こんにちは。たちばなです。

本日は火曜日。新潟の自宅からのブログ発信です。



ひと月くらい前に、シンガポールに18年住んでいる姉から電話来たんです。



「久しぶり~。ねぇねぇ、都内で二泊するんだけど、ホテル全然取れないんだけど。

あんたさぁ、テキトーにホテル取っておいてよ。」



という電話。



ワタシも都内滞在時は、ホテル住まい。今ねぇ・・・ホントに宿が取れない。

二時間くらいかけて、直前の日程になって、キャンセルが出てないか確認したりして、どうにかホテル取りましたよ。



「オレもその時は都内にいるから、久しぶりだし食事でもしようよ。」とワタシ。





そんなワケで、姉貴と都内で食事したんです。一年ぶりの再会でした。

姉貴も50になりました。





ワタシの実家は、新潟の片田舎の資産家であったことは以前も書きましたが、ワタシの幼少期は、父の経営する会社が右肩上がりの時代。

父親はモチロン、母親も「夫人同伴」とかがマストの会合に呼ばれたり、やれPTAだとか、やれ青年会議所だとか、やれロータリークラブだとか・・・とにかく両親が家にいなくてね。



6歳上の姉が、ワタシの面倒をよく見てくれていたんですよ。ばあちゃんと二人して。



姉貴はわたしにとって「第二のママ」なんです。

世の中にあるような、姉と弟の関係とは違うようです。基本的に主従関係。

それは今もあんまり変わらない。



昔から勉強できたし、仕事も出来た。机に向かう時間がとにかく長かった。

運動はワタシの方に分があったかな。今はワタシも太り過ぎてダメだけどね(笑)


姉は比較的早めに結婚して子どもももうけた。そして早くに仕事復帰して、キャリアアップ。

シンガポールでも、様々な人脈からスカウトを受けては、職場が変わっていくんです。



当時、新潟で親父の仕事を引き継いで、どうやって採算を合わせるかをヒィヒィ言いながら仕事をしていたワタシには、羨望の的でしたよ。



厳しい人でね。

当時のワタシなんか、歯牙にもかけられていない感じ。姉に対して劣等感タップリでした(笑)




そんなワタシが現在、「たちばなはじめ」として現在の仕事をして、自己評価としては一定の成果を上げた、と自負している中で、姉が先日ワタシに言ってくれたんですよ。



「頑張ってんじゃん。ここまでになれるとは思わなかった。SNS見てるよ。」って。



いい年して恥ずかしいんだけど、「姉貴に褒められた!」なんて少し思っちゃいましてね。

嬉しくて、だいぶ酒が進み過ぎちゃいまして、そこはそこでたしなめられたんですワ(;´∀`)

食事の最終30分は記憶ないモン。




ワタシが姉に逆らう事は・・・基本的にありません。

ずっとその関係で、ワタシも今日までの44年間生きて参りました(笑)





でもさぁ・・・・この前一緒に食事してね、お互いイイ感じで年取ってるなぁ・・・って感じましてね。

少し書きたかったんで、書きました。とりとめのない文章でスンマセン。











年明け一月のセミナースケジュールが固まりました。

九州地区を行脚する予定です。九州地区の皆様、よろしかったら下記確認の上、お出かけ下さいませ。

http://stop-jikohasan.com/seminar/index.html  





さて、今日も過去にSNSでしたためた日記を転記します。

きっとご参考になると思いますよ。皆さんの固定概念を壊す一助になれば、と思っています。



----------------------------------------------------------------

11月3日



たちばなです。
月末間近になってから…
「月末の返済原資がありません。どうしたら良いのでしょう?恐怖感が強く夜も眠れません。」
というメール。
「そのままにして、月をまたいだらSkypeで話しましょう。とりあえず眠れないんだったら、起きていていいですよ。」...
と返信。
すると今度はこちらに電話。
留守電のメッセージで自らのパニックぶりをアピールするんだ。
メッセージを3日ほどスルーした上で、昨日Skype。
「ね!?何にも起きなかったでしょう?」と。
家にドカドカ乗り込んで来られると思っていたみたい。「昭和か!?」ってツッこんだ(笑)

【当事者の一方が、契約上の義務を履行しない場合、相手方が法的手続きを経ずに自分の力で履行させようとする事は、゛自力救済の禁止゛と言って法律で禁止】
されています。

「家になんか来ないよ。それでね…」
って次のアドバイスしようとしたら、
「あ、スミマセン。次のアポがあるんで、この続きはまた後日!」
と言われて、通信が遮断。

こんな図太いヤツは絶対に夜はグッスリ眠れる。そして…ワタシはコイツと話す事は二度とない( ̄▽ ̄;)
ワタシは負け犬コンサル。馬鹿の無礼を許せる人格者ではない!(* ̄∇ ̄*)

写真 ・ 老眼が進んでる。ノート取るときはもうメガネ要らない。


t02200124_0800045013516634411



-------------------------------------------------------------------

11月4日



たちばなです。
「躊躇即ち損失」
新潟県内の温泉宿の社長。50代女性のAさん。
新潟市内の飲食店の社長。70代女性のBさん。
二人にお目にかかりました。...
Aさんは3年前。Bさんは1年前に面談している方々。
今回2回目の面談。
AさんもBさんも前回の時より資金が痩せてた。税金の滞納も増えてた。
Aさんは不動産を押さえられて売却寸前。
Bさんは虎の子の不動産は差し押さえ寸前。
二人とも、前回の面談でアクション起こしていれば避けられた事。
資金も痩せることは無かった。

右肩下がりの業績の企業で、我々の提案に乗らないことは、即ち損失を意味する。
この二人はまさにそれ。勿体ない。
銀行に利息払っても事業継続に貢献しない。
買掛金を支払えば事業継続に貢献する。
わかっているのに、銀行に支払って、仕入先に未払いおこす。
こんなの経営者じゃないよ。

「血の通った経営」をしようよ!
弱きを助けるために強きに立ち向かい我慢してもらう。
これをやろうよ!
それが嫌なら、事業の採算合わせろよ。
でも、それが短期間で出来る市場環境にはなっていないよ。日本はさ。
「躊躇即ち損失」なんだって!

今日は、地元だからクルマで移動。紫外線がキツいからグラサンが手放せない。

ボクチン、虚弱体質だから(笑)


t02200124_0800045013516634412

-----------------------------------------------------------------

11月11日


たちばなです。
金沢セミナー終わりました。
メインのセミナーで53人。
翌朝のミニセミナーで20人ほどの方々に聴講頂きました。
で、聴講者からの質問。...
「たちばなさんの手法だと金融機関からの信用が無くなっちゃうんじゃ無いですか?」
って。
「銀行はハナからアンタなんか信用していない。信用していれば保証協会なんかつけない。担保もつけない。信用なんかされてないでしょう?
そんなワケのわからんもんに拘泥して、取引先やスタッフや家族をないがしろ。そっちの信用を優先すべきじゃない?」
って言った。。
みんな「家族や従業員を守る」とか言ってるけど、実際は自分の世間体や虚栄心を守ってる。
あんたやあんたの事業の為にどっちの信用が大切なの?

ワケのわからん実体なき信用よりも、もっと大切な人から信用を勝ち取れ!
資金繰り改善すれば、また新たな信用が生まれる。
なんでもかんでも簡単に済まそうとすんな。再建には時間を要す。
オレだって、ハナから上手く行ってるワケじゃない。
揺るぎない思いは必要だよね。商人なんだから。

金沢カレー喰って東京帰ろ。


t02200124_0800045013516634414


---------------------------------------------------------------------------

11月18日


たちばなです。
新潟県内の某温泉宿を訪ねました。70代社長さん。
新潟県内の別の地域の温泉宿の社長を救済することになって、
ワタシに「仲間をよろしく頼みます。」って言いたかったんだって。
温泉業界の同業者の結束って硬いんだね。...
でも、それだけ結束してるってことは裏を返せば・・・・
業界に「秋風」が浸透してるってこと。
この社長のお宿も「決してラクではない。」って。
設備投資が大きい業界。
建物のことを考えると・・・・・15年から20年ほどの仕入れを一気にするって言えなくもない。
どこのお宿に行っても、建物の老朽化は否めない。
それを隠すリフォームしているんだけど随所随所に老朽化が見て取れる。設備投資の原資を生み切れていない。
消費者の多くは、値段の安いお宿に慣れちゃってるしね。

「この業界にとって、オレの仕事の果たす役割は小さくない。」
って思いました。

今日は親父の祥月命日。
でも、私は今日から三泊四日で仕事。おふくろの機嫌が悪い。
おふくろよ・・・・許せ!(笑)


t02200124_0800045013516634415

------------------------------------------------------------------

11月20日


たちばなです。
富山と加賀市の事業主の相談受けました。
改めて思うんだけど、ホントにホントに…みんな知らないんだよ。
恐ろしい位に洗脳されている。
何に洗脳されているかって?...
「多数派工作」に洗脳されているんだ。
契約なね縛られ過ぎなんだ。
絶対に守らなきゃいけない…って思いすぎなんだ。
契約書なんか紙なんだよ。尻すらキレイにならないじゃんか!
契約書なんかなんも役に立たない。
契約が順調な時に契約書を見るやつなんかいない。だから役に立たない。
契約が順調じゃないときは、もっと役に立たない。
だって…契約書を守れないんだから(笑)
家族や従業員や取引先をないがしろにしてまで契約なんか守らなくていいんだよ!
安心しろ!オレが許す!(笑)
長女がさワタシに言うんだ。
「パパ、日曜日は水泳の記録会だから絶対に土曜日に帰ってきて!」って。
オレ、明日は絶対に帰るよ。
契約じゃなくて約束だからね。

明日、金沢に立ち寄って打ち合わせしてから帰るよ。
約束は守るよ!針千本飲まなきゃいけないからね。
当たり前!
オレだって人並みに子供は可愛いよ。
みんなも銀行よりも子供を守る…。
そういう経営者であってほしい。

あ~あ…六本木でぱぁ!っと行きたいな!( ̄▽ ̄;)
もう少し飲んで、APAに帰りますm(_ _)m


t02200124_0800045013516634413

-----------------------------------------------------------------

11月24日



たちばなです。
新潟県内で、一時期仲良くしていた事業主と3年ぶりに会ったんだ。
国保と税金の滞納があって、預金の100万円程が差し押さえられたんだって。
取られちまったモンは仕方ないとして、今後の方策をアドバイスしていたら彼が言うんだ。
「今後も資金調達したいから、借金は返して、税金とかは払わない方法が無いか?」って。...
怖い事言うわぁ~((( ;゚Д゚)))

「納める能力があるのに納めなかったら脱税。脱税は犯罪。犯罪には加担しないよ。俺たちは。
納める能力が無いから納められないのは滞納。これなら助けられる。滞納を取り締まる法律は無いからね。」

彼…3年前から、あんな考え方だったんだろうか?
もっと実直なイメージ持っていたんだけどな。
ちょっと残念だったな。3年ぶりの再会としてはさ。
追い込まれた人間は、どこまでもエグい事を考える。
オレなんか可愛いモンだよ(笑)

彼が今の考えが変わらないウチは、我々は関われないね。
ワタシはヤバい事はやらないんでね。

これから三泊四日で上京します。
明日の晩にセミナーやる予定でしたが、会場の都合があり出来なくなりました。
今夜は都内。明日は宇都宮に出掛けます(^-^)


t02200124_0800045013516634583

-------------------------------------------------------------------












自己破産しちゃいけない! 自殺はもっとしちゃいけない!!




http://tachibanahajime.net/ メールマガジン登録

自己破産防止のための中小企業の資金繰り改善法 公式ホームページ


中小企業の資金繰り改善法 facebookページ


中小企業の資金繰り改善法 twitterアカウント


ウチ帰ろ。


t02200124_0800045013516634412

-----