こんにちは。たちばなです。

本日は木曜日。東京に向かう上越新幹線車内からのブログ発信です。


お盆休みも昨日で終えましてね・・・約8日ほど「たちばなはじめ」を脱ぎ捨てておりました。本名の「みながわ」で過ごしておりました。


偽名って言うか、芸名って言うか・・・・本名ではないもので活動している人って、仕事している人の割合からするとそんなに多くないと思うんだけど、一つのメリットを感じるんです。


なんとなくなんだけど、「心の着替え」が出来る感じがするんです。

気持ちの切り替えがしやすいって言うか、けじめがつけやすいって言うか・・・なんとなくそれをメリットに感じるんです。


新潟の自宅から、東京の事務所に向かう時に・・・

「みながわ」さんから「たちばなはじめ」さんに変身する・・・って感じかな(笑)


別に、ことさらに本名を隠しているワケじゃない。

ワタシの名刺には本名が書いてあるからね。



たちばなはじめを名乗り始めた時には、

「WEBの世界での、言われなき批判から家族を守ろう」

とかって思っていたんだけど、時を経るにつれて、

「そんなもんは相手にする必要はない。堂々と法律に則って救済をすればいい」と悟った。


都内にいる時や、仕事で地方を廻っている時に、

「たちばなさん」とか「はじめちゃん」とか呼ばれ慣れ過ぎて、時折「みながわさん」って呼ばれると、なんか違和感を憶えるくらい、「たちばなはじめ」がしっくり来るようになった。


5年前に、「たちばなはじめ」を名乗ると決めて、周辺に宣言した頃・・・みんながワタシを嗤ったよ。

地元で付き合いのあった友人たちはみんなワタシから距離を置き、ワタシを嗤った。

元々友人は多いほうじゃなかったけど、この仕事を始めてから・・・更に減ったよ。



母親だって、妻だって・・・ワタシの「新しい仕事」を応援はしてくれたけど、

「たちばなはじめ」という名前には、「なにそれ!?」って嗤っていたよ。当初はね。




でも今は違う。

妻も母もワタシを嗤わない。

でも今は違う。

ワタシの仕事を理解した人はわたしを嗤わない。


「時と実績」がそれを解決したんだ。

時を経て、実績を作り、収入を得て、家族に還元する。

これでワタシの家族は誰もワタシを嗤わなくなったんだ。




借金問題もおんなじなんだよ。「時と実績」が借金問題を解決するんだ。

・借金は、払えば借金終わらない。

・借金は、払うのやめれば借金は終わるんだ。

融資は金融機関が融資先に対して実行する投資行為なんだ。


問題解決の目的の為に、取るべき手段を間違えずに、大切で守りたいものの相手先に優先順位をつけて、金銭振り分ける事を実践して頂きたい、と考えています。





加齢のせいだろうか・・・・鼻毛が伸びるのが早い。

先日、自宅に義理の妹が泊まりに来た。三泊していったよ。

あれこれと、ふるまったらさ・・・お返しのプレゼント貰ったよ。


電動の鼻毛カッター(笑)

セミナー講師が、鼻毛出してたら格好悪いから、使ってみたらさ・・・効果絶大!

吸着剤の鼻毛抜きも良いんだけど・・・・痛くってさ。

こっちに変更したよ!!


t02200391_0674119913725357582




さて・・・・・本日も数日前にSNSに投稿した記事にお付き合い下さい。

あなたの一日の数分間をワタシにお与え下さい。少しでもあなたの糧になれば幸いです<(_ _)>



本日から三日連続でセミナーです。東京で一件個別面談をこなしてから名古屋に向かいます。



 

8月18日 名古屋セミナー
t02200293_0576076813725357579

 

8月19日 浜松セミナー

t02200309_0816114513725357580


 

8月20日 大阪南船場セミナー


 t02200311_1448204813725357581

------------------------------------------------------------------------

8月15日


過去のセミナー聴講者からの投稿


たちばなです。
画一的な視野を持つと、コメント欄にある指摘はもっともな話です。
しかし……自身にこの問題が降りかかった時に、これが言えるのか?
評論的見地と当事者的見地とでは、考え方や対処法も変わります。



「優先順位」を考えて頂きたい。


http://blog.livedoor.jp/kaya0169/archives/52089740.html



------------------------------------------------------------------------


8月15日


過去のセミナー聴講者からの投稿


たちばなです。
優先順位の考え方を理解すると、おのずと答えは出てきます。
死ぬくらいの覚悟があるのなら……
死ぬほど稼いで、遅れても後で返せば良いじゃない。
死ぬほど稼いで、貸し手側の責任を問うても良いじゃない。



「目的と手段」を揃えることが大切なのです。広い視野を持って下さい。


http://ameblo.jp/try2103104/entry-12177369551.html



------------------------------------------------------------------------


8月16日


たちばなです。
お盆休みもいささか辟易しています。休み疲れた。仕事したい。

明後日からのセミナー行脚が待ち遠しい。
18日名古屋・19日浜松・20日の大阪南船場が待ちどおしいよ(笑)



そうは言っても、本日も新潟県南部の妙高市に出かけます。
家族サービスも大概やったと思うんだけど、もう一つ家族イベントをこなしたいと。



今日はその前に・・・【借金は払うと終わらない・借金は払うのをやめると終わる、のカラクリ】について書こうかと。



セミナーで聴講者に質問するようになりました。
「この中で、銀行員さんや銀行出身の方っていらっしゃいます??少し質問したいんですが。」

って。

対象の方がいらっしゃり、挙手して下さると二つの質問をするんだよね。


一つ目の質問。
「あなたが担当だった時に、新規で融資を実行して、その融資の元金全額と利息を回収し終って、取引が完全に終了した融資先は何件ありますか?」って。

頂く答えは決まってこう。

「ない。」か、
「ほとんどない」というもの。
「順調に返済実行されているのに、終わらせるわけないでしょう。」という方もいらっしゃった。


つまり、銀行員という人種は、「借金終わらせないように」努力を重ねるんだよね。
でも、事業主という人種は、「借金を終わらせようと」努力を重ねるんだよね。


ここに「互いのニーズの相反」があるんだよ。利害が一致していないという事。
利害関係が一致していない関係先に、事業の詳細を明かし、関係先の目論見に乗る事そのものが、事業の拡大を阻害する事になるんだよ。

銀行が、カネを貸してくれているウチはまだいいだろうけど、リスケを検討し始めたら・・・

その銀行は、事業主にとって「邪魔な存在」でしか無くなるんだ。


そんな「邪魔な存在」に対して事業主は・・・・何よりも優先して義務を果たそうとするんだよね。
これが「事業継続の為に、何より優先な事だ!」と勘違いしてさ。


事業継続の為に必要なのは、顧客であって、仕入先であって、従業員であって、家族であるはず。
「カネを貸さない銀行」は事業継続の為に必要じゃなくて邪魔なんだよね。

だから、その邪魔な存在を切っちゃえって言っているの。

取引先には事前通告無くて取引中止する事なんか日常の事なんだから、銀行にだってそれをやれば良いんだよ。邪魔なんだからさ。



二つ目の質問。
「あなたが融資担当していた時に、取引先がリスケジュールを求めて来た時に、半年とか数年とか・・・リスケで事業を存続させて、その後、通常弁済に戻して利益出して存続している企業はありますか?」って。

頂く答えは決まってこう。

「ない。」か、
「ほとんどない」というもの。


つまり、リスケして良くなった企業なんか無い、って言う事。

それ、銀行員は解っていてリスケ進めるんだよね。

自分がその企業の担当の数年間だけ、ツブれなきゃいい。自分の出世には響かない。

後任の担当者の事なんか考えない。
こういう思考回路で銀行員はリスケを実行するんだよ。もはやゲーム感覚(笑)



ワタシは銀行出身じゃないけど、今まで数多の銀行員や銀行出身者と話した・・・・間違いないね。ワタシの見解は正しいよ。


皆さんの抱えている事業上の借金・・・・今のまま返済を継続したら何年で終わるの??

皆さんの抱えている事業上の借金・・・・今のまま返済を継続したら銀行はまた貸すよ。貸し増すよ。

皆さんの抱えている事業上の借金・・・・返済し終る予定の時、あなたは何歳?? そもそも生きてる??

皆さんの抱えている事業上の借金・・・・返済を止めたら5年か10年で終わるよ。場合によっちゃ3年程度で終わる。


借金を終わらせる為の「手段」として、理に適っているのはどっちなんだろうか???


だから・・・・借金は払うと終わらない。借金は払うのやめると終わるんだよね。

屁理屈じゃないよ。国内法に基づいた対応策だよ。



いつも書くんだよ。「目的と手段を揃えろ」と。
借金を終わらせるために・・・・

借金返済を止めて、代物弁済や代位弁済を実行すると確実に借金は終わるね。

ワタシは経験者だし、ワタシのクライアントもみんな経験者。



あなたが誰の為に生きているのか??銀行の為なの??

それなら死んでも返せばいいけど、ワタシは家族に、従業員に、顧客に、取引先に、資金を廻すために銀行への返済を止めた。
ワタシは、家族、従業員、顧客、取引先、銀行の順番に優先順位をつけた。
銀行までは資金が廻らなかったよ(笑)


でもさぁ・・・銀行が本当に資金的にキツくなったら・・・・ワタシは銀行を救済するよ。

公的資金でね(笑)
公的資金って・・・財源は税金だろ??
あれ、巡り巡ってワタシのカネだもん(笑)
だから、助けてあげるから・・・・一度苦しくなればいいよ。


銀行と付き合わなければ、事業が続けられないと思うのは完全なる間違い。
幼少期に欲しいものを買う時に、お小遣い貯めたでしょう??

返済止めたらおカネは貯まるよ。それでも貯まらない事業なら、事業をたたんで働きに出ればいいよ。



数か月前に、ウチの長女が言ったんだ。
「パパ、欲しいものがあるからお小遣いちょうだい。」って。

ワタシ、
「お小遣い貰ってるだろ?それを貯めて買えよ。」って言ったんだ。

そしたら長女・・・
「大人は足りなくなると借りるからズルい!」って言ったんだ(笑)


ワタシ、絶句(笑)
「お前、いいセンスしてるな。オレの仕事出来るぞ!」って言ったらさ、

長女は

「やだよ!そんな仕事!」って(笑)

そう考える長女の感覚も正しいかもね(笑)
長女の人生の目的の中に、ワタシの仕事をする、という手段が選択肢ではない、という事だね。



6年前にレンタルビデオ屋の店主から足を洗ったワタシ。
5年前にガソリンスタンドの店主から足を洗ったワタシ。


レンタルビデオ店は、その後、新潟県内の大手企業に営業権を譲渡して継続したけど、数年しか持たず現在は廃墟。


t02200124_0959053913725359513

ガソリンスタンドは、その後、新潟県内の大手企業に営業権を譲渡して継続したけど、今月末までで閉店して来月から廃墟。

t02200124_0959053913725359514

ワタシがやっても、他の誰かがやっても・・・・結局モたなかったんだ。結局誰がやってもさ。
ワタシの「撤退」という選択肢は間違っていなかった。



ワタシは、「生きて、家族を養う」という目的を達成する為の手段として、その商売を続ける事をやめた。

ワタシは、「新しい人生を歩む」という目的を達成する為の手段として、拠点を東京に置き、付き合う人間を変えた。

ワタシは、「人助けとビジネスの両立」という目的を達成する為の手段として、現在の仕事を続ける。




目的と手段を揃えるのは簡単な事だよ。
難しいと思っている人は決まって・・・・「それが出来ない理由」を探すんだ。
出来ない理由なんか幾らでもあるよ。出来る理由を探せよ。


自分がこの世に生まれて来た意味を探せ。
誰の為に生き、誰の為に働き、誰の為に稼いでいるのかを考えろ。

カネを貸さない銀行との決別なんか・・・・・実に簡単な事なんだよ。優先順位を考えてね。


t02200183_1152096013725359512

はてさて・・・・・妙高に出かける事にします。
妙高で流しそうめんするんだってさ。じゃーねー(^_^)v




-----------------------------------------------------------------------



自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!



たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ

自己破産防止のための中小企業の資金繰り改善法 公式ホームページ


中小企業の資金繰り改善法 facebookページ


中小企業の資金繰り改善法 twitterアカウント


-----