こんにちは。たちばなです。
本日は火曜日。新潟の自宅からのブログ発信です。

39995151_695266920807381_4553455959929782272_n

昨日はね・・・隣町の長岡市に買い物に出かけて参りました。
三女が来春に小学校に入学するので、ランドセルの予約に行って参りました。
早期予約で、ランドセルを置く棚が付いてくる、って言うので、それに乗っかる為に行って参りました。

DSC_0038

たちばなはじめ、もうすぐ47歳。
もはや「孫」に近い環境ではございますが、家族を養うために懸命に仕事をして参ります。
 
長女中学一年生
次女小学一年生
三女幼稚園年長
長女と次女が6歳年齢が空いていて、次女と三女が「年子」なのは理由があります。

長女が生まれた時・・・・小売業経営者で、「ジリ貧」の経営状態で、とにかくカネが無くってね。
年収200万円を切っていた頃です。

とても怖くて子どもなんか作れない。
「子供、カネ無いし1人でいいや」なんて思っていてね・・・・子供が出来るのがコワかったし、
長女の成長には目を細めていたけど、何かと発生する出費に戦々恐々としていて、とても二番目三番目なんて、考えられなかったんです。

しばらくして、ワタシが「借金に関する法律の本当の事」を知るにあたり、自分の借金問題が片付き始めた頃に・・・二人目が出来た。
それまでに6年かかった、という事です。

「自己破産させない屋」が上手く仕事として機能し始めて、経済的困窮から脱しつつある頃に、三人目が生まれた。
だから、長女と次女の年齢が空いていて、次女と三女が年子なんです(笑)
 

「子どもなんか生まれてくればどうにかなる」って言う周辺からのご指摘も頂いたことはありましたが、
ワタシは、そうは思えなかった。
ワタシが幼少の頃に、ワタシの父は地元の名士でバンバン稼ぐ経営者。
とっても大きく眩しく見えた事を憶えていましてね・・・・ワタシは現在もそれが「父親としての理想像」です。

長女が生まれたばかりの頃は、その理想像からは程遠い状態だったので、子供にそのような評価をされるのがコワかったのです。
裏を返せば、自己破産させない屋を続けて、現在のワタシは、自分が描く理想像に近い状態であります。
そういう状態になる目途が立ったので、次女と三女が生まれた、と言っていいと思います。

多少「人生の遠回り」を致しましたし、「老けたオヤジ」にはなってしまいましたが・・・・
今後も家族を養い、依頼人を守り、経済的困窮から脱するようにサポートしてまいります。

【資金繰り改善の第一歩は ”知る” ことから!】


さて、本日もSNSに投稿した記事にお付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間をワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧になるのでしたら幸いです<(_ _)>

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
8月27日 Yahoo!ニュース ・ 産経新聞 より
【携帯料金4割下げ「競争行えば下げられる」 菅長官】 から
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000529-san-pol

たちばなです。
 
「日本のコメ農家は保護され過ぎ。
外国米の輸入を拡大して、競争を煽ればコメの値段はもっと下がる」
って言っているのと、何が違うんだろうか!?


資本主義経済社会で、
職業選択の自由があり、
民主主義社会であり、
国民主権なのが、この日本国なのですよ。
 
価格破壊に政府が介入する事に異論を唱える人がいない。
いても、それはチンピラ負け犬コンサルタント(笑)
 
 
あなたの従事している業界に、政府が介入して来たらどうする!?
「競争原理が働いていないから、競争原理を発生させて値段を下げさせる!」
って言ってきたらどうするよ!?
 
 
それでデフレ解消目指していて、
賃上げ要請していて、
その為の、インフレターゲット2%が達成できない……って( ̄▽ ̄;)
 
オレの言ってること、おかしいのかな!?
もうさ……なんだかワケ解んない( ̄▽ ̄;) 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
菅義偉官房長官は27日の記者会見で、携帯電話の料金が4割程度引き下げられる余地があるとした自身の発言について「競争をしっかり行えば、下げられる余地があるという見通しを申し上げた」と説明した。
菅氏は「4割」の根拠として、日本の携帯料金が経済協力開発機構(OECD)加盟国平均の約2倍で他の主要国より高水準であることや、新たに携帯事業に参入する楽天が既存事象者の半額程度の料金を計画していることを挙げた。
菅氏は「競争を一層促進し、利用者にとって分かりやすく、納得できる料金、サービスの実現にしっかり取り組んでいく必要がある」と述べた。
菅氏は21日の札幌市での講演で、携帯料金について「4割程度下げる余地はあると思っている」と発言。
23日から総務省の審議会が引き下げに向けた検討を始めている。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!


■インターネットTV 「なにわTUBE ・ KAZUの頭見切れてる!」 に出演しました!



■たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ

問い合わせバナー