こんにちは。たちばなです。

本日は土曜日。大阪に向かう東海道新幹線車内からのブログ発信です。

o0688122313823123698

本日15時から、大阪南船場セミナー。

ワタシの担当は16時から。今回も40名ほどの方がお集まり下さるとの事。

偶数月の第三土曜日に定例開催で、その度に講師として現地協力者からお招きを頂いています。

 

東京を離れ、今日から五泊六日。

今日は大阪。

明日と明後日は名古屋に泊まり、火曜日に再度大阪に戻って、水曜日には博多に入ります。

 

12月19日(月)名古屋セミナー

o0720104013820510505

 

12月21日(水)福岡博多セミナー

o0594083213820511306

 

公開型のセミナーも非公開型セミナーも含めて、連日セミナー漬けの日々を送ります。

 

年末年始は、少し長めのお休みを頂こうと思います。

お休みと言っても、東京に滞在しないだけで、ご依頼があれば個別面談やSkype面談の対応はさせて頂きます。

 

ワタシは、「資金繰りは病気と同じ」と考えます。

軽度の段階で早めの処置を施せば、副作用も少なく、復活にかかる時間も短いです。

 

安易な資金調達でその場をしのぎ、さも平穏であるかのような事業の継続は、そう遠くないウチに必ず壁にぶち当たります。

赤字体質の事業への資金調達は、「穴の空いたバケツに水を入れる事と同じ」です。

 

問題の先送りをしないで下さい。リスケジュールなどしてはいけません。

その理由をセミナーで詳しくお話して参ります。

 

 

 

さて、本日もここ数日でSNSに投稿した記事にお付き合い下さい。

あなたの大切な一日の中の数分間をワタシにお与え下さい。

幾らかでもあなたの糧になるのでしたら幸いです<(_ _)>

 

 

 

------------------------------------------------------------------------

12月14日 東京神田神保町の「仮の住まい」にて。

 

たちばなです。

 

以前から何度も何度も申し上げている・・・「借金ほっとけ論」。

ぜーんぜん社会に浸透していない(笑)
不動産以外の動産を確保するための準備や仕立てをシッカリやっておけば、後は放っておいていい。
いずれ時間が解決する・・・・これが「借金ほっとけ論」

巷に浸透していないだけならまだわかるんだけど、過去のご相談者や既存のクライアントにも浸透していない事がわかった。
人間は忘れる動物なんだね。その事をワタシ自身も忘れてた(笑)

 

同じ時期に、2人の依頼人と1人の過去のご相談者から問い合わせがあった。

内容はどれも同じ。
「債権者が法的手続きに入りそうなんですけど・・・・。どうすれば良いのでしょうか?」とか、
「債権者が法的手続きに入っちゃったんですけど・・・。どうすれば良いのでしょうか?」とか、そういうの。

o0720096013823088940

この3人。AさんとBさんが既存の依頼人。Cさんは過去のご相談者。
AさんとBさんは、事業主。
連帯保証人や、不動産の担保設定などいろいろごちゃごちゃはしていたし、一部税金の滞納なんかもあった。
丁寧にヒアリングをし、事前に準備を整えた上で、借金の返済を停止した。AさんもBさんも事業の継続を希望していたから。
そのニーズを満たすためには、借金返済を停止するのが一番と結論付けた。家族・従業員・顧客・取引先を守るために。

 

Cさんはフリーター。
カード借金が約270万円。毎月13万円の収入で、そのウチ7万円が返済に廻っていた。
金利分含めて返済を続けると5年かかるとの事。
「返済止めたら5年で借金終わるね。」ってアドバイスして返済停止開始。
Cさんは不動産もなし。独身。生命保険は掛け捨てのみ。クルマナシ。預貯金はほとんどない。
ついでに彼女もいない、って言うから、

「引越して電話番号かえたら?後はほっときゃいいよ。」

 

資金難で契約できないとの事で、心配になるたびにウチの事務所に2000円持参して相談に乗る事になった。

 

その上で、AさんにもBさんにもCさんにも「準備をした後は基本的に放っておいていい。」って言っていたはずなんだけど・・・やはり連絡は来る。

 

 

Aさん・「どうすれば良いのでしょうか?」
はじめ・「どうもしなくていいよ。」
Aさん・「心配なのですが。」
はじめ・「心配だから我々と契約したんでしょう?その契約先が“どうもしなくて良いよ”って言っているんだよ。」
Aさん・「なんかヤバくないですか?」
はじめ・「なに!?カネ返せなくて逮捕されるヤツなんかいるの?いたら会ってみたい(笑)」
Aさん・「法的手続きに入るらしいです。」
はじめ・「良かったね。“ゴールに近づいている”って事じゃん。」
Aさん・「・・・・・ですね。」

 

 

Bさん・「対応策を教えてください。」
はじめ・「何もしなくて良いです。」
Bさん・「何もしなくて良いのですか?」
はじめ・「あなたは何をすればよいと思うのですか?謝る?許してくれるなら謝っておいでよ。絶対に許してくんないから。一円でも払ったら借金は終わらないよ。」
Bさん・「良心が痛みます。」
はじめ・「良心の呵責があるならキチンと返済すべきです。出来る??」
Bさん・「出来ません。しかし・・・」
はじめ・「奥さんや子どもにひもじい思いをさせる事に良心の呵責は無いの?」
Bさん・「それは・・・あります。」
はじめ・「じゃあどっちが優先なのかを考えてね。」
Bさん・「・・・・・ですね。」

 

 

Cさん・「電話がジャンジャンなるんですけど。」
はじめ・「電話に出なきゃいけない決まりはない。」
Cさん・「結構な頻度で鳴るんです。」
はじめ・「着信拒否すれば?電話番号変えるのもいいんじゃない?」
Cさん・「家に来たらどうすれば?」
はじめ・「“お金ないから出来たら連絡するから帰って下さい”って言って帰らなかったらお巡りさん呼んで。」
Cさん・「なんか督促状とか来たら?」
はじめ・「開封の義務は無い。開封して中身を見るから不安になる。だから開封しなきゃいい。だいたいの内容は解っているんだから(笑)」
Cさん・「内容証明郵便とか来たら?」
はじめ・「署名しなきゃ受け取れない。」
Cさん・「このままじゃ裁判で訴えられる」
はじめ・「民事裁判で訴える事なんか誰でも出来る。法的拘束力ナシ。Cさんは裁判に行っても行かなくても負ける。どっちにしても負ける。それなら行かなきゃいいでしょう?」
Cさん・「行かないのって、ヤバくないですか?」
はじめ・「民事裁判に行かないと逮捕されるの?そんな話は聞いたこと無いよ(笑)」
Cさん・「たちばなさんは?」
はじめ・「行ったこと無い。行く意味が無い。」
Cさん・「私は言ったほうが良いと思います。」
はじめ・「じゃあ行けば?ただ債権者側はそこにはいないよ。債権者も裁判には来ないよ。」
Cさん・「え!?そうなんですか??」
はじめ・「それを確かめに行く目的で、裁判に行くなら行く意味があるかもね(笑)」
Cさん・「不安です。」
はじめ・「それなら後ろ盾になるから契約する?」
Cさん・「お金ないです。」
はじめ・「それなら自分で頑張るしかないね。」
Cさん・「・・・・・ですね。」

 

負債額は・・・Aさんが約4500万円。Bさんが約2億円。Cさんが270万円。

負債額の違いはある。各々バラバラ。

でもね・・・・法律は全部おんなじ。100万円の負債でも、100億円の負債でもおんなじ。

 

周到に準備を重ね、行動は迅速に。債権者と同じ土俵に立たない。これで概ね7割の借金問題は解決する。
法的手続きに入る、という事はゴールに近づく。「借金の終わり」に近づく、という事なんだよ。いわば「所定の手続き」という事だね(笑)

 

「借金問題解決」という目的の為に、取る手段が「法的手続きの完了」である。目的と手段が一致しているね。メデタシメデタシ(笑)

 

信じにくいでしょう?ワタシもはじめはそうだったよ。
でもね・・・・・大事な事は先人たちが教えてくれる。

 

・三十六計逃げるに如かず。
・“成功”ではなく“失敗”に学びを求める。
・意図を表に出さす意表をつく。
・“壁”が高ければ、“壁の切れ間”を探してみる。
・常に“別のやり方は無いのか?”を問い続ける。
・嘆く前に今ある資源で出来る工夫を考える。
・ゴールは一つでもルートは無限大と考える。
・“大きい事が正しい”という思い込みを捨てる。

o2048204813823089004

 

神奈川県内の大手会計事務所の方から、「関与先の相談に乗ってやってほしい」と電話があった。
「いいですよぉ~。お受けします。明日にでも会えますよ。」と言ったら、
「え!?たちばな先生、お忙しいのではないですか??」と。
「全然ヒマですよ。ご安心を。ワタシはセンセイなんかじゃないですけどね。」って答えたら笑いながら喜んでくれた。
これでお互いににこやかにして・・・・お仕事を一つゲット。

 

その後、横浜のIT企業の社長さんから、「お世話になっている先輩が苦しんでいる」と電話あり、
「明日、横浜元町ウロウロしていますんで、そのついでに会いますよ~。」って事で、一回の横浜出張で二件の面談。

 

不思議なモンでさ・・・結構エリアでお問い合わせが重なるもんなんだよ。
効率よく、容易く、スピーディに「人助け」します(笑)
モチロン、面談者が信じてくださればの話なんだけどさ。

毎日毎日、世間から疑いの眼差しで見られている、たちばなはじめなのでした(笑)

 

 

みんなさ・・・・あんまり忙しい忙しいって言うなよ。忙しいんだろうけどさ。でも、あんまり忙しい忙しいって言うの・・・・カッコ悪いぜ!?

 

ワタシ・・・ヒマだよ。
こうやって文章をしたためる時間ある。酒飲む時間ある。飲みに行く時間あるよ。ヒマだよ。
優雅に泳いでいるように見せる白鳥・・・・水面下では足をバタバタさせているらしい。こういうのカッコいいね。「武士は喰わねど高楊枝」これが好き。
ワタシの感覚が狂ってるのかな??(´・ω・`)

 

----------------------------------------------------------------------

 

12月15日 東京神田神保町の「仮の住まい」にて。

 

たちばなです。
博多で6億円の窃盗かぁ~……。

o0960054013823085372
o0960054013823085455
o0960054013823085525

「たちばなさんなんじゃないのぉ~!?6億円イコールたちばなさん、みたいな(笑)」

と言うメッセージを頂きました(笑)

 

ワタシは犯人ではございません。アリバイあり(笑)
ワタシは法律守りますから(-_-;)

6億円借金あって、6億円盗んで、6億円返済するって……バカでしょ( ̄▽ ̄;)

 

----------------------------------------------------------------------

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

 

たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ

自己破産防止のための中小企業の資金繰り改善法 公式ホームページ

中小企業の資金繰り改善法 facebookページ

中小企業の資金繰り改善法 twitterアカウント

-----