こんにちは。たちばなです。
本日は土曜日。新潟の自宅からのブログ発信です。

39869187_694288674238539_428418143052890112_o
 
最近さ・・・面白い傾向が発生して来ましてね。
ワタシがコンサルさせて頂いているクライアントの一部に・・・
「この督促状、ブログに使ってください!」とか、
「債権者からこういう事されたんですけど、ネタになります?」とか、積極的にワタシの投稿のネタになろうとする人が複数出てきた(笑)
 
この人たち・・・別に「ぶっ飛んでいる人」ではない。
数か月前には、ドンヨリとして土気色の表情でワタシに救済を求めてきた人ばかり。
 
それが、債権者の回収の為の動きのパターンを知り、実際に体験する事によって・・・「対策の取り方」を学ぶんだ。
するとすると・・・今度は気持ちの余裕が出てきて、債権者対策に余裕が生まれる。
余裕が生まれれば、24時間の中で債権者対策に割く時間が減らせる。
債権者対策に割く時間が減らせれば・・・・各々が持つ本業に時間を割くことが出来るんだ。
本業に時間を割く余裕が生まれる事で、経済的余裕が出来、今度は・・・・・
「自分の経験を世の中に伝えたい」って言う欲求が出て来るんだよ。
 
その中の一部の人が、ワタシに自分の情報を託して、ワタシに拡散を要求してくるんだ。

「気持ちに余裕を持つ」ってすっごく大事だよ。
追い込まれた時に、慌てちゃダメなんだって。
追い込まれた時にこそ、一度深呼吸して・・・・今の自分が出来る事に思案を巡らし、
それを達成するために、いくつかの段取りを重ねる。

【慌てる乞食は貰いが少ない】って昔から相場は決まっているんだよ。

慌てちゃいけない
急いじゃいけない
やがて時間が経てば解決する問題なんだから。


さて、本日もSNSに投稿した記事にお付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間をワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧になるのでしたら幸いです<(_ _)>

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

9月7日 二年前の自分の投稿から

たちばなです。
 
2年前……Kさんは別れ際に
「イロイロと検討してまたご連絡します」
と言ってお帰りになった。
 
その後彼からは連絡などない。
 
検討して距離を置くことにしたのか?
検討するフリをしてバックレたのか?
そもそも検討などする気が無かったのか?
 
理由はどれでもいいな。
 
オレはKさんの眼鏡に叶わなかった。
Kさんもオレの眼鏡に叶わなかった(笑)
 
株式会社MEPたちばな総研のたちばなはじめ。
審査はキビシイよ(笑)
 
しかしさ………「検討する」って言って、ホントに検討するヤツっているのかね?
オレはそういうヤツに会ってみたいよ。
そんな無駄な時間の使い方するヤツに(笑)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

たちばなです。
一昨日なんだけど、付き合いのある、とある不動産投資家のSさんからメッセージ受けたんだ。

「自分の付き合いのある、金融機関の仲の良い担当者の人に“たちばなさんを紹介して欲しい”って言われたんです。
債権債務がらみではないのですが、営業上の戦略としてたちばなさんにお目にかかりたいそうです。

“金融機関とかキライな人だから耳障りな悪い話になるかも”とは伝えてあるのですが、小川町にお連れしたいのですけど、いつ会いに行けばよいですか?」

というもの。

全ての金融機関が嫌いなわけじゃない。カネを貸さない金融機関がキライなだけ(笑)

ワタシに仕事上の提案があるなんて、良い度胸じゃないか!・・・なんて思ったりしながら、紹介者のSさんと金融機関のKさんが、昨日当社に来たんだ。

ワタシの所に来る相談者の中で、連帯保証人を外す事を目的に、スポットで一時的に融資を実行して・・・・という提案をしたかったらしい。

「Kさん、ワタシがあなたの所に行って、“カネ貸してくれ”って言ったらすぐにカネ貸してくれる?」と質問。

「イヤぁ~・・・ウチも審査をしなければ行けないです。」って答えたんだ。


「そうだろう?Kさんはワタシの事が信じきれないだろう?
ワタシもKさんをいきなり提案に来たから、信じ切れるはずはないよね。こっちも審査するよ」
って答えたら、困った表情していたよ(笑)


「そんなにワタシの事が信じられない??」って更にKさんに訊いたら、
Kさんは、
「いえ・・・そんなことはないですが・・・」と。


「じゃあさ、仕事をKさんに廻す事を約束するから、ワタシに融資しなよ。
あなたがワタシを信じ切れるから仕事をくれ、って言うんだろ?
だから、そんなに信じてくれるなら、仕事を廻してやるから、カネを貸しなさいよ。
返せるかどうかは解んないけど。」って(笑)


Kさんは穏やかでニコヤカな人。別に彼の人柄は悪くない。誠実そうな男だった。
でもね・・・金融機関って、みんなこう。

相手の事は信じていないのに、自分の事は信じられている前提で物事を進めるんだ。
金融機関って・・・スっごく身勝手なんだよね。


今一度言っておく。
別にKさんが悪いんじゃないんだ。
金融機関って、そういう環境で仕事をするのが当たり前だったし、社会もそれを許容してきたんだ。

だからKさんがそう言うスタンスでワタシの所に来たのは・・・・ある意味当たり前の事なんだ。

ワタシの言う事って・・・マイノリティではありけれど、ある意味当たり前の事でもあるんだよ。

いきなり見ず知らずのヤツがやってきて、「仕事をくれ」と。
「じゃあ仕事を欲しいなら、カネ貸せよ。」と返すと、
「それには審査が必要」と彼らは言う。


そっちがワタシを信じられないのなら、ワタシもそっちを信じられないね。

14257569_962286010584193_1561823072524048671_o

そっちがワタシを審査するのなら、ワタシもそっちを審査しなけりゃイカンね。

こう言う理屈をこねて、紹介者のSさんと共に一笑いして30分ほどでお帰りになった。

あ~ぁ・・・金融マンをからかうのは面白いよ。

でも、彼は勇気あるよ。
よくぞワタシを訪ねて来たものだ。
「銀行の敵・たちばなはじめ」に丸腰で仕事を依頼しに来たのだから(笑)返り討ちされる事も覚悟して(笑)
14241615_962286020584192_4871834838241963852_o


「いやぁ~・・・・面白かった。ねぇねぇSNSのネタにしたいから、写真撮らせてくんない??」って言ったら、
「それは困ります!」って断られた。
写真を取ることにも「審査」が必要なのかもね(笑)



本日から二泊三日で熊本に出かけます。
早朝6時前は、ビジネス街の神田淡路町交差点付近でも、「こういうの」がいるんだね。

14188447_962287040584090_6645931678522905997_o

雨降ってるから、スーツびちょびちょになってた。

「人の振り見て我が振り直せ」熊本でも気を付けなきゃね(*´ω`*)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!


■インターネットTV 「なにわTUBE ・ KAZUの頭見切れてる!」 に出演しました!



■たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ

問い合わせバナー