こんにちは。たちばなです。

本日は10月1日の土曜日。東京から広島に向かう電車内からのブログ発信です。

移動時間は約5時間。

この間にブログをUPしようと思いました。



昨日、9月30日をもちまして・・・

「株式会社MEPたちばな総研」は第三期を終了しました。


一年間お世話になりました。

今日が当社の元日、という事になりますね。

元日早々で広島でおしゃべりさせて頂く機会を頂き、大変嬉しく思っております。

「広島大家の会」という不動産投資家の団体さんの前で、本日は240分のおしゃべり。

明日は、その団体さんの絡みで福山市に移動して同様におしゃべりするようです。


二日間で8時間しゃべる・・・・たちばなはじめは、帰りの新幹線車中で死ぬかもしれません(笑)


四期目に入りましても、「お金のよろず相談所」として、債務者を徹底的に守って参ります。引き続きよろしくお願い致します<(_ _)>

出張から戻りましたら、決算作業に動きます。


t02200242_1861204813761052175



さて・・・・10月もたくさんのセミナー要請を受けております。

少しご案内をさせて下さいませ。


①10月4日(火)東京神田小川町

http://shikinguri-kaizen.com/

10月11日(火)名古屋
t02200318_0720104013761052173

③10月12日(水)静岡浜松
t02200309_0816114513761052174

④10月15日(土)大阪南船場

t02200311_1448204813761052176

⑤10月19日(水)東京神田小川町

http://shikinguri-kaizen.com/

⑥10月25日(火)東京神田小川町

http://shikinguri-kaizen.com/

本日も、ここ数日でSNSに投稿した記事にお付き合い下さい。

あなたの週末の大切な数分間をワタシにお与え下さい。

少しでも、あなたの糧になりましたら幸いです<(_ _)>


------------------------------------------------------------------------


9月26日 新潟市北区 豊栄商工会にて


たちばなです。
18時から、新潟セミナー。
新潟市豊栄地域でおしゃべりするのは、これで5回目なんだけど……

だんだん設えが立派になっていく(笑)

今日も聴講者は50名を超えるんだって(゜ロ゜)
90分………どこをかいつまんで喋ろうか。...

喋りながら考えよう(笑)


t02200124_0960054013761057691

t02200124_0960054013761057692

----------------------------------------------------------------------

9月26日 セミナー聴講者からの投稿(大山裕二さん)


新潟市の豊栄商工会青年部さん主催のセミナ―にお邪魔させて頂いています。

本日はこのセミナーの講師に紹介したい方をお連れしています。
t02200165_0640048013761060459

相変わらず中小零細企業経営者の良いお守だ。
数年前に知り会って以来のよき友♬

それにしてもあの頃のセミナーより
格段とパワーアップしてるわ~面白かったぁ。



”もしも” の(有事の資金繰り対策)。
経営者なら、平時の資金繰りばかりではなく「もうあかんわぁ」という手詰まりと向き合う(つまり有事)時の資金繰りも、知っておく必要があるよな。


知っていると知らないでいるとでは、その先に雲泥の差がでる。

経営者さんはね、一度は聞いてほいた方がいい。

有事の対策を知る事で、実は今の経営が強くなる事もある。

だから今が好調な人こそ、これを聴いた方がいい。
私はそう思うな。(^^)v

t02200293_1080144013761060460

-------------------------------------------------------------------------


9月29日


たちばなです。

この仕事を始めて5年5か月が経過しました。

これまで528本のセミナーをさせて頂いたんだけど、地元の新潟でおしゃべりしたのは、一昨日の新潟市北区でのおしゃべりを含めて合計8回。


「どうせ信じてもらえないだろう。」っていう思いもあったし、

そんなに地元の新潟での開催に関しては積極的ではなくってさ。
依頼があればお受けする、って言うスタンスなんだけどさ。


でも新潟市北区は別なんだ。かつては豊栄市っていうところだったんだ。

ここだけは全然リアクションが違う。

ワタシがかつて小売業の社長をやっていた時に、「青年会議所」って言う組織で新潟県の役員やっていたんだけど、そこで仲良くしていた仲間たちの一部がワタシの仕事を理解してくれていてね。


その仲間の一人が、自分の地元の商工会にワタシのセミナー開催を働きかけてくれて、今回5回目のおしゃべりをさせてもらったんだ。

8回の中で5回が、この新潟市北区(笑)。
人気が偏りすぎでしょ(笑)


写真の人物・・・山田秀行君。
かつて、新潟県内の大手地方銀行の「D」で融資や渉外なんかもしていた経歴を持っている。
現在の彼は、旧豊栄市内でスっごくオシャレなイタリアンのお店のオーナーさん。

ワタシのセミナーは、まだ聴いたことが無いんだけど、元銀行員だからワタシの言う事にはなんとなく理解が出来ているようだ。
日頃から、ワタシの投稿には関心を寄せてくれていた。


今回のセミナーでも、やはり彼は来られなかった。
お店の予約が入っていたようだ。

彼にも聴いてほしかったのはモチロンだが、「お店優先」なのは仕方が無いよ。
ワタシだって彼の立場だったら・・・きっとそうしていた(笑)優先順位だからね(笑)


セミナー終わって、近隣の宴会場でお膳を囲んで懇親会した。
5回もしゃべっているとさ・・・結構な顔見知りも多い。写真の雰囲気は「田舎ヤクザの襲名式」みたいだけどね(笑)
t02200124_1776099913761065212

その後、一部の有志で地元では有名な洋食店で三次会。
ワタシも結構酩酊していた。そこに山田君が仕事を片付け、合流してくれた。
「よぉ~!待ってたぞ!」って言う写真がこれ(笑)
t02200124_1223068813761065211

酔っ払っていたんだけど、これだけはワタシは忘れない。
銀行出身者を見つけると、必ず訊く質問がある。

「新規で融資を実行した融資先、全額回収し終って取引が終了した融資先は何件ある??」って山田君にも訊いてみた。

彼は明確に言ったよ。「あるワケない!」って。
彼は続けて言ったよ。「終わらせたら上司に怒られる」って。



読者各位・・・・ワタシが何を言いたいか?・・・解る?
企業側(債務者側)って、「借金を早く終わらせよう!」って思って一生懸命払うでしょう?一生懸命返すでしょう?
銀行側(債権者側)って、「借金を終わらせないようにしよう!」って思って一生懸命貸し付けるでしょう?回収するでしょう?


つまり、借金と言うのは返済を継続すると・・・借金は終わらないんだよ。返済は終わらないんだよ。
借金の時効は、5年ないし10年だから、借金終わらせようと思ったら返済を停止しないと借金は終わらないんだよ。


順調に返済できている企業には、銀行は貸し付けなきゃいけないんだよね・・・ってか、それが仕事だから(笑)

こう言うのを、「利害関係が相反している」って言うんだ。



・トヨタのクラウンと日産のフーガ、どちらのクルマが良いか?を、トヨタや日産の人に訊いてはいけないのと同じ。ホンダの人に訊かなきゃ。

・サッカーの日本代表と韓国代表の審判を、日本人や韓国人が務めてはいけないのと同じ。欧州や中東の人にやらせなきゃ。

・ガンの恐怖や苦しみを医師に訊くのではなく、現役の、若しくは元ガン患者に訊くべきじゃない?

・事業継続の苦しみは、事業成功者に訊くのではなく、事業失敗者に訊く方が、ワタシは参考になると思う・・・あ、これは我田引水だわ(笑)



会社の資金繰り相談を銀行にしてはいけない事がわかるんじゃないかな??
彼らは融資先の都合で融資はしないよ。自分たちの都合で融資をするんだ。

彼らは事業主の相談相手ではない。

単に「貸金業者」である事を認識しなければいけない。



前にも言ったと思いますけどね・・・大事な事だし、みんな認識していないと思うから、もう一度ハッキリ言っておく。

【借金返すと借金は終わらない。借金返すのやめると借金は5年ないし10年で終わる。】


早く借金終わらせようと言う事が主眼の企業は、目的と手段を揃えないといけないよ。


道義的責任??
返済途中でアンタが死んじゃったらどうすんの??
保証人でも無い人間に跡継ぎに払わせるの?
その道義的責任は考えないの?
破産したら道義的責任は無いの?
破産だろうが・・・民事再生法だろうが・・・・借金踏み倒すんだろ??

その道義的責任は無いの?


事業売却するにしたって、借金がついていたら誰も買わないよ。
数年我慢して、「無借金状態」完成させてからなら、売れる可能性高いよ。
その売れたカネで、いくらか弁済してもいいよね?
銀行が受け取るかどうかは解んないけど(笑)



山田君と話していて・・・・改めて思った。
やっぱりワタシは正しい事をしている!って。本当に改めて思ったよ。




2週間ほど前に似たような事が2件続いたんだ。


1件目は、近畿圏の50代の飲食店経営者。
第二会社方式で救済を実行してから約1年。
第二会社は無借金状態。お客さんの支持も受けていて、シッカリ黒字決算。

子どもが小さい事もあって、事業を売却してその売却益で、独りで、こじんまり商売やりたいんだって。
事業売却のお手伝いをさせて頂く事になった。
1年前には、後ろ向きで暗い表情での話だったんだ。それが1年少々で前向きで発展的な事業売却の話に変わった。
ワタシは完全無料でやらせて頂く事にしたよ。ワタシの人脈を駆使してさ。


2件目は、北関東の60代のスポーツ関連事業の経営者。
20億円以上の負債と、広大な不動産の絡みで、「資産はあるけどカネが無い」という状況だった人。
少しずつ少しずつ・・・手間をかけて銀行交渉をじっくりと進めていた。
「問題乗り越えたら、ゴルフ行きましょうね!ガッツリと接待受けますから!」って言っていたらさ・・・・。

その人から先日電話貰って、「約束果たしますよ!ゴルフ行きましょう!」って(笑)
負債問題と不動産問題に加えて、息子さんへの世襲問題もクリアさせたらしい。
その人と、「無罪放免ゴルフ」をしてくる事になった。



仕事も6年目に入ってくるとさ・・・・最初はネガティブな案件としてワタシに関わって下さった企業がさ、すこしずつポジティブな環境を作れる環境になってきている。
これはワタシにとって、何よりうれしい事だよ(^-^)


モチロン、みんながみんなそうなるワケじゃない。
借金の返済を停止しても、それでも採算が合わずにジリ貧になっているところもある。

そういう所には、事業の廃業をおススメして、どこかに勤務して頂くなり、他の人生を考えて頂く事をおススメしている。

いう事を聴いて下さる人もいるし、いう事を聞かず、意地になって商売続けて、更にジリ貧度合いも増すケースもあるよ。

「生き方の指針」を示す事はワタシには出来るけど、それを強制は出来ないね。その方の人生なんだから。



ワタシは、「事業再生コンサルタント」ではありません。
ワタシは、「資金繰り支援コンサルタント」です。


再生しやすい環境は作って差し上げますが、再生させるのは事業主が行う事です。

我々はその補助をするに過ぎません。
事業再生ではなく、人生再生という観点で、あなたの資金繰りを考えさせて頂いています。



ワタシのセミナーを聴講されたある人に言われました。
「いろんな人のセミナーを聴きましたが、これまで成功者の自慢話を聴いて来ました。たちばなさんの失敗談を聴いて思いました。“失敗は成功の母”って言う言葉を」って。


嬉しかったなぁ~。
オレ、自分で良い仕事出来ている。自分で自分に満足しているよ。
今後も更に頑張ろう。
「人助けとビジネスの両立」を頑張ろう。


そんな事を思いながら、今日はもう1日OFF。
Skype面談は2件あるけど。


それ終わったら、ゴロゴロしよう。

明日からまた6泊7日が始まる。
今回は、東京と広島と福山を巡りますよ。


みんな・・・頑張ろうね!
ワタシに関わらないように頑張ろうね!

---------------------------------------------------------------------------

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!



たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ

自己破産防止のための中小企業の資金繰り改善法 公式ホームページ


中小企業の資金繰り改善法 facebookページ


中小企業の資金繰り改善法 twitterアカウント


-----