こんにちは。たちばなです。
本日は日曜日。東京神田神保町の「仮の住まい」からのブログ発信です。

34258633_616168818717192_4423497151565266944_o

昨夕に、大阪から東京に戻りましてね・・・・少々残務が長引いた事もありまして、本日これから新潟に帰ります。
新潟に帰る前に・・・・洗濯物が溜まっておりまして、洗濯機を二回戦ほど(笑)
その間にブログを一本投稿しようかと。

一昨日の大阪セミナー。
聴講者は20名ほどでした。
毎回毎回・・・・良く集まって下さる。
知識欲旺盛な方々ばかりで大変うれしく思っています。

11

昨日は、その聴講者の一部の方々も踏まえ、6名の方々と梅田の新阪急ホテルで面談致しました。
大きい負債は、7億7千万円から、小さい負債の470万円まで。

さまざまなお悩みや、さまざまな人間関係のもつれなどをお伺いしました。
「case 643」で書いた内容に、「自分がいずれ死ぬ前提で事業や負債の柚須末を考えるべきだ」と言う旨の投稿をさせて頂いたんだけどさ・・・・まさにその状態に近い人と面談したんだ。

お父様が急に亡くなって、何にも解らないのにいきなり社長になって、専務や他の部長さん達と揉めている、って言う若き事業主の相談にも乗った。

「まさかまさか、自分が死ぬワケ無い!」ってみんな思っている知うけどさ、
ワタシは、みんなその見込みの甘さのしわ寄せがワタシの所にやってきては、ワタシはそれで商売をしているんだよ。


教習所で言われなかった??
「・・・だろう運転はダメだ。・・・かもしれない運転をしなさい。」って。

人生もまさにそれ。
まさか、自分は大丈夫だろう、じゃなくって、
自分はこうなるかもしれない、だから今から手を打っておこう、と言う発想が大事なんです。

毎日毎日、「まさか自分がこんな事になるとは・・・」って言う人とばかり会っています。
「人生のリスクヘッジ」を考えながら、ビジネスを展開頂きたいと願っています。

その為に、「知る」事が肝要なのです。


さて、本日もSNSに投稿した記事にお付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間をワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧になるのでしたら幸いです<(_ _)>

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月21日 You Tube.com より
【ひろゆき不在でも論破w賠償金5億シカトについて橋下徹が解説!】 から
https://www.youtube.com/watch?v=tD-xclELw2A&feature=share

【放送後ニュースになった話SP ひろゆき 損害賠償30億円踏み倒し】 から
https://www.facebook.com/100007273536239/videos/1907048816214218/?hc_location=ufi

たちばなです。
 
週末の朝・・・ゆったりした時間帯に15分ほどのお勉強タイム、いかがですか??
 
ワタシは、ひろゆき氏が良いとか悪いとか言わない。
しかし、彼ほど「法律通り」である事も間違いない。
「法律の抜け穴」を使っているワケではないからね
  
「道義」や「誠実」という論理を排除すれば、極めて論理的且つ合理的。
これが「民事」の限界なんですよ。
感情に任せて、いきり立って「裁判起こす!」なんて激昂する人間は非常に賢くない。
 
ひろゆき氏が悪いのではなく、法律が悪い。
ひろゆき氏が悪いのではなく、「知っている人間」とトラブった方が悪い。
現状はそういう法律の建付けになっているんだ。
 
 
①タクシーに乗って目的地へ到着。
「運転手さん、オレ、カネ無いです。」これは無賃乗車。
 法律違反で刑事罰。

②タクシーに乗って目的地へ到着。
「クレジットカードで。」と決済し、翌27日に引き落し不可。これは未払い。
契約違反で民事。

 
同じ支払いでも「タイムラグ」の有無によって民事と刑事の扱いが変わる。
民事と刑事の境界線は・・・・「タイムラグ」にある、とも言えるね。 
 
「融資」なんてものは究極の売掛金。タイムラグの最たるものじゃんか。
だから、「借りたカネが返せない事を取り締まる法律は無い」と言うのは当たり前。
 
それなのに・・・・弁護士は、二言目には「破産だ!」だの「ラクになろう!」だの言うんだよ(笑)
ラクになるのは当事者じゃなくって手数料をハネるお前らだろが!(笑)
国内に4万人以上いる弁護士さん、もっと娑婆をベンキョーせないかんよ。
安っぽいプライドなんか早く捨てなさい(笑)
 
 
平時の状態の人には、なかなか受け入れがたい内容だと思うけどね、
有事の状態の人には、なかなか良質な情報だと思うんだよ。
だから、ワタシの仕事が7年以上も続いているんだ。
 
昨日の大阪セミナーを踏まえ、
お陰様で、本日は梅田にて、6件の個別面談要請をお受けしています。
今日中に東京へは戻れそうだけど、新潟に帰るのは明日になりそうだ。
長女に、ランニングシューズを買ってやらなければいけないから。  

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月21日 Yahoo!ニュース ・ 時事通信社 より
【自衛官採用年齢引き上げへ=30歳上限、人材確保厳しく―防衛省】 から
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000063-jij-pol

たちばなです。
 
店員さんや、介護スタッフや、一般企業の社員ならいざ知らず……自衛官の確保の為に、「インバウンド」ってワケにいかないよな!?
 
一夫多妻制...
多夫一妻制
多夫多妻制って、本当に暴論なんだろうか!?
 
子どもを産めるのは女性だけだし、
男なんか、ただ気持ちいいだけ(笑)
子どもを産む肉体的負担を考えると、多夫一妻制は現実的でないかな?

産んだ事ないから解んないけど。
 

クローンは、あまりにも抵抗が強すぎるかな(-_-;)
ロボットだけで不足を補える!?
 
収入に応じて、配偶者を増やす事を義務付ける、「累進課性制度」とか(笑)
 
ワタシは政治家でないから気にせずに言うわ。
「ヤらなきゃガキは産まれない!」と言う事は間違いない。
 
産めない人の心情を踏まえ、
多子化の議論がツブされる環境は、ちょいとヒステリーに近くは無いのかな!?
 
喫緊の問題と思っているオレは変人なのか!?

 
オレは気が弱く、世論の批判が怖いから、政治屋にはなれないな(笑) 
せいぜい、自己破産させない屋がいいとこだ( ̄▽ ̄)
  
これから、年々厳しくなるんだよ。
頭にいれとかなきゃいけないね。
 
 
あ、ワタシはレーコちゃんだけでジューブンですけど( ̄▽ ̄;)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
防衛省は21日、主に高卒者を対象とする自衛官候補生などの採用年齢を引き上げる方向で調整に入った。

 現行18~26歳までの採用年齢について上限を30歳程度とすることを視野に検討する。少子化や景気回復を背景に優秀な人材の確保が厳しさを増していることを踏まえた措置で、陸海空各自衛隊との調整が付けば、2019年度から実施する。

 年齢引き上げは1990年4月に当時24歳だった上限を26歳にして以来、実現すれば約30年ぶり。採用年齢を定めた自衛隊法施行規則などを改正する。

 防衛省が17年度に採用した自衛官1万4090人のうち、自衛官候補生と一般曹候補生が全体の約9割を占める。ただ、近年、応募者数は減少傾向にある。

 特に自衛官候補生の採用数は12年度の9963人をピークに5年連続で減少しており、17年度は7513人にとどまった。同省関係者は「景気回復に伴い、優秀な人材は民間企業に流れている」と危機感を示す。

 今回、年齢引き上げを検討するのは、自衛官候補生と一般曹候補生の2職種。自衛官候補生は任期制で、教育期間を含め陸上自衛隊が2年、海上・航空自衛隊が3年。任期終了後に継続するか否か選択できる。一般曹候補生は終身雇用が原則で、部隊勤務などを経て、自衛隊の中核を担う人材となることが期待されている。

 同省は、高校などを卒業し、いったん民間企業や官公庁に就職した優秀な人材を獲得したい考えだ。担当者は年齢引き上げにより「自衛隊で再チャレンジができるよう門戸を広げたい」と語る。
 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!


■インターネットTV 「なにわTUBE ・ KAZUの頭見切れてる!」 に出演しました!
https://www.youtube.com/watch?v=lTOAQfwt5Vc&feature=share


■たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ

 問い合わせバナー

 ■たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」の登録はコチラ