜の会社時代に許可がおりて、都内の会社で許可がおりなかった時の、客観的かつ合理的な理由も求めます。

その回答は、しっかりと録音して議事録に落とし込んで、更なる合理的・客観的回答を求めてみようと思います。


その回答は、出来る範囲でブログで公開しようと思います。リアクションがあればね。




ワタシは負けませんし折れません。絶対的に法的な優位勢があるのはこちらなんですから。






つまらぬ役人のプライドがこんな歪んだ判断を許容するんですね。







ワタシには経験があります。今、世の中であらゆる訴追を受けていないんだから、私のやっている事は合法。であり適法。むしろ、愚直なまでに国内法に基づいて仕事をしています。




日々、人生かけて実験しているんです。こっちにはなんらやましい事は無いんだから(笑)。

まずは、先方の出方を待ってみる事と致しましょう。ずーっと何にもリアクションなかったりして(笑)

人生を賭けて実験してみようと思っているんですよ。





物事の真実は、思いもよらぬところにあり、皆さんが当たり前だって思っているところに、”大きなウソ”があります。


以前、ワタシはある人に言われました。「キミのいう事は正論だが、正論だけでは・・・・。」と。




今のワタシの仕事は、正論の極みです。正しい事はただ一つ。正しい事をしていれば、絶対に糾弾などされない。議論に負けない。ワタシに取っては当たり前の事です。

だから、ワタシの話す事に耳馴れず、嫌悪される方だっていない訳じゃない。



ワタシは人に嫌われる事を恐れないから。その恐れない気持ちが人助けやビジネスに役立つなら、

ワタシは折れませんし、曲げません。折れませんでしたし曲げませんでした。今後もそれは変わりません。


今後も本当のことを言い続けますし、書き続けます。





三連休明けて、明日は横浜の戸部から仕事が始まります!

本当の事だけを話して、借金に、資金繰りに困っている方にニッコリ微笑んで頂きます。今週は8名の方にそうして頂く予定です(#^.^#)




自己破産しちゃいけない! 自殺はもっとしちゃいけない!!





自己破産防止のための中小企業の資金繰り改善法 公式ホームページ


中小企業の資金繰り改善法 facebookページ


中小企業の資金繰り改善法 twitterアカウント

-----