こんにちは。たちばなです。
本日は火曜日。新潟の自宅からのブログ発信です。

38542133_674885359512204_8241502698642341888_o

大阪・福岡のセミナー行脚を終えまして、昨夕に新潟に戻りました。
本日一日お休み頂きまして、明日の朝いちばんで上京いたします。

昨日は、小学校中学校時代に在籍していた野球部の仲間たちと一献致しました。
39543497_1296495423826734_2471812906447011840_o

ここ一年位で急に旧交が温まってね・・・・数か月に一度、集まるようになったんだ。

なんかさ・・・ワタシも含めてみんな年取った(笑)
1人は途中でつぶれて寝てしまったよ(*_*;

ちょっと前に、同級会なんかも開催されていて、ワタシも誘われていたんだけど、大阪セミナーの日だったので欠席。
その時の話を聞かせて貰いながら、飲み会では話題も笑いも絶えなかった。

福岡から飛行機で帰ってきて、自宅に荷物を置いて、すぐに飲み会に行ったもんだから、少々疲労気味だったんだけど、しばらく話していたらそんなことは忘れちまったよ(笑)

少しずつこなれてきて、ワタシも仲間もそれなりに齢を重ねている。
「あいつに会いたい」「あの娘に会いたい」・・・そんな思いが脳を去来する。


次回の同級会の開催は、12月の第三土曜日なんだそうだ。
偶数月の第三土曜日は・・・・ワタシは毎回大阪定例セミナー。
懐かしの同級生にお目にかかるのは・・・・もうしばらく先になりそうだ。

しばらくの間、野球部の仲間たちとの交流だけで我慢する事にしよう(笑)



さて、本日もSNSに投稿した記事にお付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間をワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧になるのでしたら幸いです<(_ _)>

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

8月19日 Yahoo!ニュース ・ 産経新聞 より
【「出口」戦略の障害の懸念も 利上げで債務超過… 日銀資産、戦後初のGDP超え】 から
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000540-san-bus_all

たちばなです。
 
前総裁の白川さんが引き締めて、
現総裁の黒田さんが緩和させて、
「白と黒」で方針が大きく分かれたワケだけど・・・・我々の生活で大きく変わったものって・・・何があるだろう!?
変化がゼロとは言わないけど、変化なんて些末なモノだったんじゃないかあ??
 
日銀日銀って、お大尽でも奉る様にしているけど・・・一つの認可法人でしかない。
一般的な法人でしかない。
「一般金融機関にカネを貸し、利息をハネる業者」に過ぎない。
https://ja.wikipedia.org/…/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%8A%80%E8%A…
 
一つの銀行であり、法人番号も保有しており、金融機関コードも保有している。
私企業たる銀行とあまり変わらないんだよ。
政府直轄組織体と思われがちだけど、政府の管轄からは独立した一つの事業体に過ぎないんだよ。
 
債務超過?懸念? だからなに?
どうせしんどくなりゃ、法律作って税金が注入される。
政府にカネなんかあるんだよ!財源不足になんかなりゃしない。
2006年に400兆円だった国の借金、20018年で1000兆円になって・・・なんか変わった??
変化がゼロとは言わないけど、変化なんて些末なモノだったんじゃないかあ??
 
いざとなりゃ、「政府発行紙幣」ですよ。
とりあえず、日本の1000兆円の借金なんか、政府発行紙幣の「1000兆円札」を作って国庫に保管しておけば、借金なんか無くなる程度の事。
これで日本は無借金だ!
 
債務超過の事業体なんて・・・大企業・中小企業に関わらず、この世にゴマンと存在する。
こんな記事は、「ただの私的事業体の事業不振の懸念」に過ぎないんだ。 
   
一つの「単なる私的な事業体」の懸念材料で、多くの国民の不安が煽られる様は何とも滑稽。
こんなの・・・「ふーん・・・そうなんだ。頑張れよ。」って思いながら鼻くそほじって眺めてりゃいい程度の事なんだよ。
   
我々中小企業は、こういうアホ記事に左右される事無く・・・
知識の習得に努め、
研鑽を積み、
懸命に事業の取り組み、
賢明に事業の維持に思案を重ねる。
これでいいんだよ。
 
 
しんどくなったら、連絡ちょーだい。
日本銀行は助けれらないけれど、中小企業なら助けられるから(笑)
我々中小企業の「懸念」の出口戦略は・・・借りたカネを返す事をやめる事だ!
文句あっか!(笑)


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
日銀の総資産が膨張したことで、将来的に大規模金融緩和を手じまいする「出口」戦略を開始した際に財務体質が悪化する懸念が強まっている。
日銀が国債購入で放出したお金は金融機関が日銀に預ける当座預金に入る仕組みで、金利水準を引き上げればその利払い費が増加するからだ。
最悪の場合、日銀の自己資本8兆円が消失して債務超過に陥る恐れもあり、出口を検討する際の障害になる。

三井住友
アセットマネジメントの市川雅浩シニアストラテジストは「もし総資産の規模を保ったまま利上げに踏み切れば、債務超過もあり得る」と指摘する。
問題は日銀の収入となる保有国債の利息と、支出となる当座預金の利払い費の差額だ。
平成29年度末の国債保有額は448兆円で、利息は1兆2211億円に上る。
対する当座預金は378兆円で、利払い費は1836億円。差額の1兆円余りが日銀の収益となる。

当座預金の金利はマイナス金利政策下で0.1~マイナス0.1%に抑えられている。
ただ、出口戦略で金利を引き上げれば保有国債の金利(29年度は0.28%)を超え、利息の受け取り分を支払い分が上回る“逆ざや”になりかねない。
仮に1%利上げすれば単純計算で3兆7千億円規模の利払い費が追加発生するため、数年で日銀の自己資本を食い潰してしまう。

日銀も出口での損失に備え27年から国債の利息収入の一部を年数千億円規模で引き当てており、国債の購入規模も減額している。また、実際の出口戦略では、まず資産規模を減らしてから利上げに移るといった手法も考えられるため、「逆ざやに陥らないよう工夫して対策を取るだろう」(市川氏)との見方が強い。

ただ、資産規模ばかり膨らみ、対策のハードルを上げているのは事実だ。
日銀
は先月の金融政策決定会合で欧米の中央銀行にならいフォワードガイダンスと呼ばれる指針を導入し、超低金利を当面続ける姿勢を明確にした。
市場では2%の物価上昇目標達成は難しいとの見方が強まっており、終わりの見えない金融緩和をいつまで続けるのか改めて問われている。(田辺裕晶)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!


■インターネットTV 「なにわTUBE ・ KAZUの頭見切れてる!」 に出演しました!



■たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ

問い合わせバナー