こんにちは。たちばなです。
本日は月曜日。そして春分の日。新潟の自宅からのブログ発信です。
17200077_1313384165422475_929020725_o


新潟のド田舎も少しずつ暖かくなって参りました。
昨日ね・・・地元の町内のこども会で催されるボーリング大会に参加してきました。長女と次女を連れて。
毎年参加しているんですけどね・・・少しずつ少しずつ・・・・子供たちのボールを投げるスピードが速まってきています。
こんなところで成長を感じるんですよねぇ~。

お昼過ぎにボーリング大会が終わって、子供たちが言うんですよ。
「ラーメン食べに行こ!?いいでしょう??」と・・・。
世の一般家庭に比べて、当家は父親と娘が一緒にいる時間が極端に少ないので、どうしても一緒にいると甘くなってしまう(笑)

今度6年生になる長女は味噌ラーメン。
もうすぐ6歳になる次女はお子様ラーメン・・・・と思いきや、普通のラーメン。
ペロリと平らげました。

こ・・・こんなところでも成長を感じた次第です(;^ω^)

明日から二泊三日で東京と名古屋をめぐります。
東京では個別面談四件。
名古屋では定例のセミナーです。
頑張ってお仕事を致します。
その前に・・・・・これ書いてから、墓参りに出かけてまいります。お彼岸だからね。

さて、本日もSNSに投稿した記事にお付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間をワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧になるのでしたら幸いです<(_ _)>

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3月18日 大阪なんばにて

たちばなです。

大阪なんばセミナー主催者のブログ。
大崎さん、あなたの気持ちは充分に伝わっています。
ワタシは一名でも、百名でも・・・懸命におしゃべりを続けます。

しかし・・・大阪圏の方々は、主催者も聴講者も、ほんまに熱心やなぁ~( ̄▽ ̄)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
大阪なんばセミナー主催者 大崎大造さんのブログより
【昨日もたちばな節炸裂!】
http://ameblo.jp/daizou59/entry-12257405002.html

昨日は、第四回資金繰り改善セミナーでした。

ノンストップの3時間!いや3時間15分‼️
17353650_1109747839171342_6897260435322080709_n

昨日のセミナーには、交流会で出会った税理士法人の代表の方、事業投資をしている会社の方、中小企業診断士、企業コンサルタント、保険外交員、不動産ファンド会社の方、再生支援コンサルタント、事業家の方など様々な職業の方が受講されました。

ほとんどの方が私の知人でしたが、数名はこのブログやFacebookで繋がった方もお越し頂きました。
講師のたちばなさんのお話も回を重ねるごとに進化している。

昨日初受講の方は、約15名!
3時間のセミナーなんて、普通は辛いですが、受講者の皆さん真剣に聞いておられました。
ある経営者の方には、帰り際に熱い握手と感謝の言葉まで頂きました。
こんな瞬間は、忘れられませんね!

また、Facebookで繋がった方で熱い情熱が有り余る方にもお会い出来ました‼️
出会いとご縁に感謝いたします。

今回で4回目の開催でしたが、
1回目は4名、
2回目は7名、
3回目は、20名、
今回の4回目が21名。

やっと講師のたちばなさんもやり甲斐を感じてもらえる人数の方を集められるようになりました。
2回目までは、わざわざ東京からお越し頂くのに、申し訳なくて!
でも気長にお付き合い頂きなんとか集客が出来るようになってきました。
まだまだリアルでお会いした方を集客するばかりですから、SNSも活用して一人でも多くの経営者に聞いてもらわないと!

このセミナーは、経営者のバイブルになりますから。
あらゆるリスクと責任を背負っている中小企業経営者が、我が身を守る為に必要な知識です。
次回開催は5月19日になります。

これから起業する方、
既に起業している方、
是非一度は実際に聞いてください。

経営者自身を守る為に!
あなたの身はあなた自身で守らないと‼️
経営者の出口と非常口の確保を提唱するファイナンシャルリスクアドバイザー‼️

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3月19日 たちばなはじめ公式サイトとメルマガ管理人・奥田雅也の投稿より

先日、
とある保険営業パーソンと
お話しをしていて
 
「『たちばなはじめさん』って...

借金を踏み倒す胡散臭い人でしょ?
どうしてあんな人の
支援をしているのですか?」
 
と質問を受けました(笑)
   
私は、

「確かに胡散臭い見た目ですが(笑)、
彼は借金を踏み倒しませんし
彼の情報以外で
資金繰りに本当に困った経営者を
可及的速やかに救える情報を
知らないからです。
 
法律に則った対処法なので、
『有事の資金繰り改善』には
彼の情報は役立つと思いますよ。
 
彼の情報を知っていれば、
少なくとも借金を苦に
自殺をする必要は全くありません。
 
ウチの親父はそんな情報を
知らなかったので
自ら命を絶ったんですけどね・・・」
 
とお答えしておきました。
 
  少なくとも事業主・経営者であれば、
そして事業主・経営者を
相手に仕事をしている人であれば、
 
「有事の資金繰り改善法」
 
は知っておくべきですし、
知っておいて損は全くないと私は考えています。
   
ブログ・メルマガ・Facebook・セミナー
どんな手段でも構わないので、
「たちばなはじめ」の情報を
一度は吟味した上でご判断ください。
 
コメント欄に各種リンクを
貼っておきますので
宜しくお願いいたしますm(__)m
  
※写真と本文は全く関係ありませんが、3連休も全く関係なく4時に起こした後に朝日を堪能するヤマトです(笑)

17309997_1226073397491582_2237507981190645813_o

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3月19日 一年前の自分の投稿より

たちばなです。

1年前もそうだった。
こんなことやってるから、胡散臭いと言われるんだな( ̄▽ ̄;)


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

たちばなです。


現役の「多重債務者」であるワタシ。今でも約5億円と少々の負債が残っている事は皆さんもご存知かと。

でも、ワタシは全然債務整理なんかしていないよ。破産なんかもってのほか。
今後もしない。
クレジットカードも使い続けるよ。


債権者と自分だけを守りたいなら破産や債務整理でも良いかもしれない。
でも、ワタシには守りたい優先順位がある。


第一優先・家族
第二優先・従業員
第三優先・顧客
第四優先・取引先
第五優先・銀行


限られた資金の中で、ワタシが「こいつだけは絶対に守りたい!」って言う優先順位を付けたんだ。


・家族を守ろうと思ったら、収入は確保しなければいけないから事業をやめてはいけない。だから債務整理も破産もしない。

・従業員を守ろうと思ったら、給与や退職金は絶対に払うべきだから、資金を確保しなければいけない。だから債務整理も破産もしない。

・顧客守ろうと思ったら、いたずらに高く売るべきでないし、顧客の購入先と自社が存続しなければいけない。だから債務整理も破産もしない。

・取引先守ろうと思ったら、キチンと支払いをしなければいけないし、その為には自社が存続しなければいけない。だから債務整理も破産もしない。

・銀行守らなくても・・・・彼らはキチンと自立していける。カネ貸してくれるんなら大切にしてあげるけど、カネも貸さないくせに返済請求だけは一丁前。そんなところ・・・オレは要らないよ。


この写真の督促状。ワタシのだよ。2億4千万円請求されている。
12440656_849851135161015_3672546109773309441_o

「本書到着後一週間以内にお支払いください」だって(笑)
あるワケねーだろ。バカ。
ってか、あったらむしろ払わないよ(笑)


代位弁済日を見てよ。平成23年の3月になってるでしょう?
今月で時効なんだ。


でもさ・・・敵も去るもの。彼らはワタシを民事裁判で提訴した。
ワタシは負けたよ。民事でね。刑事じゃないよ民事だよ。 勝つワケないよ。裁判所に行かないんだから(笑)


ワタシの時効はまた5年先送りになったよ。平成33年の3月まで時効は来ない。よって・・・ワタシは多重債務者であり続ける事が出来、皆さんに借金の本当の事をお話しし続ける事が出来る。

前にも言ったけど、時効なんか完成させなくたっていいんだよ。時効なんか無くたっていいんだよ。
払えないのはおんなじなんだし、債権者がこれまで一円もワタシから回収できていない事実は揺るぎないんだから。


債権者がワタシ対しておどろおどろしい文書を送りつけてきても、それは全てワタシの血となり肉となる。
全てがワタシの糧となり、それをワタシがWEBで情報を流布する事によって、同様に資金的困窮者への有益な情報となる。

そしてご相談者から相談を得て、知識を注入しビジネスを完成させる。極めて合理的だよね。だから、ワタシの「仕事」と言う名前のゲームはまだまだ続くよ(笑)
だって・・・・ビジネスを完成させる事こそが、第一優先の家族を守る、という事になるのだから。


ずいぶん前に一度だけ、「保証協会債権回収」っていう所から、ワタシに電話があったよ。ただの一度だけ。
「ご返済についてのご意向を伺いたいと思っています。」って言うから、ワタシは言ったよ。


「返す気なんかメチャクチャあるよ。今すぐにでも返したい。資金があればね。あ、そうそう!もう一つ問題があるんだよ。返せない理由がさ。
ワタシはね・・・かつて信用保証協会っていう公的機関とは契約したよ。でもさ・・・保証協会債権回収株式会社なんていう民間の会社とは契約していないんだ。
だからそんな契約していない民間の会社から電話で請求があって、カネを支払うなんて・・・・そんな契約違反はワタシには出来ないよ!
だから、サービサーからもう一回保証協会に債権売却すれば?そうすればワタシも、2憶四千万円の資金が出来た時に安心して払えるよ。
ただ、10年の時効が完成しちゃえば、返したくても返せないなぁ・・・。どうすればいいと思う??」


その後、保証協会債権回収株式会社からは一切電話が来なくなった。数か月に一度、このお手紙が来るだけ。
紙切れが郵送されてくるだけ。 時効なんか完成しなくたっていいよね?
 数か月に一度紙切れが送られてくるだけなんだから。送料すら向こうの負担。こちらに金銭的デメリットは全くない。


日本は法治国家なんだよ。法律に誠実であれば、債権者の意向になんか沿わなくたっていいんだよ。
ワタシが法律に誠実なのは間違いないよ。今現在も何ら訴追を受けていない。何ら身柄を拘束されることもない。全くの自由。法律守っているからね。

ワタシが今日も明日も自由に投稿したり、相談受けたり、新潟帰ったり、子供と遊んだりしている・・・・これが事実。
民事と刑事は絶対的に違うんだからね。


こういう法律の守り方って・・・・こう言う事こそ弁護士さんや司法書士さんが教えるべきだと思うんだよね。
ワタシみたいな、元レンタルビデオ屋が話すより、弁護士や司法書士の先生がこう言う事話した方が、はるかに訴求力あるし、皆も信じやすい。

でも彼らはそれをやらない・・・・なぜか???
それは・・・経験がないから。知らないから。どうなるかは本当のところは知らないんだよね。カネに困った事が無いんだからさ。
でも彼らも可哀そう。解らない事を解らないと言えないからね。何でも知ってるスーパーマンでないといけない、という世の中の期待があるからね。そういう意味では可哀そう。
弁護士や司法書士は、借金のプロではない。債務整理や破産のプロである、という事。この違いに皆さんに気づいて頂きたいんだよね。


2億4千万円の督促状の文章。
「本書到着後一週間以内にお支払いください。」ってさ・・・・金額は書いていないよね。
じゃあとりあえず、1000円振り込んでみる事にしよう!(笑)

11935119_849851178494344_6669052320956621832_o

皆さんが債権回収側の立場だったらどっちから回収しやすい??
・すぐに謝る債務者
・正論振りかざす債務者

「債権回収側だったら、こういうヤツはいやだなぁ~」
って思う人間になればいいんじゃない??


皆さんはこんなことやる必要はないんだよ。ワタシは仕事上必要な知識を得るためにやっている事なんだから。

ワタシはMEP(My experience product)を作り出すことで、それを皆さんにドンドン発信していくよ。
ワタシは、自分の人生をかけて実験してるんだ。人生をかけて真剣にふざけていくんだよ。


バカもしばらく言われ続けると・・・・その内に言われるかも・・・・「天才バカボン」ってね(笑)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!



■たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ