こんにちは。たちばなです。

本日は月曜日で三連休の最終日。新潟の自宅からのブログ発信です。


先日、長女を連れてスキーに出かけました。地元の後輩とその子供達と一緒に6人で。

「新潟の女ならスキーくらい出来なきゃ!」と思い、長女を1シーズンに数回スキーに連れて行くのも、今年で4年目。小学校三年生にしてはソコソコに滑られるようになったと思います。


ワタシ自身も、若かりし頃にプロスキーヤーを志していた事もあり、現在も短い距離ならまぁまぁの滑りは出来ますが、年間に150日ほど滑っていた頃と違い、現在は年に数回。

現在、体のアチコチが筋肉痛で悲鳴を上げています(笑)。

まぁ、怪我しないだけ良かったですけどね。今シーズンは、もう1、2回出かけようと思います。







さて・・・・・本日は、似たようなご相談内容があり、それぞれが対照的なご判断をされた例をブログにて皆さんに報告しようと思います。両方とも少し前の案件です。



最初のご相談事例はこうです。

千葉県のとある街にお住まいの50代男性のKさん。個人事業主。

3年ほど前にとある会合で顔見知りだった方。先日お電話下さり、お目にかかりました。


カードローンや、クレジットなど7社ほどから合計で600万円ほどの借入残。

事業の収入が不安定で、毎月の返済額11万円ほどが滞りがち。二か月ほど遅延しています。

ご自身は自宅を保有しており、こちらのローン残高が約2000万円。毎月18万円ほどだった支払は、現在リスケを実行しており毎月6万円ほど。こちらの返済もかなりキツく、今後は事業を辞めて、お勤めに出ようと考えているとの事。






お二人目の案件

静岡県で、車両整備などを手掛ける同じく50代男性のRさんとその奥様。ご夫婦でご商売をされています。都内で開催中の定例セミナーに、半年ほど前にお越し下さった方です。

事業資金の借入金3300万円の返済に困窮しているとの事。返済はリスケが実行されて早四年。毎月16万円の返済を実行中。二か月後には資金がショートしてしまいそうだと。

80代の母親と一緒に住んでいる、住宅(ローン残が1100万円)が担保に入っている、との事。

事業の継続を強く望んでおり、”せめて母親が存命中は・・・”と生活の変化に抵抗を示しています。




この二つの案件、KさんとRさんに、ほぼ同じような事を申し上げました。



「”担保物件手放せば全ての人間が無借金になれる”と言うのが、当方のコンサルテーションです。

自宅のローン残債はまだありますし、現在リスケ中ですから、その終了は・・・・現時点では永久に来ません。それなら、ローン会社に利息払うより、自宅手放して、買い取った先に家賃払った方が、コストは下がりますよ。固定資産税だって払わなくていい。

ご自身の名義では無くなりますが、現在だって実質的な所有者は銀行なんですから、生活は変わらない。引っ越しだってしなくていい。一時競売の一括競売で売れたって、半年以上はかかる。

売れなければ、売れないで、それはそれで時間は稼げるし、二次・三次となれば値段はドンドン下がる。

今月来月の資金繰りがおぼつかない人が、向こう半年の生活は維持できるんだから、損な話ではない。

生活はそのまま。

銀行に住宅ローン払うのも、不動産屋さんに賃借料払うのも、同じ。コストは後者の方が安くなる。

”名を捨てて実を取る”って言う事ですよ。」




Kさんは、

「それは受け入れられません。自分の家が自分の家でなくなる事には耐えられない。競売にかかったりして、近所の目が気になるし、万が一交渉が不調に終わった時を考えると・・・・・」

として、現在はお勤めに出ながら、リスケした利息分を支払って生活しています。


Rさんは、

「それで母親はじめ我々の心労が減るなら・・・・また生活が維持できるなら・・・・」として、借入金の返済を止め、自宅を金融機関に差し押さえさせ、競売の時に向け、根回しを進めながら・・・・更に仕事を続けながら、その時を待っています。








Kさんは、現在の定月収が約25万円ほど。そのウチの16万円ほどが利息の支払いに消えています。お勤めに出ているんですから、飛躍的な所得向上も難しく、また、リスケしているのですから、このまま行けば、Kさんの存命中に、ローンが終了する事はあり得ません。

嫌な言い方ですが、ワタシは半年、一年後にKさんが根を上げてワタシに連絡してくると思えてなりません。



Rさんは、現在との銀行交渉に割く時間が無くなり、事業に集中しています。時間的余裕を使い、積極的に営業にも出るようになりました。数字にはまだ反映されていませんが、

「心的不安から解放され、差し押さえさせる手段として返済を止めた事で、いくらかの現金資金も作る事が出来た。」

と喜んで下さっています。

「80代のお母様には、あえて話す必要もないでしょう。生活はそのままなんだし。」とワタシからアドバイスし、お母様は何も知らぬまま、昔ながらの家でのんびりとした余生を過ごしています。

Rさんは、ある程度の資金的余裕が出来た事により、家へのこだわりがさらに減り、

「新しい生活もいいかも・・・」

と思い始めている事を付け加えます。




どちらのcaseも、ご当人がこれまで以上に頑張らなければいけない事は変わりませんが、頑張った後の利益分の”使い方の優先順位”によって、各々の生活が大きく変貌してしまう、という事です。


名を取るのか?

実を取るのか?


この優先順位を決められるのは、我々ではなく依頼人自身なんです。ここの強制は我々には出来ません。

我々は、名を捨てて実を取らせるために存在するコンサルタントです。

経験上、名を捨てて実を取る事のメリットの大きさを知っていますし、それが家族の為に絶対的に必要な事だと考えているんです。









名を取るにしても、実を取るにしても・・・・・どっちみち国内法上、債務整理は要りません。

債務整理する事で名を取る事にはならないし、実を取る事にもならないからです。


こちらからアプローチする事は致しませんが、他の依頼人のご相談を受けながらKさんからの電話を待ち続ける事にします。








ワタシの地元の主幹産業は繊維。織物やニット、メリヤスなどの中小企業がたくさんある街です。

皆さんのご想像の通り、繊維産業は新興国の攻勢に押され、不況業種である事は間違いありません。

業界全体が不況ですから、当然、そこに携わる方々も不況の辛酸を舐め続けている事と思います。


でも、ワタシが知る地元の経営者で、その業界から足を洗った方々は皆さんおしなべて明るい表情をされているんです。


名を捨てて実を取る・・・・これって本当に重要な事なんです。家族の幸せの為に、必要に応じて家長が難儀する。こうあるべきだ、と考えているんです。















未登録のケータイ番号から着信。都内の事業経営者でした。


「はじめまして。HPをみてお電話しています。先日銀行に融資の依頼をしましたら、断られた後に返す刀で、担当者に返済の心配をされました。より銀行から不信感を持たれてしまったようです。どうしたらよいですか?」というもの。


ワタシ答えました。夜8時頃のお電話で、ワタシは晩酌中でした。気が大きくなっていた事を付け加えます。

「”返してやるからカネを貸せ!カネを貸さないと返さないぞ!”って言ったらいいんじゃないですか?取引先には優位な立場を利用してそんな交渉するでしょう?銀行も同じ取引先です。(笑)」

って言いました。


先方は、

「たちばなさん!気に入った!是非相談に乗って欲しい!」ですって(笑)



来週半ばに当社にお越し下さり、面談致します。











謝金問題や資金繰り問題は、皆さんが思っているほど難しいものではありません。

難しくないモノを難しく見せる事で、一部の賢い人達の権益が出来上がるんです。


基本的には、加減乗除。小学校の時に学んだ知識がベースにある事を理解して下さい。







自己破産しちゃいけない! 自殺はもっとしちゃいけない!!


自己破産防止のための中小企業の資金繰り改善法 公式ホームページ


中小企業の資金繰り改善法 facebookページ


中小企業の資金繰り改善法 twitterアカウント

-----