こんにちは。たちばなです。

本日は土曜日。東京に向かう上越新幹線車内からブログ発信です。


都内の不動産投資家グループのお招きを受けましてね。

その勉強会での講師講演の依頼を受けたんです。

会場の西池袋に向かっているんですよ。


t02200391_0630112113663738645


池袋ってね・・・ワタシにとっては思い出の街。

今の仕事を始めて、東京で勝負しようと思った初期の頃に拠点にしていたところ。

当時は資金もそんなに無くってね。新潟から夜行の高速バスに乗って上京していたんです。発着所が池袋だった事もあって、移動交通費削減の観点から、そのまま池袋駅東口付近にある喫茶店を拠点にしていたんです。


当ブログの初期の頃にも、「本日は池袋のいつもの喫茶店からのブログ発信です。」って記述している思い出の街。



ご縁があって、二年前の5月に神田小川町に事務所を借りる事が出来ましてね、それから池袋からは足が遠ざかっちゃった。


この仕事もはじめから上手くいったワケじゃない。

はじめからみんなが耳を傾けてくれたワケじゃない。

東京には何にも人脈なんか無かったから、朝・昼・夜と異業種交流会に出まくった。


軒並み出入り禁止になったよ(笑)

誤解や批判、陰口も多くて、叩かれたワケよ。


なかなか実績が上がらなかった。



ある人に言われたんだよね。

「人生を変えたかったら、付き合う人間を変えろ。」って。


神田小川町に移ってから・・・・

付き合う人が変わった。

付き合う環境が変わった。

理解者が増えた。

協力者が増えた。

相談者が増えた。

実績があがった。

多くの人に喜んでもらえた。

収益が上がった。



今、しみじみと思う。

「人生変えたかったら、付き合う人間は変えなきゃいけない。」って。


別に既存の付き合いのある人をぶった切るワケじゃない。それはそれで付き合いを継続すればいい。




尤も、ワタシは地元の小売業の事業をダメにして6億円の負債を作った時に、地元の仲良かった人たちは、みんなワタシから距離を置いてくれたから、付き合う人を変えやすい環境にはあったかもね(笑)



思いでの街であった池袋。

でも、苦々しい思いでもある池袋。


神田小川町に移ってからは、なんとなく意識的に足を踏み入れないようにしていたんだよね。なんとなくなんだけどさ。


その池袋に本日乗り込み、セミナーをやらせて頂く。120分。

毎月毎月10本以上セミナーやっているから、普段はそんなに緊張しない、いや、まったく緊張しないんだけどさ、今日は少し緊張しているんだよね。


会場が池袋だから(笑)



この不動産投資家グループの主宰者は、元メガバンクに勤務経験もあり、不動産鑑定士でもある男性。著書多数。

周辺からは「かなり優秀」と聞いている。


そんな人から、講演依頼を受けられるなんて・・・・ありがたいよ。

それも、思い出の街の池袋で。



いっつもセミナーは全力投球だけど、今日はいつにも増してアツくなりそうだ(笑)

頑張って参ります(^_^)v




さて、今回も数日前にSNSに投稿した記事を下記に転載します。

今回は、債権債務関連に関する民事裁判について記述しました。結構エッジ聴いていると思うよ。


あなたの大切な週末の数分間をワタシにお与え下さいませ<(_ _)>



----------------------------------------------------------------------


6月2日


たちばなです。

債権債務の関係性において、
債権者側が「カネを支払え!」って、回収を目的として裁判をおっぱじめるんだけどさ・・・。
「民事裁判」って、

問題を解決させる債権者側の方法として完全に間違っているんだよね。


先日、宮城県内のとある依頼人のBさんとの契約が決まった。
この人は「ほっとけ案件」では無かったので、こちらで仕事をさせて頂く事にしたんだけどさ。
Bさん、債務者でもあったんだけど、債権者でもあったワケ。

請求先がキチンと支払いをしてくれないから、自身の資金繰りが悪化した、という事。

ワタシは債権者を救済できないから、債務者としてのBさんについてのみ救済する事にしたんです。


債権者を救済するってすごく難しい。法的に極めて弱いから。
無謀な債権回収行為は犯罪だから。刑事罰の対象だから。
そんなヤバいことをワタシはやらない。


一方で債権者としてのBさんは、
「債権を回収する為に、裁判を起こす事にした。」ってワタシに言ったんだ。
即座にワタシは答えたよ。
「やめとけ。徒労に終わる。ムダ金使うだけ。」って。


Bさんは、「裁判を起こす」って言ったんだけど、
刑事裁判なのか民事裁判なのかをワタシは訊かなかった。
どっちでも良いと思ったから。
どっちでも無駄に終わると思ったから。


Bさんの最大の目的は、債権先から債権を回収する事。
その目的を達成する為の手段として、「裁判を起こす」という事が間違っているってワタシは考えていたんだ。


仮にBさんが刑事裁判を起こして、債権先が逮捕・起訴され立件され、後に罪状が確定し、刑務所に入れられたら・・・・債権回収できないよね?
これ、Bさんの目的を満たしていないね。こう言うのを「徒労に終わる」って言うんじゃないの?


仮にBさんが民事裁判を起こして裁判所が判決出して、Bさんが原告として勝訴したとして、裁判所から被告側に「〇〇〇円を支払え」って言う判決が出るよね?

その後・・・・・・なんにも出来ないよ。

裁判所は、法的な決まりをつける機関なのであって、債権者の債権の回収を代行してくれるワケではない。
債務者(被告側)側に差し押さえるものが無ければ何も回収できない。

何にも回収できなくても、裁判費用は発生するし、弁護費用は発生する。それは原告側の持ち出しになっちゃうからね。
だから、裁判なんか意味が無いってワタシは言うのさ。


傷害とか殺人とかで近親者が被害に遭った・・・っていう時は、
原告の訴えなんかしなくたって裁判は始まるし、イチイチ親族がやる事なんか何にもない。可哀想な事だけど、裁判の行く末を見守るしかないよね。
こういう事はあんまりしたためたくないけど、客観的に見るとそういう事。

「親告罪」って、そのくらい原告側の解決って・・・難しい事なんだよね。


写真の①と③と④は、全て裁判所が出した判決により発行された文書。


t02200392_0606107913663737872


t02200392_0606107913663737871


t02200392_0606107913663737874


① の「支払い督促」は、「支払え」という事を法的に謳っている文書。

民事である以上法的拘束力ないし、そもそも債務者側に押さえられるものが無ければ紙切れに過ぎない。

③ の「債権差押命令」は、債務者側に「あなたの資産を差し押さえます」という事を法的に謳っている文書。
民事である以上法的拘束力ないし、そもそも債務者側に押さえられるものが無ければ紙切れに過ぎない。

④ の「執行文」は、債務者側に「あなたの資産を強制執行する事が出来ます」という事を法的に謳っている文書。
民事である以上法的拘束力ないし、そもそも債務者側に押さえられるものが無ければ紙切れに過ぎない。


督促はしてもいい。
債権差押はしてもいい。
強制執行してもいい。

ただ・・・・何に対してそれらをするのかは・・・債務者側にもわかんないよね。そもそも無いんだから。
「強制執行する事が出来る」って・・・「強制執行しないことも出来る」って事じゃんか。

こう言うのを「ほっとけ案件」とワタシは呼んでいるんだよ。


債務者が、民事裁判で債権者に訴えられて判決が出る、という事は・・・・着実にゴールに近づいている、という事。
嬉しい事なんじゃないかな?喜ぶべきことなんじゃないかな?
しっかり事前の準備さえしてあればね。

債権者側も、判決が出る、という事は・・・・損金計上する為の手段であるとも言えるし、これもゴールに近づいている、という事とも言える(笑)。

嬉しい事なんじゃないかな?喜ぶべきことなんじゃないかな?

しっかり事前の準備さえしてあればね。

債権者側の99%は、サラリーマンである、という事も留意しておくといいよ。
彼らだって早く終わらせたいんじゃないかな??


「何かの決まりをつける」という事が目的なら、その為の手段として裁判を起こす事は正しい。
でも、「債権を回収する」という事が目的なら、その為の手段として裁判を起こす事は正しくないね。


そう言う意味で、②の文書の段階は正しい。私的な文書だから。
お金がかかっていないから。この段階ではね。


t02200391_0539095913663737875


どうせ回収が出来ないなら、せめて発行するのにお金がかからない方がいいからね。
遅延損害金が年利14,6%発生する、って言うんだけどさ・・・・
5年経過したら時効でゼロ。お金かけて裁判起こして判決が出ても・・・10年以上にはならないね。これもゼロ。


目的と手段を揃えなきゃいけないよ。
みんな、目的と手段を間違えているんだ。

事業継続・事業繁栄・資金繰り改善・借金整理・時効完成などなど・・・・ほとんどの対象者は目的と手段を間違えているんだ。

そんな事を自分で認識している人いないでしょ??

でも、みんなワタシと話してみるとそれに気づくんだよね。
文章なんかじゃわからないよ。話してみないと解んないんだよね。

自分でこんなに長々と文章書いておいて言うのもなんだけど・・・こんなの読んだってあんまり役に立たないよ。しょせん文章でしかない。話さなきゃわかんないよ。
話す人話す人・・・・みんな言うよ。「話してみると全然解っていませんでした。」って。


「山の頂上を目指す目的は一つであっても、そこを目指すためのルートは無尽蔵にある、
と考えなければいけない。」

ってとある本に書いてあった。全くその通り。


みんなさ・・・「借金問題の解決」という山頂を目指すルートは二つしかない、って思っていないかな??

・完全返済と法的整理の二つ


それ以外にも山頂を目指すルートはあるよ。
・交渉
・リスケ
・減額
・代物弁済
・時効
・風化



債権者の意に沿うかどうかは関係ないんだ。これが目的じゃないから。
事業継続・事業繁栄・資金繰り改善・借金整理の目的についての手段として、一番有効な手段を考えなければいけない。

「こんなのイヤだ!!」って、思った人は・・・・・簡単だよ。事業で儲ければいいんだ。

簡単でしょう?言うのは簡単。でも、みんながみんなそれ出来る??
今の日本の社会環境や経済環境は全員にそれをさせないね。


あらゆる事業や、それに関わる債務の問題に関して、
今一度「目的と手段」をお考えになり、邁進して頂ければと思っています。


「一番強いものが生き残るわけでもない。一番賢いものが生き残るわけでも無い。唯一生き残る事が出来るものは、変化出来るものだけである。  ~チャールズ・ダーウィン~」


新潟滞在も四日目になってくるとね・・・・そろそろ東京で仕事したくなってくる。
あと、チョット遊びに行きたくなってくる(笑)
自宅で子どもと遊んでいて、少しだけ思うんだよ・・・・
「来週は東京で誰と遊ぼうかな・・・」って(笑)




----------------------------------------------------------------------


6月3日


たちばなです。

6月2日の投稿にて、「民事裁判という名の誤った回収手段」について記述を致しましたところ、四名の方からメッセージを頂きました。

いずれも激励と質問のメッセージです。今回は、誹謗中傷のメッセージはありませんでした。
尤も、誹謗中傷する人は、ワタシ投稿なんか読まないか(笑)


激励については、「すごく参考になった」という主旨の記述を頂き、ワタシも気を良くしておりました。
質問については、
「文字媒体での質問の回答は、誤解や曲解を招くのでしない。お手数でも個別面談やSkypeでお問い合わせください。」
というお答えをさせて頂きました。


複数の方が、
「裁判という回収手段が誤っている、という事は解ったが、実際に何をすればいいの??」という主旨の疑問をお持ちだったようですので、ここで改めてお答えをしようと思った次第です。


結論を言いますと・・・
「“なんにもしない”という事をやって下さい。」という事です。

本当に何もしなくて良いのです。

モチロン、銀行口座、生命保険等の証券、株、現金、売掛金、在庫等々の資産差し押さえ対策を施した上で・・・・後は何もしない。


おどろおどろしい作りの裁判所からの文書が送付されてくると、ほとんどの方々は言うのです。
「これから長い戦いが始まる。」って。


ぜーんぜん違うよ。債権債務に関する民事裁判が始まる、という事は長い戦いが始まるんじゃなくって、「終わりの始まりだ!」と考えて良い、という事。


先日の記述でも、督促状や執行文、それから債権差押命令書もそうだけど、取られるものが無い環境を作ってしまったら、それぞれ放置で良い。

裁判に出席したって裁判には負けるよ。だって、おカネ借りた事は事実なんだから。
裁判に出席しなくたって裁判には負けるよ。だって、おカネ借りた事は事実なんだから。
異議を申し立てたって・・・なんの異議があるの?おカネ借りた事は事実なのに。


既に結論が出てしまっているんだから、裁判になんか行かなくたっていい。
どーーーーしても行かないといけない裁判があるとするなら、それは心配しなくて良い!ちゃんと身柄が拘束されるから(笑)


ワタシ自身も、これまでに6本ほどの民事裁判で訴えられました。債権者から。
一度も裁判に行ったことはありません。
クライアントにも数多く債権者から訴えられた人がいます。でも同じ指導です。
「行きたきゃ行けばいい。行きたくなきゃ行かなきゃいい。裁判の結論は同じ。あなたは負ける。でも法的拘束力ナシ。取られるものが無い環境であれば。」
という事。


ワタシ・・・・今日も自由にSNSに投稿しているよ。なんも身柄拘束されていないし訴追も受けていない。
ワタシ・・・・今日はこれから地元の後輩とゴルフ行くよ。なんも身柄拘束されていないし訴追も受けていない。
ワタシ・・・・今日はゴルフの後に、飲みに行くよ。なんも身柄拘束されていないし訴追も受けていない。

法治国家たる日本国に住まう日本国民として、キチンと法律を守っているから身柄を拘束されていないんだ。


法律には誠実だよ。
守りたい家族には誠実だよ。
顧客には誠実だよ。
取引先に未払い無いから誠実だよ。
債権者は不誠実だと思うかもだけど、法律には誠実なんだ。


債権者は、ワタシに融資と言う名の投資を実行した。
銀行はワタシを買いかぶったんだよ。だって・・・融資が投資なんだから。

ワタシは、欧米では当たり前の発想である「貸し手側の責任」を問うているんだ。
法律もそれを是としている。だから法律は守るんだって。


これ・・・・前回お見せした督促状や催告書、債権差押命令や執行文が出された後の裁判の行く末・・・・。ぜーんぶ同じ。取り下げるんだよ。
裁判自体を取り下げて無かったことにしちゃうんだ。


t02200391_0674119913663737876


t02200392_0606107913663738642


t02200392_0606107913663738643


t02200392_0606107913663738644

ワタシがしたんじゃない。
債権者が自らの意思でそうしたんだよ。時効なんか完成していないね。
これが「風化」という事なんじゃないかな??法的に決まりがついているよね?
裁判所のお墨付きなんだからさ。

ここまでで・・・・一番早いものについては3年と少々。5年の時効の完成より早いね。


判決が出て、裁判自体を取り下げてしまえば、債権者は債務者に請求行為すら出来なくなってしまう。
裁判を始めて、その後取り下げて終わらせる、という事は、債権者自らの首を絞めてしまう事でもある、って言う事。


前回の投稿で、
「債権者の99%がサラリーマンである事にも留意しなければいけない。」旨の記述をしましたが、
自分が債権者側のサラリーマンだったと想像してみてよ。

・自分が担当している債権先は数百件
・銀行から買い取った“ポンカス債権”の買い取り額は数千円
・回収が上手く行こうが行くまいが自分の給料の増減は無し
・上司には営業報告をしなければいけない
・週末には家族や彼女と出かけたい
こんな思考回路なんじゃないかな。概ね。


つまり、上司への報告として・・・・
「裁判を起こして戦いましたが、先方には差し押さえるべき資産が無く、このままですと裁判費用の無駄になってしまいます。」という理屈が成り立つよね。


上司は結果として・・・・
「うむ、そうだな。このままではコストが増大してしまうな。取下げよう。」として、更にその上司へと報告。報告に報告が重なって・・・・回収側の社長へ。

上司もその上の上司もそのまた上の上司も、更には社長も・・・・基本的にサラリーマン。
担当している債権先は数百以上あるのだから、次へ移らないといつまでたっても仕事が終らないね。

つまり・・・・裁判起こして判決出したりしたって、債権者側はほとんど回収なんか出来ない事は解っているんだよ。
表向きに体裁を作って、
「法的に頑張ってみましたが・・・・う~ん、残念でした。」って言いたいって事。
回収できなかった事の言い訳の材料にしたいんだ。



だからワタシはもう一度言うよ。
「債権債務に関する債権者側の裁判というのは、“終わりの始まり”なんだよ。」って。


あなたが「早く終わらせたい」って思っているのと同じくらい、債権者側も「早く終わらせたい」って思っている。
その終わらせ方は、なにも破産とか民事再生法とかの法的整理じゃなくたって、裁判を使って「私的に風化させる」という事の方が有効なんだよ。
その後の人生を考えたらなおさらの話なんだよね。


「知らない」って恐ろしい事なんだよ。
「借金は死んでも返さなきゃいけない」って、残された人の事を考えなさいよ。
銀行にカネ返す事に集中し過ぎて、顧客や仕入先や従業員に思慮が廻っていないよ。

法的整理するにもカネかかる。我々使ってもカネかかる。同じかかるなら・・・コストも含めてその後の人生の再生がしやすい方を選ばなきゃ。



昨晩、NHKの「クローズアップ現代」で、奨学金の返済に悩む若者のドキュメントをやっていたよ。
未来ある若者がバンバン破産させられている。
連帯保証人である親も一緒に破産させられている。可哀想に・・・。
つっこみどころ満載!反吐が出たよ。
バカバカしくて、最後まで見ていられなかったよ。見たけど(笑)

妻はワタシが苦々しい顔でテレビを見ている顔をジッと見ていたよ。

奨学金返済の悩みで、ワタシの所に相談に来る人もいる。月に3~5件くらいかな。
全員に言う。「ほっとけ」って。
「ワタシが“ほっとけ”って言う理由を深く知りたいならセミナーに来なさい。お父さんお母さんに迷惑をかけない為に。」って。


日本社会の誤った認識
日本社会の誤った美徳
日本社会の誤った「刷り込み」


これらを変えるのには容易ならざる努力と精進と継続を重ねなければいけないね。
ワタシもこの仕事をして5年経過したけど、まだ、風穴すら開ける事が出来ていない。

もっともっと頑張らなくてはいけない!と思ったよ。

その英気を養うために・・・ゴルフして息抜きして来ます(笑)


----------------------------------------------------------------------



自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!




たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ

自己破産防止のための中小企業の資金繰り改善法 公式ホームページ


中小企業の資金繰り改善法 facebookページ


中小企業の資金繰り改善法 twitterアカウント


-----